マイルス・デイビス / Dig

Digジャズのハードバップを確認するとき、ぼくはこのアルバムにいつも戻ってくる。マイルスが、ロリンズが、アート・ブレーキーが、そして若いジャッキー・マクリーンがハードバップのビートでぼくの身体を震わせてくれる。アップテンポの〈Dig〉と〈Denial〉、スローな〈Bluing〉、そしてミディアムテンポの〈Out Of The Blue〉。これらマイルスのナンバーから発信しているのはハードバップのビートだ。ハードバップはここから始まる。

『ドラッグ・カルチャー』(マーティン・トーゴフ著、清流出版)を読んでいたら、『Dig』を聞きたくなった。この本はかなりヤバイ。1945年から2000年までのアメリカ文化にドラッグが与えた影響を考察する内容だ。断っておくが、ドラッグを礼賛するものではない。逆にその恐さが分かる内容になっている。

本書の中ではチャーリー・パーカーが圧倒的な存在感だ。そのパーカーを慕う若いジャッキー・マクリーンがジャンキーになっていくさまが描写されている。『Dig』はマクリーンの初レコーディングだが、この日が興味深い。この頃はすっかりジャンキーだったマクリーンだが、この日はヘロインが手に入らず薬切れのパニック状態でスタジオ入りしたとある。おまけにパーカー本人がセッションの見学に来ているのを見てすっかりうろたえた、というから同情するしかない。

気分が悪いままにスタジオ入りしたが、そのときにはロリンズをはじめ、メンバーはみんなハイなっていた。それが彼には辛かった。ここんところを読んで、アルバム『Dig』の1曲目の〈Dig〉でテーマが終わって始まるロリンズのソロを聞くと、思わず嬉しくなってしまう。

Miles Davis / Dig
Miles Davis, trumpet
Jackie McLean, alto sax
Sonny Rollins, tenor sax
Walter Bishop Jr., piano
Tommy Potter, bass
Art Blakey, drums
1951年10月5日録音
PRESTIGE

ティナ・ブルックス / True Blue

True Blueフレディ・ハバードとティナ・ブルックスの組合せがとてもいい。二人に続いてソロをとるデューク・ジョーダンのピアノもいい。デュークは40年代にチャーリー・パーカーのバンドに参加している。そのときのアルバムを何度も聞いている。このアルバムでもそのメロディアスなプレイが、若いハードバップのピアノプレイヤーとはあきらかに違う。

アップテンポの2曲目〈Up Tight’s Creek〉と5曲目の〈Miss Hazel〉は聞き慣れた50年代のハードバップ。これもいいが、このアルバムの特長は、1曲目の〈Good Old Soul〉、3、4曲目の〈Theme Fou Doris〉、〈Miss Hazel〉にあるのだろう。ブルックス独特の憂いのある音色、フレーズがたまらなくいい。〈Good Old Soul〉のちょっとかすれたサウンドが郷愁を誘う。

アイラ・ギトラーのライナーノーツによると、少し前のビバップやハードバップをプレイする若い黒人プレイヤーはビッグバンドで経験を積んだ。ところがティナ・ブルックスの時代になるとそのようなビッグバンドは姿を消した。彼らは、リズム&ブルース・バンドで演奏体験を積む。

そうなんだ、それで60年頃になるとハードバップの中にファンクが入ってきているんだ。60年頃はフリー・ジャズも含めて、ハードバップがさまざまなカタチに変化していくおもしろい時代なんだ。こんな時代に出会ったフレディ・ハバードとティナ・ブルックスは、このアルバムの6日前、フレディの初リーダーアルバム『Open Sesame』(Blue Note 4040)でも一緒に演っている。ティナは1974年、42才で亡くなる。若くして死んだせいかどうか知らないが、リーダー作もサイドマンとしてのアルバムも非常に少ない。フレディは08年12月29日に亡くなったばかり、享年70。

Tina Brooks, True Blue
Freddie Hubbard, trumpet
Tina Brooks, tenor sax
Duke Jordan, piano
Sam Jones, bass
Art Taylor, drums
1960年6月25日録音
Blue Note 4041

