写植の思い出

100910

最近、このブログの読者の方から、写植書体についての問合せがあった。また、グラフィックデザイナーとフォントについて話をすることもある。そんなことで「写植」について書いておこうと思った。ほんとうは何年も前から「写植」についてのサイトを作りたい気持ちを持っているが、まだまだ実現しそうにない。このブログで、まだ覚えている「写植」についてを記録しておこうと思った。

写真は今でも保存している書体見本帳。左から、写研の『写植NOW[1]』、写研の書体見本帳、モリサワの書体見本帳、リョウビの書体見本帳。わたしは写研の写植機、書体を使っていたので、写研の見本帳だけでよさそうなものだが、印刷物の書体名を判断するために、他社の見本帳を必要とした。

左端の『写植NOW[1]』は他の見本帳とちょっと違う。編集デザインに杉浦康平氏の名前が載っている。コピーライトは1972年なので、表紙の1982は改訂版の年だと思う。非常に美しいレイアウトの見本帳だ。表紙の書き込みは、グラフィクデザイナーに文字の仮想ボディについての説明をしたときの痕跡だ。

写研の見本帳に “bilbo” のシールが貼ってあるが、これはわたしの1977年に開設した写植事務所の屋号だった。写研見本帳は得意先のグラフィックデザイナーに渡していた。原則、一人に一冊渡していたのでけっこうな冊数を写研から取り寄せていた。新書体が増えて改訂版が出るたびに配布していた。

“bilbo” シールだが、MacPlusとドットプリンターで作ったもの。MacPlusを購入したのは1987年だった。このころはまだ写植の仕事が減っていなかった。だから当時の高価なMacが買えたのだが、1990年頃のバブル崩壊から徐々に不景気になり、仕事が減っていった。その上、グラフィックデザイナー自身がMacを使って仕事をするようになり、写植屋に仕事が回ってこなくなった。1997年、大量の書体と写植機を廃品業者にお金を払って処分してもらい、写植事務所を閉めた。

フォント「Alte Haas Grotesk」

alte

デザイン誌のタイポグラフィ特集(『デザインノート No.25 (2009)』誠文堂新光社)を見ていたら、羽良多平吉氏のタイポグラフィがとても気になった。その中のひとつ、2008年の作品にフォントの注釈があった。

「Alte Haas Grotesk」というフォントで、古い感じがとてもいい。注釈には「Helvetica」の原型といわれる「Neue Haas Grotesk」の魅力を合わせもっている、と説明されている。

で、「Alte Haas Grotesk」を検索していたら、
30 high-quality free fonts for great designs
という素敵なサイトに辿り着いた。

そこを知ったのは、このページ
エレガントで高品質なフリーフォント | Nutspress
このサイト「Nutspress:WebディレクションとWeb制作のためのネタ集め」も素敵だ。

中島祥文著『考えるデザイン・24のデザイン発想』

考えるデザイン 中島祥文・24のデザイン発想美術出版社、2009年5月発行

中島祥文氏のアートディレクターとしての仕事を紹介する本。広告制作にあたって、企業や商品に向き合う氏の姿勢から得るものが大きい。ウールマークの仕事が多く、アパレル、洋酒、百貨店、自動車などの新聞広告などのグラフィックデザインやCM、ブランディングデザインなどが、大判のページに作品が掲載されている。この種の書籍としては掲載サイズが大きく、広告を考える参考にしやすい。

巻頭に西村嘉禮氏の「アートディレクションの跳躍」がある。その中で中島氏の言葉を引用している。

『ADC大学:アートディレクションの可能性』の中で中島はこう述べている。「アートディレクターの役割は、社会環境や企業などが抱える問題を分析し、本質とは何だろうと問いかけ、解決への道をコンセプトとして指し示すことから始まっている。その解決への道にはビジュアルによる思考がベースにある。」

以下で西村氏は「ビジュアルによる思考」とは何かと問いかけているが、本書を読むことが「ビジュアルによる思考」に近づく一歩なのだと思う。

巻末には「受け継がれるデザイン」と題して、葛西薫氏と中島英樹氏が対談を行っている。ここでは、グラフィックデザインの文字についての言及が多い。中島氏は、モリサワのA1書体を写植でべた組みしてもらって、中島祥文さんの広告に重ね合わせたりして、スペーシングのテクニックやタイポグラフィの構造を勉強したと語っている。本書の作品の明朝体のほとんどはA1だ。

