ジョン・コルトレーン / Coltrane

Coltraneジョン・コルトレーンの初めてのリーダー・アルバム。今までは気にしたことがなかったが、初リーダーということを意識して聞くと、コルトレーンの気迫が伝わってくる。ぼくが初めてコルトレーンを意識したのは『Live At The Village Vanguard』(1961年録音)を聞いたときだった。それまでは、ハードバップというかモダンジャズを聞いていた。しかし、『Live At The Village Vanguard』はモダンジャズの概念を大きく踏み外して聞こえた。ほんとうにびっくりしつつも、それ以来、急速にフリー・ジャズを聞くようになっていった。1965年頃、十代後半のことだった。

だから、ジョン・コルトレーンは最も好きなジャズ・ミュージシャンの一人だけど、60年代のインパルス盤意外はほとんど知らなかった。特に、50年代後半のプレスティッジ版は何枚も出てるけど、いろんなセッションの寄せ集めだったりで聞かずにいた。最近は録音日をきっちりと把握して聞いているが、プレスティッジ時代も興味深い。

この初めてのリーダー・アルバムだけど、最初のナンバー〈Bakai〉のちょっと不思議な雰囲気が気になる。原田和典『コルトレーンを聴け!』(ロコモーションパブリッシング発行)によると〈Bakai〉はキャル・マッシーの曲だが、「エメット・ティル殺害事件」に寄せたナンバーだそうだ。それは、1955年、黒人少年がリンチを受けて殺された事件。「エメット・ティル殺害事件」で検索すると詳しいことが分かる。

ぼくはこの最初のナンバーの由来を最近知ったばかりだが、ぼくがリアルタイムにコルトレーンを聞いてきたとき、彼のサウンドは1967年の死まで、常に当時の差別撤廃運動と重なっていた。コルトレーンの発言を聞いたり読んだりとかはなかったが、サウンドが当時のアメリカの公民権運動とダブっていた。そのことが、この〈Bakai〉で確かめられたような気持ちになった。

ほかのナンバーでは〈Straight Street〉と〈Chronic Blues〉のコルトレーンのオリジナルがいい。前者はきっちりと作り込まれたナンバー。後者のブルースはちょっと気楽で、何度も聞いている。

John Coltrane / Coltrane
PRESTIGE 7105

1. Bakai
2. Violets For Your Furs
3. Time Was
John Coltrane, ts
Johnnie Splawn, tp
Sahib Shihab, ba
Red Garland, p
Paul Chambers, b
Albert Heath, ds

4. Straight Street
5. While My Lady Sleeps
6. Chronic Blues
John Coltrane, ts
Johnnie Splawn, tp
Sahib Shihab, ba
Mal Waldron, p
Paul Chambers, b
Albert Heath, ds

1957.05.31録音

ジョン・コルトレーン / Stardust

スターダストカタログを見ていたら、このアルバムにフレディ・ハバードの名前があった。1958年12月の録音の〈Then I’ll Be Tired of You〉でほんの少しだけどソロをとっている。たどたどしいプレイなんだけど、妙に感じるところがあってその部分だけを繰り返し聞いた。彼の初リーダーアルバム『Open Sesame』(Blue Note 4040)は2年後の1960年だ。

フレディ・ハバードは20歳の1958年にニューヨークに出てきたというから、その年にコルトレーンと演奏しているんだ。もっとも、この頃のジョン・コルトレーンもまだそれほど有名ではなかった。このアルバムは有名になったころの1963年にリリースされたらしい。

ここには1958年の7月と12月の2回のセッションから2曲づつが選ばれている。4曲ともスローテンポで非常に長い。聞いていてだれるほど長い。レッド・ガーランドも彼特有の軽快さが感じられない。コルトレーンを除いては全体に鈍重な印象を持つアルバムだ。

なかでもいいのが〈Love Thy Neighbor〉。この出だしから始まるコルトレーンの長いプレイがいい。むせぶ泣くような〈Stardust〉、けだるい〈Then I’ll Be Tired of You〉のトレーンもいい。

John Coltrane / Stardust
PRESTIGE 7268

Wilbur Harden, fluegelhorn
John Coltrane, tenor sax
Red Garland, piano
Paul Chambers, bass
Jimmy Cobb, drums
1958年7月11日録音