《このブログのティナ・ブルックス関連記事》
□ケニー・バレル / Blue Lights Vol.1(1958.5.14 Blue Note 1596)
□ケニー・バレル / Blue Lights Vol.2(1958.5.14 Blue Note 1597)
□フレディ・ハバード / Open Sesame(1960.6.19録音 Blue Note 4040)
□ティナ・ブルックス / Back To The Tracks(1960.9.1録音 Blue Note 4052)

ホレス・パーラン / Speakin’ My Piece

スピーキン・マイ・ピースホレス・パーランのブルージーで個性的なピアノにはまっている。本作は『Us Three』(Blue Note 4037)のピアノ・トリオのメンバーにトミー・タレンタイン(tp)とスタンリー(ts)が入ったカルテット。『Us Three』の中の〈Wadin’〉が、本作ではカルテットで演奏される。〈Wadin’〉はとても好きな曲でピアノトリオ版も良かったが、カルテットもいい。

パーランの曲はこの〈Wadin’〉のほかに〈Up In Cynthia’s Room〉と〈Speakin’ My Piece〉があって計3曲。3曲とも軽快でメロディックだが、やっぱり〈Wadin’〉がいい。ほかでは、トミーの曲〈Rastus〉でのパーランが好き。

このアルバムの中では異質なナンバーが、Leon Mitchellの〈Oh So Blue〉。とても黒いブルース・ナンバー、最初からスタンリーの長いテナーソロが続くが、これがたまらなくいい。歩きながら、つい口ずさむフレーズを持った〈Wadin’〉と反対に泣きたくなるような夜に聞く曲。

Horace Parlan Quintet, Speakin’ My Piece
Tommy Turrentine, trumpet
Stanley Turrentine, tenor sax
Horace Parlan, piano
George Tucker, bass
Al Harewood, drums
1960.7.14録音
Blue Note 4043

《このブログのホレス・パーラン関連記事》
□ホレス・パーラン / Us Three(1960.4.20, Blue Note 4037)
□ホレス・パーラン / Headin’ South(1960.12.6, Blue Note 4062)

ドナルド・バード / Black Byrd

Black Byrd先週はファンクのクラブイベントに行って、たっぷりとファンク・サウンドを浴びてきた。イギリスからやってきたDJや大阪のファンク・バンドのライブがあった。全く聞くことのなかったファンクだけど、けっこう新鮮な感じを受けた。そのせいで、この数日はドナルド・バードの『Black Byrd』を聞いている。iTunesにはファンクは入っていないので、一番近いのが『Black Byrd』かな。

ぼくは十代からジャズを聞いてるけど、ハードバップからフリージャズに片寄っていた。そんなんで、R&Bやファンク、またはソウルジャズだのファンキーなどはほとんど分からない。最近は、ホレス・シルバーの60年前後のアルバムからファンキーを何となく感じはじめたところだ。

ドナルド・バードは好きでサイドマンとしての50年代のハードバップのプレイをけっこう聞いている。そして、60年前後のリーダーアルバム。これらと72年の『Black Byrd』は大きく違う。60年代に入って、ハードバップは様々なジャズの形に分かれていく。ハードバップを極めようとすると、教養主義に陥ってジャズから生気が失われるかも・・・。ジャズが生気を保つ選択肢のひとつが『Black Byrd』だったのか。72年当時、ぼくはまだ、フリージャズにどっぷりと浸かっていた。その頃に『Black Byrd』を聞いても分からなかったろうが、今は分かる。

ホレス・パーラン / Us Three

アス・スリー昨日はよい天気だったけど、一日中部屋に閉じこもって仕事をしていた。今日は朝から雨で、やはり仕事。ホレス・パーランの「Us Three」を何度も流してた。深夜になって雨がやんでるんで、ウォーキングに出発。歩いていると〈Wadin’〉のフレーズがガンガンと頭の中で響いてた。