現在では、Macの中でA1書体を使うことができる。やはり葛西氏が語っている。「A1を使って、同じように組んでみたんですね。でも、やっぱり写植とフォントじゃ違う。”同じ” にはならない。

なるほどと思うがぼくにはよく分かる気がする。ぼくは写植のオペレータを長いことやっていた。Macが登場して写植業は消滅するのだが、その時に廃業するまで、写植機とたくさんの文字盤を所有していた。

ぼくの場合は、写研書体を多く揃えていることが売りで、多くのグラフィックデザイナーの支持を得ていた。日経新聞や朝日新聞に掲載される仕事をやっているグラフィックデザイナーからの仕事の依頼も多く、彼らとのやりとりのなかで、ぼく自身もグラフィクデザインを学んで行った。

当時のグラフィック広告では、写研の石井書体である「中明朝体OKL(オールドスタイル)」と「太明朝体OKL」が全盛だった。これを今の感覚では、つめ過ぎに感じるほど、ギチギチに組むというのが流行だった。写植オペーレータに差がでるのは、スペーシングをどこまで配慮して組んでいるかだった。

タイトルなどは、グラフィックデザイナーが一文字ずつカッターナイフをいれて、スペーシングを調整していたものだ。その上で、中島祥文氏の文字組を改めて眺めると、本当に美しい。今ではIllustratorなどを使えば、スペーシングを限りなく試行錯誤できる。でも、本書の作品のように組めるデザイナーはちょっといないと思う。葛西氏が語るように、写植とフォントは何かが違うのかもしれない。

《参考サイト》
□モリサワ A1明朝
http://www.morisawa.co.jp/font/fontlist/details/fontfamily006.html

TYPE DINGBAT - 世界の絵フォントコレクション2

typeDingbat-2

2009年9月 ビー・エヌ・エヌ新社発行

世界の絵フォントを集めたサンプルブックのシリーズ2冊目。1冊目は徹底的に絵フォントにこだわって収集された書籍だったが、こちらはアルファベットが多い。といっても非常にインパクトの強いものばかりで、1冊目と並べても、シリーズとしての違和感はない。

これはフォント名、Diopticalだが、大文字の「AB」だ。よく見ているとパターンの中に文字が浮かんでくる。

TYPE DINGBAT - 世界の絵フォントコレクション

typeDingbat-2

2008年12月 ビー・エヌ・エヌ新社発行

140書体の絵フォントを集めたサンプルブック。SunAndFriendsなら分かるが、Fenotype dingsなんかは、いままでのフォントの考え方とは違う。フォント機能を利用したイラスト集な感じかな。こんな世界のフォントを収集した書籍だ。

1フォントを見開き単位で紹介してるが、けっこう斬新なデザインで、これを見ているだけども楽しい。

ネヴィル・ブロディ (ggg Books―世界のグラフィックデザイン88)

ネヴィル・ブロディ (ggg Books?世界のグラフィックデザイン)
ネヴィル・ブロディ
DNPアートコミュニケーションズ
売り上げランキング: 303455

ネヴィル・ブロディ編集・デザイン(ギンザ・グラフィック・ギャラリー、2009年1月発行)

小型の作品集で、1981年から2008年までの約60点が1ページに1点づつ掲載されている。ネヴィル・ブロディの作品集は、これまで『THE GRAPHIC LANGUAGE OF NEVILLE BRODY』(1988年)と『THE GRAPHIC LANGUAGE OF NEVILLE BRODY 2』(1994年)の2冊を見ている。過去のこれらの作品集で見たものがたくさん収録されているが、2000年代の作品はずいぶんと作風が変わっていて興味をひかれた。

しかしなによりも、巻頭のエイドリアン・ショーネシーの「ネヴェル・ブロディ一-モダン・イデオローグ」を興味深く読んだ。わずか2ページの短いものだ。以下に少しだけ引用。

コマーシャルカルチャーに喜んで隷属するデザイナーが多いなか、ブロディは青春時代の過激な政治的信念を捨てていない。
ブロディの感性は、マーガレット・サッチャーが首相の座に着いたあとの反権威主義的な時代の空気のなかで形成された。

