パトリシア・ハイスミス著『キャロル』

13087212_10209191235279087_4645125318629810129_o

ムチャ天気いい午後、パトリシア・ハイスミスの小説『キャロル』を読み出したら、予想以上におもろくてワインを飲みながらの読書で、非常に自堕落な気分を楽しんだ。と言ってもそんな贅沢な時間を長時間とれる訳でもなく、小説はほんのさわりだけ。30代の上流家庭の美しい人妻と、19才の若い娘の恋愛小説。二人の出会いから惹かれ合うプロセスにドキドキしながら読んでいる。

本書が原作のトッド・ヘインズ監督の映画『キャロル』は一部の若い女性たちの熱い支持を得ているそうだ。その情報のせいで、読み始めたのだがなるほどと思う。この監督の映画『ベルベット・ゴールドマイン』は数ヶ月前に監督のことは何も知らずに、ただデヴィット・ボウイがモデルというだけで見たんだ。男同士の濃厚なベットシーンがあったりと非常に魅力的な映画で、今後何度も見ることになりそう。

3日前に『キャロル』を撮った監督ということで『エデンより彼方に』を見た。50年代のアメリカ地方都市の上流家庭を舞台にした悲恋もので、かなり辛い映画だった。白人の黒人に対する差別がエキセントリックにならずに描かれていているところに、かえって差別のすごさが表現されている。内容が濃厚すぎて2度3度と見る気持ちになれない映画だ。

2日前には勢いで、ボブ・ディランをモデルにした『アイム・ノット・ゼア』も見た。ディラン役は何人もの俳優が演じるという非常に複雑な構成で1度見ただけではよく分からない映画だった。女優ケイト・ブランシェットのボブ・ディランがとても魅力的。こちらは何度か見るつもり。

というわけでぼくの中で、トッド・ヘインズ監督は一気に注目監督に急上昇中というわけ。映画は上映中らしいが、頻尿 (;_;) のせいでもう20年間近く映画館に行っていないのでDVD待ちだよ。ちなみに映画館で最後に見たのは宮崎駿監督の『もののけ姫』なんだ。

UC EAST 個展「Mube」

12828291_10208668314566396_7323185241914991637_o

昨夜は、unionとcaliflowerで遊んでいた。今日は、UC EAST 個展「Mube」へ行ってきた。会場の20年前に操業を終えた工場は西成区松田町にある。その場所へ強い磁力で引き寄せられるように向かった。50年前近く、ぼくはその松田町の安アパートに住んでいたことがある。用がなければ行く場所じゃない。事実、50年近く松田町に用があることはなく、行くことはなかった。今日は個展という用があって行った。思っていた以上にぼくの感情はたかぶった。途中、会場を抜け出して、思い出をたどるように雨の松田町を歩いた。写真は西成区と阿倍野区の境にある急峻な階段の上から撮った風景。上の段差の阿倍野区から下の西成区を見下ろす独特の風景が大阪市内にあることを知る人は地元民以外はほとんどいないだろう。

この急峻な階段の記憶はあったが、住んでいたアパートは見つからなかった。個展でのライブペイントは体の冷えが激しくて途中で出て、隣町の飛田を歩いて抜けて御堂筋線の動物園前駅から帰った。雨の飛田はピンク色の明かりがまぶしい異様に華やだ街だった。飛田を出るといきなり極貧地帯に入る。ジャズ喫茶マントヒヒがあったのは飛田を抜けて右へ行くとすぐのところだった。反対の左へ行くと、やはり住んだことのある山王町の安アパートがあった。

歩きながら、ぼくはヒッチハイクの路上に立ち続けているようだ、と感じた。いつまで立ち続けるんだろう。長い長いロードムービーの途中みたいだ。ロードムービーを見ていると、押しつぶされるような悲しみに襲われることがある。ぼくは、自作自演のロードムービーをやっているのかもしれない。若いアーティストの活動を追いかけて、ぼくのロードムービーは続いている。

グラムロックシーンの映画『ベルベット・ゴールドマイン』

70年代のグラムロックシーンを描いた映画『ベルベット・ゴールドマイン』がとても面白かった。amazonプライムビデオで鑑賞。70年、ぼくはフリージャズに没頭していた。パンクロックを聞くのは70年代の後半になってからだから、グラムロックの頃のロックシーンは全く知らない。ジャズを聞いていると、ロックは商業主義に堕落していると思い込み全く聞かなかった。ロックもジャズも聞いていればよかったのに、と今なら思うけど・・・。

美しい男たちが美しく化粧して、美しい衣装に身をつつんで、ときに愛し合う、というビジュアル的にも引き込まれる映画だが、それだけじゃない。グラムロックに身を焦がす悲しみに共感!