「Us Three」のアルバム・ジャケットはタイポグラフィのデザインがすばらしい。演奏もすばらしい。パーラン自身のナンバー〈Us Three〉と〈Wadin’〉が特にいい。〈Us Three〉はぼくが聞いたピアノトリオの演奏のなかでも、最も印象的なナンバーだと思う。3人のテンションが最高に盛上がったサウンドはすごくヤバイ。ライナーノーツによると、ゴスペルをヒントにした曲だという。〈Wadin’〉はブルース。

バラードの〈I Want To Be Loved〉もかなりいけてる。音量を落として真夜中に聞くのに最適。他の曲もみんないい。但し、〈Us Three〉のテンションが飛び抜けているので、ぼくはこの曲を外して流す事が多い。〈Us Three〉を聞くときはこれだけを何度も繰り返してイキまくる。

Horace Parlan, Us Three
Horace Parlan, piano
George Tucker, bass
Al Harewood, drums
1960.4.20録音
Blue Note 4037

《このブログのホレス・パーラン関連記事》
□ホレス・パーラン / Speakin’ My Piece(1960.7.14, Blue Note 4043)
□ホレス・パーラン / Headin’ South(1960.12.6, Blue Note 4062)

ホレス・パーラン / Headin’ South

ヘディン・サウスこの数日、ホレス・パーランのアルバム「Headin’ South」にはまっている。起床して最初に聞くことが多い。仕事中でも聞いているけど単なるBGM的でないジャズだ。かなりクセのあるピアニストだと思う。50年代後期のハードバップをよく聞いているけど、そうするとソニー・クラークやウイントン・ケリーがサイドマンのアルバムを聞くことが当然多くなる。嫌いじゃないけど、ボビー・ティモンズの入っているのなんか聞くと、あ、こっちの方が好みかなと思っていた。でもティモンズのプレイはテンションがたかいので再々聞いているわけにもいかない。

その点、パーランは個性的といっても渋いところがあるのでわりと気軽に聞ける。このアルバムに収録されている〈Congalegre〉はJazzanovaの「Blue Note Trip – LOOKIN’BACK」に入っているが、ちょっと軽くて何度か聞いているとあきてしまう。他の曲はそれほどでもない。

パーランの曲は〈Headin’ South〉と〈Low Down〉の2曲だが、前者の方がいい。後者はちょっと他に例がない感じ。スタンダードの〈Summertime〉もちょっと変わってておもしろい。アーマッド・ジャマルの曲〈Jim Loves Sue〉は明るくてチャーミング、好きな演奏。ほかのが少し暗いからかな。

Horace Parlan, Headin’ South
Horace Parlan, piano
George Tucker, bass
Al Harewood, drums
Ray Barretto, conga
1960.12.6録音
Blue Note 4062

《このブログのホレス・パーラン関連記事》
□ホレス・パーラン / Us Three(1960.4.20, Blue Note 4037)
□ホレス・パーラン / Speakin’ My Piece(1960.7.14, Blue Note 4043)

阿部薫 1971 CD#1 アカシアの雨がやむとき

阿部薫は黙って立ち上がると、バスクラのケースを取ってきて楽器を組立てた。そして、何も言わずに演奏を始めた。ほどなく、西田佐知子の有名な「アカシアの雨のやむとき」のメロディが流れて、ぼくは誰彼となく顔を見合わせた。そして、阿倍のフリーインプロヴィゼーションが延々と続いた。これが初めて聞く、阿部の「アカシアの雨のやむとき」だった。

本アルバムの1曲目「アカシアの雨がやむとき」を聞くと、目の前でプレイするその夜のバスクラの輝きまでが目に浮かんで来る。1970年頃だと思うが確かなことは分からない。大阪天王寺だが日本最大の貧困層の街「釜ヶ崎」と目と鼻の先のジャズ喫茶「マントヒヒ」のライブの終わった深夜のことだ。狭い「マントヒヒ」とはいえ、店には入りきれない客が京都をはじめ関西一円から押し掛けた。ライブが終わってその喧噪も去り、深夜を回って残っていた常連客も大方帰り、すっかり静かになった店内の、わずかに残った数人の前で阿部は突然に演奏を始めたのだった。