過激な政治的信念が何を指すのか、本書では説明がないので分からない。サッチャー首相が誕生するのは1979年。パンクロックの象徴的なグループのセックス・ピストルズは1978年に解散しているが、79年から80年代初期は、パンクロックとそれに続くニューウェイブが加熱していた。ブロディの青春はそんな時代だったんだ。

『THE GRAPHIC LANGUAGE OF NEVILLE BRODY』(1988年)には、レコードジャケットやビデオパッケージのデザインがたくさん掲載されている。そのなかでも、THROBBING GRISTLE や CABARET VOLTAIRE などはぼくも当時聞いていた。とてもアヴァンギャルドなロックだった。THE VELVET UNDERGROUND の本のカヴァーデザインもある。これらの作品から「青春時代の過激な政治的信念」というものがおぼろげに想像できる。

デザイン基本帳-本当に必要なプロのルール / グラフィックデザインの基礎知識習得の本

デザイン基本帳 本当に必要なプロのルール黒須信宏 著(エムディエヌコーポレーション、2009年1月発行)

グラフィック・デザイン力を身につける基礎知識のつまった本。小型の170ページほどなので、必要なことだけがスマートにまとめられている。図版が多く、文章量は少ないので、ざっと通読するのに時間はかからない。後は、確認する際に必要箇所を参照するという使い方に適していると思う。

デザインに関する知識なので、ウェブ制作のデザイナーにも、印刷物制作のデザイナーにも共通する内容だ。しかし、使用ソフトウエアの例として “InDesign” が多い。印刷物を制作しているデザイナー向けといった方がよいかもしれない。

ぼくはウェブ制作の前はDTP制作のオペレーターをやっていた。その時の編集ソフトは、QuarkXPress がメインだった。QuarkXPressは1992年に購入して10年ぐらい使っていた。仕事をDTPからウェブへ移したので、InDeign に触れる機会はなかった。本書で InDesign の文字組に関する説明を読んでいたら、昔のことを思い出してしまった。

というのも、デザイン現場にMacが登場する前のことだけど、写植オペレータを長いことやっていた。写植の単位は「級」もしくは「歯」という。どちらも同じなんだけど、初期の写植機には大きな歯車がオペレータの目の前にあり、その歯車を操作することで、トラッキングやカーニング、文字詰めなんかをしていた。歯車の刻みの1歯が0.25ミリ。1歯=1級=0.25ミリというわけだ。

文字の大きさはレンズによって決まる。12級とか24級の文字というわけ。略して12Qとか24Qという具合だ。歯はトラッキングやカーニングの時に使っていた。1歯詰めとか1歯アキとかだね。歯は H と略していた。12Qのベタ組だと、一文字を12Hのピッチで印字することになる。

InDesignで日本語を組む場合は「級」である、という説明がある。そーだよな。4級=1ミリだからとてもレイアウトしやすい。今のQuarkXPressはどーなっているか知らないけど、ぼくのやっていたときはポイントだったから、ミリでは割り切れない。つまらないことで神経を使っていた。

文字は語る-デザインの前に耳を傾けるべきこと

文字は語る?デザインの前に耳を傾けるべきこと (DTPWORLD ARCHIVES)本書の主な内容は、「文字」の使い手からと作り手からの執筆で、それぞれ9編からなる。そのほかに文字に関するコラムとエッセイ、そしえ小宮山博史氏のこの本の中では長めの論評が2編からなる。これらは、月刊DTPWORLD の「文字」に関する記事を中心に再編集した本だ。150ページほどの余白も多い本なので、素早く読めるが、それぞれの執筆者の文字への想いが伝わってくる。

本書に登場した市販書体サイトを調べたので書いておく。これらのサイトの書体ページ眺め、使う側のグラフィク・デザイナーや作る側のタイプデザイナーの執筆を読むと、文字に対して、より含蓄が深くなる。
タカオカデザインワークス/丸明オールド
エイワン/ZENオールド明朝
大日本印/秀英体
モリサワ
イワタ/イワタUDフォント
字游工房/游ゴシック

小宮山博史氏の「書体の選択に必要なこと」から得るものがあった。それは本文用明朝体の「良い書体」の条件を論じたものだ。その中で、「錯視」について書かれていた。漢字を構成するラインの場合、垂直に見える縦線も実際はどちらかに傾いているという。傾くことで垂直に見える。この傾ける度合いを「錯視の調整」と言っているが、これは先人たちが長い経験によって獲得し、伝承してきた技法だという。