《『ベルベット・ゴールドマイン』鑑賞で役立つサイト》

  • 浮気なシネ漫歩 第74回:「ベルベット・ゴールドマイン」
    この映画は構成が複雑なので、グラムシーンを全く知らないぼくにはストーリーを追うのが難しかった。見た後で『浮気なシネ漫歩』サイトのこのページを読んで映画の内容がより理解できた。これを読んだ上てもう一度みたらもっと映画がもっとおもしろいと思う。

アン・リー監督『ブロークバック・マウンテン』(Brokeback Mountain)

ぼくはジョン・ウェインの出ている昔の西部劇が好きなんで、カウボーイの出てくる今の映画ってどんなかなーと軽い気持ちで見たんだ。そんな軽さを吹き飛ばすとんでもなく重い映画だった。1963年から20年間のアメリカ西部を舞台にマイノリティに厳しい現実を描いている。見た後に公開当時はとても評判になった映画らしいと分かったが、そんなことは何も知らないで見ていたからびっくりだった。大好きな映画、ウォン・カーウァイ監督の『ブエノスアイレス』と同じで、ムチャクチャにやるせない気持ちになった。今後何度から見るだろう。

あいつは俺の友達だった
あいつは道端で死んだ
いつも旅を続けていた
求めるものが得られずに
あいつは俺の友達だった
いつだって俺は金がなくて
いつも心が満たされなかった
でも あいつは俺の友達だった

と、映画の後のクレジットのバックに歌が流れた。身につまされる歌詞だったので一部を書き取った。主人公の青年は技術職カウボーイをやりがなら、生活に追われて仕事に人生のほとんどの時間を取られていた。そこんところがぼく自身とオーバーラップして身につまされた。
主演のヒース・レジャーとジェイク・ジレンホールが良かった。

 

ダダリズムを聞いて釜ヶ崎へ

ホテルが並ぶ環状線新今宮駅南側、通称釜ヶ崎
ホテルが並ぶ環状線新今宮駅南側、通称釜ヶ崎

2015/03/21、ンチチビルのダダリズムを聞いた。小さな空間に大勢のオーディエンス。一番前の椅子に座った。目の前に2台のドラムセット。音が渦を巻いて体に沁みこんできた。

ダダリズムの音が心の何かのスイッチを入れたらしい。歩きたかった。ンチチビルを出るとすぐJRの高架にぶつかり、そのガード下をくぐり抜けると釜ヶ崎だった。路上で男たちが寝てて、路上で黒猫たちが遊んでいる。一泊1400円の安ホテルの看板の明かりで、街路樹の白いモクレンの花が闇夜に浮かび上がる。孤独な街の白いモクレンは場違いな花嫁衣装のようで淋しすぎた。

街に漂う小便の匂いを嗅いで、強く昔を思った。40年以上も昔の20代前半、オレはこの街にいた。日雇いをやっていたので早朝に寄せ場に通った。路上に並ぶ飯屋で朝食を食い、人夫を集めるマイクロバスがぎっしりと並んだ、喧騒の中でその日の働き口を得た。夕方、街に帰り、飲み屋で、コップに注がれる焼酎を飲んだ。軒を連ねる飲み屋から笑い声や罵声と共に「ここは天国釜ヶ崎」の演歌が流れていた。今、あの喧騒はない。変わらないのは小便の匂いだ。

三角公園を目指したが、見つからない。迷ってしまったらしい。強い酒が飲みたかった。でも、のれんをくぐるのを気後れしている。今じゃオレはこの街の余所者だ。三角公園を探して歩き続けた。やっと見つけた夜の公園に佇んで、この街に引っ越してきた最初の日、公園の地べたに並べられた日用品の品々の中から電気炊飯器を買ったあの日を思い出した。会社勤めに嫌気がさして吹き溜まりに流れ込むようにしてこの街にやってきた。あの日、街の喧騒に救われていたが、今の釜ヶ崎は淋しいだけの街だった。

(Facebook より転載)

ンチチビルのダダリズム(2015/3/21)

20150321-IMG_8068

ダダリズムの演奏を聞きにンチチビルへ向かった。地下鉄大国町駅で下車。南海本線の高架を目指して歩いた。高架の向こうに見えるのは通天閣。

20150321-IMG_8070

南海本線の高架に沿って少し歩いてンチチビルを見つけた。

20150321-IMG_8072

これがンチチビル。ダダリズムの演奏は階段を上がった3階で行われている。

20150321

《ダダリズムサイト》

藤圭子『女のブルース』

http://youtu.be/sSYvZAgULus

今日、宇多田ヒカルさんはサイト(Hikki’s WEBSITE)に藤圭子の葬儀について書いている。葬儀はなく火葬のみという点について、母の遺言書に基づき、その意向にそうべく精一杯の弔いをしたとある。また藤圭子は身内や知人の葬儀に出席せず、自分のやり方でお祈りを捧げるポリシーの持ち主だとも書いてあった。

とても共感できる内容で、また一段と藤圭子が好きになった。ぼくも葬儀や告別式は好きでない。できることなら出席したくないけれど、全く出席しないのは難しい。でも、自分のときは病院あるいは今度の藤圭子のように警察から火葬場に直行して葬儀なしで焼かれたい。遺骨は散骨などで処分されて墓に入れられたくないと思っている。

