ロシア・アヴァンギャルド / 亀山郁夫著

ロシア・アヴァンギャルド (岩波新書)「青春のロシア・アヴァンギャルド」展を1ヶ月前に見に行ったが、その影響で本書を読んだ。今は、本書を読んでから展覧会に行くべきだったと後悔している。ロシア・アヴァンギャルドへの入門書としては少し難しかったが素晴らし内容だと思う。ロシア・アヴァンギャルド運動の軌跡をたどりつつ、時代背景と作家たちの内面の軌跡にも触れている。このことが本書に対して難しい印象を持つことになっているが、繰り返し読みたい衝動も持った。

ロシア・アヴァンギャルド運動はロシア革命と共に歩み,そして、スターリンの政策による社会主義リアリズムの台頭で終焉する。本書の主な内容は1917年のロシア革命からはじまり、すべての芸術団体の解散が命じられた1932年までの15年間となっている。しかし、事実上の終焉は1930年の詩人マヤコフスキーのピストル自殺(暗殺説もあり)であるという。

本書にはこのマヤコフスキーを始めとして非常に多くの芸術家が紹介されている。中でも、美術家のマレーヴィッチとフィローノフの記述が多い。ぼくは2004年に見に行った「幻のロシア絵本1920-30年代展」の印象が強く残っている。絵本のアヴァンギャルドな作風が社会主義リアリズムに変わることを悲劇としてとらえた展覧会だった。本書を読んで、悲劇は芸術運動に留まらず、芸術家個々人も被っていたことを知った。

ずっと以前から、ロシア・アヴァンギャルドを始め同時代のダダ運動などの作風に強く惹かれている。ロシア革命の激しい時代に若い芸術家たちは、それまでの象徴主義芸術に対する激烈な批判を展開し、アヴァンギャルド運動が高揚している。そんなことを本書から知って、なるほどと思った。

岩波書店(岩波新書450)、1996年6月発行

《このブログの関連記事》
ジェームス・フレーザー/ソビエトの絵本1920-1930 (2005.10.4)
「青春のロシア・アヴァンギャルド」展(2008.10.28)

絵描き小澄源太の初写真展『超日常 外と家(うち)』を見る

大阪本町のmillibar GALLERYの写真展に行ってきた。ギャラリーの壁面をたくさんの写真がうめている。一見、気軽なスナップ写真のように見える。家族やペットの写真が多いせいか、日常を気軽に撮ったようにしか見えない。しかし、小澄さんとお話をしながら、2面の壁を繰り返し眺めているうちに、写真が作り出すテンションを感じはじめていた。

壁の一方は家族やペット、絵描きの部屋など極めて日常的な風景。その壁と向き合うもう一方の壁は、仕事で行った街の風景となっている。それぞれが組写真のようであり、そして、「外」と名付けられた壁と「家(うち)」と名付けられた壁が緊張をはらんで相対している。

重要なことは、作者が両面とも超日常と言っていること。家が日常で、外が非日常というわけではない。両方が日常であることにアーティストの覚悟を見る思いがした。

ぼくは小澄源太さんのライブペインティングを2度見ている。細野ビルヂングのイベントで、そうはもうすごいスピード感のあるペインティングだった。そのスピードはイベントの時間的制約があってのことで、クラブイベントなどでは、もっとゆっくりと描いているのだろうと思い、尋ねた。驚く事にもっとスピードをアップしたいと言われた。そのとき、この写真展の空間の作り出すテンションの意味を少し分かったような気がした。

小澄源太オフィシャルサイト cosmo head anno
上記サイトの「News」ページに写真展のフライヤーと説明があります。

「青春のロシア・アヴァンギャルド」展

1321131917サントリーミュージアム[天保山]の「青春のロシア・アヴァンギャルド」へ行ってきた。大阪へ来る前の東京では「青春のロシア・アヴァンギャルド―シャガールからマレーヴィチまで」というタイトルだったことがネットで検索していて分かった。どうやら、シャガール、カンディンスキーなどが大阪には来ていないらしい。けど、カンディンスキーはちょっと残念だが、シャガールはいらないと大阪を見て思った。これはなんといってもマレーヴィッチとニコ・ピロスマニに焦点を当てた展覧会だった。
ロシア・アヴァンギャルドは1917年のロシア革命をはさんだ十数年のロシアの芸術運動を言うが,革命に遭遇した若いアーティスたちの血のたぎるような思いが具現化したまれなことだった。それまでの芸術というと貴族やブルジュアジーに媚を売るかのような芸術だった。しかし、20世紀初頭、ダダイズムなどと共にロシア・アヴァンギャルドのアーティストたちはアートをつかの間の楽しみとはしない、意識的なオーディエンスを相手にしたのだと思う。