写植からデジタルフォントに切り替わるときに、伝承が一時的に途絶えたのか、 錯視の調整を施していない書体が多くあったようだと記している。あの頃はよく知っている。ぼくは錯視の調整までは目が行かなかったが、組版もかなりひどいものだった。

その頃ぼくは写植業を個人でやっていたが、Macを手に入れて版下の仕事でも使い始めていた。フォントの種類が少なくて、写植で印字したものを “Illustrator” でトレースしていた。ぼくはタイポデザインの専門教育を受けたことはないで、そのトレースを通じて、タイポデザインの奥深さを感じたものだった。垂直だと思っていた縦線が傾いていたり、左右対称だと見ていたハネの部分がそうではなかったりと、新しい発見ばかりだった。そんなことが20年ばかり経った今、小宮山博史氏の執筆で裏付けられた。

欧文書体 2―定番書体と演出法 / 小林章 著

欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)美術出版社、2008年9月発行

著者の『欧文書体―その背景と使い方』(2005年)に続く欧文書体の解説書。「第1章 フォント演出入門」と「第2章 定番書体徹底解剖」からなる。

第1章は定番書体からクセの強い書体まで幅広くとりあげて使われ方の実際を解説している。こんなの使えるかなーとか、使うのが難しと敬遠していた書体がある。そんな書体が本書ではたくさん紹介されている。写真も豊富で、なるほど、こういうシーンで使うのかと分かる。

第2章は、Helvetica、Adobe Garamond、Palatino、Zapfino、Univers、OCR-BとFrutiger、Galliard、Big CaslonとGeorgia、Snell RoundhandとShelley Script、ITC Bodoni の基本書体。そして、新しい書体の Shuriken Boy、Bello が制作者へのインタビューを交えて解説されている。ここを読んでいると、書体に対する親しみがふくらんでいくようだ。

ぼくは20代の中頃に写植の技術者になるが、書体が好きというわけではなかった。食べていくための技術を身につけるというのが理由だった。仕事を続けて行く過程で、欧文書体のタイトルなどで、スペーシングやカーニングが難しいと感じたあたりから書体への興味が大きくなった。

書体の選択やスペーシング、カーニングのセンスを養うために、海外の雑誌を恒常的に眺めていた。そんなときに本書があったら、どんなに助かっただろう。書体好きにはたまらない本だ。

欧文書体―その背景と使い方

欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)小林章 著(美術出版社、2005年7月発行)

本書には続編『欧文書体2』があって、そのまえがきには、
「私の一冊目の本『欧文書体 その背景と使い方』は、学生さんや若いデザイナーの方々向けの入門書として書きました。欧文組版の基礎的な組版ルールなども紹介したところ、意外と中堅クラスやベテランのデザイナーにも評判がよかったようです。」

と書いてある。その一冊目の本書のあとがきにはこのようにも書いている。
「『タイポグラフィ』は学者のためのものではなく、『タイポグラフィ』などという言葉さえ聞いたことのないお年寄りや子供たちも含めたいろんな読者のものだと思っているからです。」

一冊目のあとがきと二冊目のまえがきを読み比べると、生活の中のタイポグラフィを意図して書いたものの、デザイナー向けの本という位置づけに変わったように見える。たしかに、本書はどう見ても、デザイナーのための本だと思う。ぼくなども、何年経っても欧文を使う場合は気を使うので、本書は手放せない。

しかし、著者の最初の意図はとても大事なことだとぼくは感じている。パソコンの普及で、タイポグラフィという言葉を知らない人がタイポグラフィを操る環境が整ってしまった。日本人が欧文書体を扱うと、無知からささいな間違いを犯す場合が多い。それが、下町の町工場の看板だったら、ほほえましいナ~だが、おしゃれな街のおしゃれな催しのディスプレイだったら、非常にまずいことになる。制作した本人は気づかなくても、多分、少なからずの人が気づき、そして誰も指摘はしない。

スペーシングなど、デザイン感覚にかかわることもあるが、それ以前の欧文組版の約束事を知るのは難しいことではない。本書にはそんな知識が非常に分かりやすく書いてある。著者の最初の意図通りにデザイナー以外の多くの人が手にする本になってほしいと思う。