「Twitter」をやろうかと思った

Wiredvisionの今日の記事『つぶやきは新しい思考の単位か:Twitterの未来』を読んで、やってみようかという気になった。先日もアップルストア心斎橋の「CSS Nite in KANSAI」で司会の鷹野さんが、ツイッターが大変なことになってますね・・・。情報収集ツールをRSSからTwitterに変える人が増えているそうですよ、なんて言っていた。でもな~、なんかよく分からないし、と思っていたら、上記の記事にこんなことが書いてあった。

『Twitter』は人気があるようだがそのポイントがよくわからない、と思う人は心配に思わなくてもいい。誰もがそうであるからだ。

背中を押された感じだな。