その熱気が実物のマレーヴィッチに接して強く伝わってきた。アートとは本来、貴族やブルジュアジー、そして労働者大衆に媚を売るものだけでいいのだろうか。そうじゃないだろうというのが本展覧会「青春のロシア・アヴァンギャルド」だったと思う。しかし、ロシア・アヴァンギャルドは1932年に終わる。スターリン政権下で「社会主義リアリズム」のみが国家公認とされたからだ。出口直前の壁には、マレーヴィッチの1933年の自画像と妻の肖像のリアリズムな2作品が麗々しく架けられていた。心に重く響く作品だった。マレーヴィッチにすればしかたのない転換だった・・・。

ニコ・ピロスマニの作品が10点、ゆったりと壁に展示されていたのには感動した。数ヶ月前に出版されたばかりの画集でピロスマニを知ったばかりだった。ピロスマニはグルジアを舞台にした素朴な絵を描きつづけた。その放浪画家を見出したのはロシアの都会にすむロシア・アヴァンギャルドのアーティストたちだった。

一生をグルジアから出ることもなくのたれ死にした素人画家。土地を愛した素朴な画家と思われそうだが、実物の絵に接してぼくはそうは感じられなかった。昨今の民族主義的祖国愛とは無縁だったのじゃないかとぼくは感じた。ビロスマニの描く絵から、特に風景から寂寞とした孤独が痛い程伝わってきて、泣きたくなるような感情でぼく彼の絵の前も立ちつくした。ピロスマニはグルジアを愛していたわけじゃないだろう、金も教育もなければ、土地にへばりつくしかないじゃないか。と思って目頭が熱くなった。

Catch as catch can 西光祐輔写真展

1308871055

近所のAD & A galleryの写真展を見て来た。
http://www.adanda.jp/event/081024.html

白い壁面をおおうたくさんの写真は都市の日常や裸体、樹木、星空なんか。全く人気のないギャラリーに一人でたたずむと、写真から放射してくる磁派をキャッチして頭の中に別の空間が作られるようだった。一枚一枚を見ると、どうということのない写真なんだけど、それらが集合して作り出す効果がおもしろく、そこに居座ってちょっといい時間を味わった。

《追記》
写真展から一日経った。あの空間が思い出されて何とも落ち着かない。あれは写真展というよりも環境音楽みたいなものじゃなかったかと思い始めている。会場にはモダンな環境音楽風なサウンドが静かに流れて、それも効果的だった。
サウンドが次々と消えるように、この写真展も瞬間を生きているようなものだと思う。一枚一枚の見慣れた都市風景などは記憶に留まりようがない。ギャラリーの滞在時間に生じた心の揺れだけがかろうじて記憶に残り、それも急激にうすれるだろう。これがとてもいいことだと思う。

Koich Nishimura個展「39tomoe」のオープニングパーティ

1253398900天王寺区生玉町のart gallery cafe SOHOが会場。nishimuraさんとは、4ヵ月前の細野ビルヂング66展が初対面。66展用の作品をビルの地下室で制作していた。細野ビルではボイラー室への入り口ドアが作品。制作したドアにペインティングをいているところだった。古いビルの地下室ということもあって制作現場には迫力があった。その作品が今回の個展に展示されている。ギャラリーの明るくてシンプルな空間に展示されると、同じ作品でもすっかりと存在感を変えているのに驚く。どちらがいいということじゃなくて・・・。