Freddie Hubbard, trumpet
John Coltrane, tenor sax
Red Garland, piano
Paul Chambers, bass
Jimmy Cobb, drums
1958年12月26日録音

ホレス・パーラン / Movin’ & Groovin’

ムーヴィン・アンド・グルーヴィンホレス・パーラン初のリーダー・アルバム。このアルバムのレコーディング前日には、ルー・ドナルドソンの『Sunny Side Up』(Blue Note 4036)が録音されている。その時のリズムセクションのメンバーがそのまま、この『Movin’ & Groovin’』のピアノトリオのメンバーだ。
ホレス・パーランの傑作『Us Three』(Blue Note 4037)はわずか2ヶ月後の録音だ。その『Us Three』にくれべると本作はインパクトに欠ける。同じピアノトリオだが、ベースがジョージ・タッカーに変わっている。

このアルバムはどちらかといえば、C Jam Blues、On Green Dolphin Street、Up In Cynthia’s Room(本アルバム唯一のパーランのオリジナル)、Lady Bird とつづく最初の4曲が好き。夜中に聞くことが多い。後半は、Bags’ Groove、Stella By Starlight、There Is No Greater Love、It Could Happen To You と前半同様に有名スタンダード・ナンバーが入っている。有名なBags’ Groove、Stella By Starlight だが、もうひとつピンとこない。ぼくにはこの渋さが分かってないだけかも。

Horace Parlan, Movin’ & Groovin’
Horace Parlan, piano
Som Jones, bass
Al Harewood, drums
1960.2.29録音
Blue Note 4028

ケニー・バレル / Blue Lights Vol.2

ブルー・ライツ Vol.2なんたって1曲目の〈Rock Salt〉がいい。ブルージーなミディアムテンポ。抑制されたテンポのなかに全員のテンションの高まりが垣間見える。ルイ・スミス、ジュニア・クック、ケニー・バレル、ティナ・ブルックス、ボビー・ティモンズ、サム・ジョーンズと続くソロは圧巻。とくにティナ・ブルックスとボビー・ティモンズはこのブルースにぴったりと、はまってる感じがとてもいい。Vol.1と2を通してこのナンバーが一番いい。

次の〈The Man I Love〉のスタートがすごい。アート・ブレーキーのドラムからはじまり、すぐにサム・ジョーンズのベースがテーマメロディを奏でる。そのまま二人のプレイがしばらく続くが、ここがムチャいい。そして、ケニー・バレルとルイ・スミスが参加してきて、スミスのソロ。続いてディーク・ジョーダン。このジョーダンがいい。当たり前だけど、ボビー・ティモンズと全く違う。この二人のピアニストを楽しめるのがこのアルバムの特徴。

3局目の〈Chuckin’〉は特徴のないプレイだし、次の〈Phinupi〉は軽快にスイングするアップテンポなナンバーなんだけど、どこか平凡。このアルバムは〈Rock Salt〉と〈The Man I Love〉につきる。

Blue Lights Kenny Burrell Vol.2

1. Rock Salt
3. Chuckin’
Louis Smith, trumpet
Junior Cook, tenor sax
Tina Brooks, tenor sax
Kenny Burrell, guitar
Bobby Timmons, piano
Sam Jones, bass
Art Blakey, drums

2. The Man I Love
Louis Smith, trumpet
Kenny Burrell, guitar
Duke Jordan, piano
Sam Jones, bass
Art Blakey, drums

4. Phinupi
Louis Smith, trumpet
Junior Cook, tenor sax
Kenny Burrell, guitar
Duke Jordan, piano
Sam Jones, bass
Art Blakey, drums

1958年5月14日録音
Blue Note 1597

《このブログのケニー・バレルの関連記事》
□ケニー・バレル / Blue Lights Vol.1(1958.5.14 Blue Note 1596)

ケニー・バレル / Blue Lights Vol.1

ブルー・ライツ Vol.1ジャケットデザインが素晴らしい、アンディ・ウォーホルだ。ティナ・ブルックス / True Blueを聞いてから、彼の音を追っている。しかし、このアルバムのティナ・ブルックスは平凡な感じで物足りない。