今日は宇多田ヒカルさんのサイトを読んでから、藤圭子の初期の唄を何度も聞いた。「新宿の女」(69年9月)、「女のブルース」(70年2月)、「圭子の夢は夜ひらく」(70年4月)、「命預けます」(70年7月)のデビュー曲から4作目までを何度も聞いた。「女のブルース」の歌詞の良さに気づいた。「命預けます」の唄いっぷりに惚れた。69年から70年はぼくにとって特別な時で、彼女の唄が心に沁みていた。今彼女の唄を聞いていていると、いやでも当時のことが浮かんでくる。

当時ぼくは、安保闘争などの左翼運動が終焉して完全に行き場を失っていた。セクトに属さなないただの活動好きに過ぎなかったけど、運動の終焉はこたえた。カミさんとひっそりと文化住宅に住み、時々早朝に起き出して日雇仕事に出る以外は誰にも会わない(会えない)日々が続いていた。仕事を得るのは釜ヶ崎の寄せ場から港区の職安に変えていた。地下鉄に乗って大阪港駅で降りて職安に行った。仕事は大阪港がメインだけど、神戸や堺の方にも行った。遠くだとマイクロバスで運ばれる。大阪港だとすぐ近くの岸壁から小さな船に乗せられて港内に停泊している貨物船まで運ばれる。昼の弁当を渡されて屋根もない小型船に乗り込むが、冬だとまだ暗く粉雪が舞っていることもあった。そんなとき弁当の包みを抱きながら藤圭子の唄を口ずさんでいた。

71年か72年かはっきりしないけどジャズ喫茶「マントヒヒ」に通いだしてから人と話しをするようになった。それまではカミさんと二人だけの、ほとんど引きこもりの日々だった。藤圭子の唄を歌詞に注意して聞いていると、当時のぼく自身の心の内がすけて見えるようだ。

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 [DVD]スティーヴン・ウーリー監督「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」(2005年)を見た。ストーンズの映画じゃない。あくまでブライアンの最後の数ヶ月を追った映画。
ブライアンは「くまのプーさん」が好きで、作者のA.A.ミルンが住んでいた古い屋敷を買って住んでいた。その屋敷のプールで死んだという話しを昔、読んだときはとても衝撃を受けた。この映画ではミルンが、ブライアンが、住んでいた実際の屋敷ではないが、「くまのプーさん」がイメージされる似たような屋敷が使われている。
と言っても子どもと見ることはすすめられない。この屋敷ではドラッグとセックス漬けのシーンばかりだ。

実は初期ストーンズのライブシーンを期待していたが、最初のタイトルバックだけだった。そこでは「リトル・レッド・ルースター」をもちろん役者がやってるんだけど、かなりいい。ストーンズファンの中でもブライアン好きには必見の映画。ショッキングな内容です。
見終わってから初期のストーンズを聞き続けてる。

マイケル・ウィンターボトム/マット・ホワイトクロス監督『グアンタナモ、僕達が見た真実』(2006年)

マイケル・ウィンターボトム/マット・ホワイトクロス監督『グアンタナモ、僕達が見た真実』(2006年)を見た。ウィンターボトムのドキュメンタリータッチが冴える、すごい映画だ。

イギリスに住むパキスタン青年が故国パキスタンで結婚式をあげることになる。やはりイギリスに住むパキスタン人の友人たちが式への参列をかねて帰郷する。式を前に彼らは故国での休暇を楽しんでいるが、ふと立ち寄ったモスクで宗教指導者のアジ演説に触発されてアフガニスタンへの小旅行を思い立つ。軽い気持ちでアフガンへの国境を越えるが、もうそこは想像を絶する別世界で戻ることは絶望的な状況に陥る。

国境へはパキスタンから山岳地帯に入ってアフガンに至るが、風景が素晴らしい。イスラム圏の緊張で張りつめた空気がひしと伝わってくる。実際にアフガンにカメラが入っているのだろう。村々では例のブブカの女性たちが歩く。リドリー・スコット監督にもシリアやソマリアなど中東を舞台にした映画があるが、あれは北アフリカなど安全な地帯でのロケとかで、緊迫感がまるで違う。

青年たちはタリバン兵らと共に北部同盟の兵士たちに拘束されたらしい。そしてアメリカ軍に引き渡されて、キューバにあるアメリカ軍の捕虜収容所のあるグアンタナモへ。2年半を過ごして釈放されるが、そこでの捕虜への扱いのひどいことといったら、ニュースなどで少しは知っていたがとにかくすさまじい。

映画を見ながら、興奮のボルテージが上昇した。わたしたちはこの映画と無縁な世界にはいない。

長谷川和彦監督『太陽を盗んだ男』(1979年)を見た

太陽を盗んだ男 [DVD]中学の理科教師が東海村の原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、安アパートの自宅で原子爆弾を作り、政府を脅迫するという荒唐無稽なアクション大作。理科教師の沢田研二と刑事の菅原文太が熱演。最初はアクション映画というより喜劇かと笑いながら見ていた。しかし、見終わる頃には背筋が寒くなっていた。2011年の3.11以前に見たなら、反体制的気分を映像化したよくできた映画という印象で終わっていたと思う。今見ると、さらに強烈な印象がプラスされてしまった。