会場に展示された作品は最近発表されたものを集めているらしい。同時に十代からの過去の作品ファイルを見せてもらいながら、表現行為はアーティストの足跡なんだと、当たり前のことにいたく感心した。nishimuraさんは鰻谷燦粋の来月のクラブイベント『Session』でライブペインティンをする。過去の作品を見たことで、クラブでのプレイの期待がメチャ大きくなった。

今夜のパーティではその『Session』をオーガナイズし、DJプレイもしていたkawaseさんから、クラブカルチャーについての熱い話を聞いた。ほとんど生徒だ(笑)。クラブ歴の浅いぼくには、たぶん話していることの3割ぐらいしか理解できていないと思う。ハウスについてもいろいろ聞いたが、正直ぼくはテクノとの区別も明確でないレベルで、ハウスを理解するのはまだ先のこと。とても貴重で充実した時間だった。二人のアーティストに感謝!

10 YEARS AFTER / 長坂芳樹 写真集

ちょっとのつもりが読み出したら止められなくて、本書巻末の「カレラノユクエ」という著者の記述を全部読んでしまった。2005年春、著者は10年後の撮影のためにニューヨークに向かう。10年前の4年半、ニューヨークで暮らし、写真を撮っていた。そのときに撮影したアーティストの10年後を撮りにニューヨークへ行ったのだ。

写真集には、10年前の10人の若いアーティスたちのモノクロの写真で始まる。続いて、10年後のカラー写真、そして「カレラノユクエ」と題された長坂芳樹氏の文章によって構成されている。その「カレラノユクエ」を読みながら、10年前の、10年後の写真を見ていたら止められなくて、最後まで読み、見てしまった。そこにはニューヨークのアーティストが生き生きと描写されている。

写真は撮られた瞬間から過去になる。音楽はサウンドが放たれた瞬間に消えている。ぼくたちは画集や写真集、CDで音楽を聞くなど、すべてが過去でしかないことを濃密に感じさせてくれるのがこの写真集だと思う。

「アーティストとは職業に与えられた名称ではなく、アーティストなる生き方を選択した人たちのことだ」と本書のまえがきで桐羊三氏(UPフィールド主宰)が書いている。

アーティストって、とても甘美に響く。ぼくはアーティストを夢見たこともあったけど、実現しなかった。生活に追われながら、アート鑑賞、映画鑑賞、音楽鑑賞などに少なからずのお金と多くの時間を使うばかりでアーティスにはなれなかった。だから、アーティストという言葉はいつまでも甘い響きを持っている。

小学校に行くよりも、ずっと前に母はぼくにクレヨンを与えてくれた。ぼくは広い和室の白無地の気品あるふすま何枚をもキャンバスにしてクレヨンを使った。祖父と父の怒りは激しく、いまだにぼくはその記憶にうずく時がある。小学校に入るとほどなくして絵のコンクールでぼくの絵は金賞となり、大きな小学校の大きな玄関に貼られた。金賞と書かれた金色の紙片の輝きを今でも覚えている。しかし、大家族の生家の人々は、ぼくが運動会の競争でビリから2番目だったことは、何かにつけて長く話題にしたのに、絵のことが話題になることはなかった。おそらく没落した商家の人々にとってアートは金儲けにとってじゃまなものだったに違いない。

真夜中、この写真集を眺め、読んでいると不思議な時間感覚に襲われた。
著者のサイトにはこの写真集の10年前にあたる一部分が掲載されている。また、本書に収録されなかった写真もそこにある。

春日出版、2008年4月発行

ニコ・ピロスマニ 1862-1918 / グルジアのプリミティブな画家

ニコ・ピロスマニ―1862-1918初めて目にする画家の絵だが、表紙を見ただけでとても気にかかった。ニコ・ピロスマニは55才で亡くなっているが、生きた時代は日露戦争と第一次世界大戦の頃の人だ。黒海とカスピ海に挟まれた小さな国、グルジアを出ることがなかったらしい。しかも絵を描いていたのは首都トリビアの街を放浪しながらだという。伴侶を持つこともなく、孤独のうちに亡くなっている。絵は独学だということで、素人っぽいが素朴な画風に引きつけられてしまう。