最初からブルースが2曲続く。〈Yes Baby〉はスローで、〈Scotch Blues〉はミディアムテンポ。3人のホーン奏者の中では、トランペットのルイ・スミスがいい。二人のテナー奏者のプレイにめりはりがない。デューク・ジョーダンのピアノが美しい。もちろんブルージーなギタープレイのケニー・バレルが一番いい。

〈Autumn In New York〉はホーン奏者が抜けたカルテットだが、ソロをとるのはケニー・バレルだけ。しっとりとブルージーでやるせないサウンドがいい。

最後の〈Caravan〉がこのアルバムの中で一番。聞き飽きているテーマなんで、最初はうんざり。でも、プレーヤーそれぞれがテンションの高い素晴らしいプレイだ。テーマに続いてルイ・スミスが美しくて激しい。ティナ・ブルックスもがんばる。でもジュニア・クックのプレイはちょっと聞きもの。それからケニー・バレル。つづくピアノのボビー・ティモンズはエキサイティングなプレイ。最後はアート・ブレーキの豪快なドラミング。なかなかいい〈Caravan〉だ。

ルイ・スミスはブルー・ノートの1500番台に2枚のリーダー・アルバムを残している。ティナ・ブルックスは4000番台にやはり2枚のリーダー・アルバム。ジュニア・クックはホレス・シルバーの4000番台のアルムバのメンバー。ボビー・ティモンズはこの直後のアート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズの『Moanin’』のメンバー。ぼくはこのピアニストが好き。興味あるメンバーの揃ったアルバムだ。

Blue Lights Kenny Burrell Vol.1

1. Yes Baby
2. Scotch Blues
Louis Smith, trumpet
Junior Cook, tenor sax
Tina Brooks, tenor sax
Kenny Burrell, guitar
Duke Jordan, piano
Sam Jones, bass
Art Blakey, drums

3. Autumn In New York
Kenny Burrell, guitar
Bobby Timmons, piano
Sam Jones, bass
Art Blakey, drums

4. Caravan
Louis Smith, trumpet
Junior Cook, tenor sax
Tina Brooks, tenor sax
Kenny Burrell, guitar
Bobby Timmons, piano
Sam Jones, bass
Art Blakey, drums

1958年5月14日録音
Blue Note 1596

《このブログのケニー・バレルの関連記事》
□ケニー・バレル / Blue Lights Vol.2(1958.5.14 Blue Note 1597)

ケニー・ドリュー / The Kenny Drew Trio

The Kenny Drew Trioアルバム・ジャケットが印象的なケニー・ドリューのピアノトリオ・アルバム。30年ほど前はピアノ・トリオのプレイが好きで、よく聞いていたけど飽きては聞くを何度か繰り返していた。先日、ケニー・ドリューのリーダー・アルバム『Undercurrent』を聞いたら、この『The Kenny Drew Trio』が思い出されて、聞きたくなった。『Undercurrent』を聞いたあとでは、このアルバムがすごくよく聞こえたから不思議なものだ。

最初の〈Caravan〉は、最初に聞いたときのインパクトは強いけど繰り替し聞くとすぐに飽きる。なんたって、ぼくはケニー・ドリュー作のブルース〈Blues For Nica〉が好き。ケニーのオリジナルはもう1曲、〈Weird-O〉だが、こちらは軽快によくスイングするナンバー。これもいい。セロニアス・モンクの曲〈Ruby, My Dear〉は内省的なプレイ。これら3曲を繰り返し聞いている。

『Undercurrent』はクインテットだが、ティナ・ブルックスの『Back To The Tracks』もクインテット。ジョン・コルトレーンの『Blue Train』はセクステット。これらのアルバムのケニー・ドリューのソロパートもすごくいい。

ピアノトリオでは1953年のレコーディングで2枚出ている。53年4月がブルーノート、6月がヴァーブだ。どちらもカーリー・ラッセル(b)、アート・ブレーキー(ds)とのトリオ。これらはビバップの頃、いつか聞いてみたい。特にヴァーブ盤のジャケットがケニーの写真だけど、これすごくいい。

Kenny Drew / The Kenny Drew Trio
Freddie Hubbard, trumpet
Paul Chambers, bass
Philly Joe Jones, drums
1956年9月20、26日録音
Riverside 224

《このブログのケニー・ドリューの関連記事》
□ティナ・ブルックス / Back To The Tracks(1960.9.1 Blue Note 4052)
□ケニー・ドリュー / Undercurrent(1960.12.11 Blue Note 4059)

ケニー・ドリュー / Undercurrent

Undercurrentブルーノートではレコーディングの少ないケニー・ドリューのリーダーアルバム。ティナ・ブルックスの『Back To The Tracks』を聞いてたら、参加しているピアニストのケニー・ドリューがよかった。それで、この『Undercurrent』を聞くことになったが、すごい。フロントがフレディ・ハバードとハンク・モブレーというのもいい。洗練されたピアノと二人の若いホーン奏者の組み合わせがとてもよく、そこからテンションの高い上質のハードバップが聞こえてくる。

フレディ・ハバードとハンク・モブレーはフレディのリーダー・アルバム『Goin’ Up』で競演し、その1ヶ月後の録音がこの『Undercurrent』だ。ここでの二人のフロントのプレイもすばらしいが、特にフレディ・ハバードがすごい。もちろん、ケニー・ドリューのソロがほんとうに素晴らしい。

アップテンポの〈Undercurrent〉から始まり、次のミディアムテンポの〈Funk-Cosity〉、そして5曲目のブルース〈Groovin’ The Blues〉が特に好き。全曲がケニー・ドリューのナンバー。ケニー・ドリューはブルーノートの吹き込みが少ないが、初のリーダー・アルバムはブルーノート。ぼくは聞いていないが10インチ時代の1953年録音だ。この『Undercurrent』はそれ以来のブルーノート2枚目のリーダー・アルバム。

Kenny Drew / Undercurrent
Freddie Hubbard, trumpet
Hank Mobley, tenor sax
Kenny Drew, piano
Sam Jones, bass
Louis Hayes, drums
1960年12月11日録音
Blue Note 4059

《このブログのケニー・ドリューの関連記事》
□ケニー・ドリュー / The Kenny Drew Trio(1956.9.20 Riverside 224)
□ティナ・ブルックス / Back To The Tracks(1960.9.1 Blue Note 4052)

フレディ・ハバード / Goin’ Up

Goin' Up若いトランぺッター、フレディ・ハバードの『Goin’ Up』は最初のリーダーアルバム『Open Sesame』から5ヵ月後の録音。同じ編成のクインテットだが、メンバーはがらりと変わる。ブルーノートの実力者が揃う。フレディ・ハバードとテナーサックスのハンク・モブレーがフロント。ベースにポール・チェンバース、ドラムがフィリー・ジョー・ジョーンズ。ピアノのマッコイ・タイナーだけが、ブルーノートの付き合いが浅い。前作の『Open Sesame』にも参加していたが、こっちの方がずっといい。マッコイ・タイナーは、ジョン・コルトレーンのグループに参加したばかりの頃だ。

この『Goin’ Up』が60年11月6日、同月13日は、ハンク・モブレーのリーダーアルバム『Roll Call』、12月11日はケニー・ドリューの『Undercurrent』とレコーディングが続く。この3回ともハンク・モブレーとの2管フロントだ。

『Open Sesame』の時は、すぐ後にティナ・ブルックスの『True Blue』でティナ・ブルックスとの2管だった。ブルージーで憂いのあるサウンドがたまらなかった。しかし、ティナのジャズには先が見えなかったのかもしれない。

『Goin’ Up』はティナ・ブルックスとの演奏の前のアルバムと全く違う。前へ向いて突き進む、若くてアグレッシブなジャズがフレディ・ハバードとハンク・モブレーから聞こえてくる。2曲目〈The Changing Scene〉と4曲目の〈A Peck A Sec〉がハンク・モブレーのオリジナル。この2曲がいい。二人の呼吸がぴったりと合っている。最後のナンバーはハバードのオリジナルだが、前の2曲程に二人が合っていない。一曲入っているスロー・バラード〈I Wished I Knew〉もいい

Freddie Hubbard, trumpet
Hank Mobley, tenor sax
McCoy Tyner, piano
Paul Chambers, bass
Philly Joe Jones, drums
1960年11月6日録音
Blue Note 4056

《このブロブのフレディ・ハバード関連記事》
□フレディ・ハバード / Open Sesame 1960.6.19録音 Blue Note 4040
□ティナ・ブルックス / True Blue 1960.6.25録音 Blue Note 4041