本書には、ピロスマニ論や紹介がたくさん掲載されている。絵本作家のスズキコージ氏は1976年の「今日のプリミティヴ展」の中でビロスマニの3点の絵を見たと書いている。ミュージシャンのあがた森魚氏は1980年代中頃の西武百貨店の展覧会でビロスマニ知ったという。

ピロスマニの経歴を読むと、1973年に没したヴィヴィアン・ガールズの物語のヘンリー・ダーガーを思わずにはいられない。ピロスマニもまた50歳のときに、ペテルブルクからやってきた前衛芸術家やロシア未来派の詩人たちによって見出されている。あがた森魚氏がこのダーガーや稲垣足穂との関連のうえに「表現」のあり方に言及していて興味深い。なお、本書は展覧会でのカタログ等を除いてはニコ・ピロスマニの日本初の画集だと編集者のあとがきにあった。

ニコ・ピロスマニ 1862-1918
著者 ニコ・ピロスマニ
編集 木村帆乃
発行 文遊社、2008年3月

《追記 2008.10.28》
10月25日にモスクワ市近代美術館所蔵の「青春のロシア・アヴァンギャルド展」に行ってきた。会場はサントリーミュージアム[天保山]。ここにニコ・ピロスマニの10点の絵が専用のスペースに展示されていた。
・タンバリンを持つグルジア女性
・宴にようこそ!(居酒屋のための看板)
・ソザシヴィリの肖像
・小熊をつれた母白熊
・雌鹿
・イースターエッグを持つ女性
・コサックのレスラー、イヴォン・ボドゥーブニー
・祝宴
・ひよこを連れた雌鶏と雄鶏
・ロバにまたがる町の人
※特に「ひよこを連れた雌鶏と雄鶏」の風景から強い孤独を感じ、こころうたれた。

デレク・ジャーマンの庭/derek jarman’s garde

Derek Jarman's Garden
先日、絵本「The Garden」を読んでいたら、デレク・ジャーマンのgardenが無性に気になった。この本は美しい庭の写真で埋められてる。その庭には植物だけではなくて、廃材のようなものも多数、オブジェの趣で配置されています。そんな物の意味などが、多分文章の中で語られているかもしれないが、ぼくの英語力では読むことがかないません。

mixi のデレクジャーマンコミュニティに参加してますが、そこでは実際にその庭を訪れ、デレク・ジャーマンご自身と会われたという人のメッセージがありました。それによると、廃材のような木片は近所の海岸から拾ってきたものということです。ぼくは絵本の庭で感じた重層する時間と言うものを、ここで、デレク・ジャーマンの庭作りにも感じるのでした。

細野ビルヂングの山塚アイ(Handshake 2)

033 044

(旧ブログから転載)
細野ビルでのSmash West 主催のイベント、Handshake2。ライブパフォーマンスとDJそして、アート展があった。パフォーマンスは山塚アイとEvil Moistureの二人。山塚は用意してきたパソコンを操作していたと思ったら、いきなりパフォーマンスを始めた。エレクトリックなノイズサウンドの中で両手に光球を持ったパフォーマンスだ。動きのスピードかサウンドに反応してか分からないが光球の光度が変化する。ぼくは70-80年代には様々なパフォーマンスを見てきたが、これほど緊張に満ちたものは初めてだ。なお、ぼくはこの高名なアーティスをこの日まで知らなかった。レトロな細野ビルディングに出入りしていると多彩なアートに接することができる。会場でCDを2枚買う。パフォーマンスともども強い衝撃を受けた。
(2005.3.5記)

 

細野ビルヂングの Handshake 2

055 03

(旧ブログから転載)
右は Evil Moisture の地下室の作品展。壁の作品はハガキ大のコラージュ。写真の左方向へびっしりと続いている。ほんと、圧倒される。下のオモチャのようなものも作品だ。ノート型コンピューターの形をしたものは、ボタンを押すとノイズ音が出てくる・・・おもしろいオモチャ。左は Evil Moisture のパフォーマンスシーン。DJのようなライブ・・・よく分からないが、エレクトリックなノイズサウンドに酔った。終わってからCDを買った。サインをしてくれた。
2005.3.5記