フレディ・ハバード / Open Sesame

Open Sesameブルーノートのアルフレッド・ライオンは「最初はエリック・ドルフィーに教えられた」と発言している(小川隆夫著『ブルーノート・ジャズ』)。フレディ・ハバードのことだ。ドルフィーというところにとても興味をもった。そのフレディ・ハバードの初のリーダー・アルバムが『Open Sesame』。ハバード22歳。アルバムにはセンチメンタルなフレーズが詰まっている。これはテナーのティナ・ブルックスによるものかも。〈Open Sesame〉と〈Gypsy Blue〉はブルックスのナンバー。ハバードのナンバーは〈Hub’s Nub〉の一曲だけ。

このレコーディングの6日後にティナ・ブルックスがリーダーの『True Blue』が録音されている。その『True Blue』の方がよほどブルックス独特のブルージーで憂いのあるサウンドとなっているが、この2枚を聞き比べるのはおもしろい。両方ともブルックスとハバードの2管フロントだ。この2枚を聞く限り、二人はとてもよく合っていると思う。

しかし、二人がコンビのアルバムはこの2枚だけかも。フレディ・ハバードはこの後、続々とリーダー・アルバムをリリース。しかし、ティナ・ブルックスはジャズ・シーンから消えていく。ブルックスとハバードのコンビの創り出すサウンドにそそられるものの、ジャズシーンの変革に乗れないサウンドだったとも思う。

Freddie Hubbard, trumpet
Tina Brooks, tenor sax
McCoy Tyner, piano
Sam Jones, bass
Clifford Jarvis, drums
1960年9月19日録音
Blue Note 4040

《このブロブのフレディ・ハバード関連記事》
□ティナ・ブルックス / True Blue 1960.6.25録音 Blue Note 4041
□フレディ・ハバード / Goin’ Up 1960.11.6録音 Blue Note 4056

ティナ・ブルックス / Back To The Tracks

バック・トゥ・ザ・トラックス明るく軽快な1曲目の〈Back To The Tracks〉だが、ティナ・ブルックスの『True Blue』を聞いた後では、この明るさが意外。アルバムを通して軽い。だから聞きやすいのかも。でもやっぱりいいのは『True Blue』の方だよな。フレディ・ハバードと絶妙に合っていた。この『Back To The Tracks』のトランペットはブルー・ミチェル。ハバードに比べたら軽い、明るい。

ジャッキー・マクリーンがクレジットされているけど、2曲目の〈Sreet Singer〉でちょっとだけソロをとる。後の曲には出ていない。だから、このアルバムは実質、ブルー・ミチェルとディナ・ブルックスがフロントのクインテットだ。

録音日のこの日、ジャッキー・マクリーンのリーダー・アルバムも録られている。メンバーは同じだ。そちらは完全なセクステットだ。そして、ハードバップ。『Back To The Tracks』はハードバップを通して、ファンキーなプレイが、ブルースフィーリングいっぱいのサウンドが聞こえてくる。これがティナ・ブルックスだ。しかし、同じ日の録音でもジャッキー・マクリーンの『Jackie’s Bag』(Blue Note 4051)の方のテンションが高い。

好きなナンバーは3曲目のブルース〈The Blues And I〉。ティナのブルースはたまらない。ケニー・ドリューのピアノもムチャいい(この録音の3ヶ月後のケニーのリーダー・アルバム『Undercurrent』が素晴らしい)。ティナの曲は以上の3曲。4曲目の〈For Heavens Sake〉はバラード。そして〈The Ruby And The Peaarl〉。聞くのはティナ・ブルックスのオリジナルの3曲ばかり。

Tina Brooks, Back To The Tracks
Blue Mitchell, trumpet
Jackie McLean, alto sax
Tina Brooks, tenor sax
Kenny Drew, piano
Paul Chambers, bass
Art Taylor, drums
1960年9月1日録音
Blue Note 4052

《このブログの Tina Brooks 関連記事》
□ケニー・バレル / Blue Lights Vol.1(1958.5.14 Blue Note 1596)
□ケニー・バレル / Blue Lights Vol.2(1958.5.14 Blue Note 1597)
□フレディ・ハバード / Open Sesame(1960.6.19 Blue Note 4040)
□ティナ・ブルックス / True Blue(1960.6.25 Blue Note 4041)