先日は風邪気味の中、ジョルジョ・バタイユの小説『空の青み』に読みふけった。主人公のアンリは女をとっかえ引っ替え大戦前夜の1930年代半ばのヨーロッパを彷徨するデカダンスな資産家だ。ロンドンから始まってパリ、ウィーン、一旦パリに戻り、スペイン市民戦争直前のバルセロナへ、そしてカタロニアの寒村に逃れ、今度はドイツ、モーゼル地方へ。そしてフランクフルト駅のホームで女を見送り始めて一人になって終わる。

マントヒヒでの阿倍のライブは何回も行われ、開演前、ぼくは何度か阿部の相手をして近くの居酒屋で焼酎を飲んだ。どーでもいいような会話ばかりだったが、阿部がセリーヌとバタイユの名前を口にしたことを覚えている。

『空の青み』も中頃まで読み進むと、この退廃的なストーリーの影に泣きたくなるような「孤独」を見つけるや、突然に阿部薫の顔が浮かんできた。阿部はこの小説の孤独に共感していたに違いないと、絶対的な確信に導かれるようにぼくは小説を読み進めた、涙が出そうになった。

そして阿部薫のCDに耳を傾けたわけ。本CDは1971年10月31日東北大学教室でのライブ。ドラムの佐藤康和とのディオ。全てが71年ライブの小野好恵プロディースによる3枚のうちの1枚目。ぼくはさんざん阿倍のライブを聞いてきたので、CDはほとんの聞くことはない。でも、今回ばかりはいままでになく阿倍薫のサウンドが心地よかった。一口に言って、延々と続く阿部のフリーインプロヴィゼーションはアイデンティティーの表現だと思っている。エリック・ドルフィーやジョン・コルトレーン、アルバート・アイラーに惹かれるのも同じ理由だ。

これらのミュージシャンのプレイをもう十数年も避けてきたようだ。この夏から始めたクラブ通いが阿部薫を引き入れたのかもしれない。70年頃、マントヒヒに押し掛けたクラウドで満員になった店内は、今のクラブとよく似ている。70年代も年が経つにつれて、音楽理論の専門教育を受けたミュージシャンが現代音楽の影響下にフリージャズをエリート意識の強い音楽にしてしまった。そして、ぼくはフリージャズを聞くことを止めた。それは、阿部薫が29才で亡くなった78年頃のことだ。

Sabu / Palo Congo(サブー / パロ・コンゴ)、Blue Note(1561番)なのにキューバ・ミュージック

Blue Note 1500番台のなかでこのアルバムの存在は知っていたけど、ジャズじゃないので無視していた。2ヵ月ほど前にライ・クーダーの『ビエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』を聞いてから、キューバ・ミュージックに興味を持ったけれど、何を聞いていいのか分からないままになっていた。そしたらいきなり、Blue Note に『Sabu / Palo Congo』があるのを思い出した。

聞いたら、すごいキューバ・ミュージックで驚いてしまった。『ビエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』は官能的な美しさに圧倒されたけど、こちらの方は、魂の奥から響いて来るようで、商業化されてないような、そのピュアなサウンドに圧倒された。アルバム・タイトルが『パロ・コンゴ』だし、サブーというゴンガ奏者のリーダーアルバムだからコンガが中心かと思っていた。ホレス・シルヴァーの『Horace Silver Trio And Art Blaky-Sabu』(Blue Note 1520)ですでに、サブーのコンガは聞いている。聞いているが、サブーのリーダーアルバムを聞きたくなるようなものでなかった。

しかし、このアルバムでほんとうにすごいのは、アルセニオ・ロドリゲスのギタープレイなんだ。正確にはトレスという楽器らしいけど、このアルバムでは〈Rhapsodia Del Maravilloso〉が素晴らしい。今日は繰り返し、イヤになるほど聞いていた。このサウンドを聞くことは、音楽の魂という観点からビバップやハードバップを理解するうえで欠かせないと思った。ハードバップが絶頂期に達しようとする1957年に、ジャズ専門レーベルのブルーノートがこのアルバムをレコーディングしたのは、意味があることに違いない。

Blue Note Trip Jazzanova – LOOKIN’BACK/MOVIN’ON、iTunes Store からアルバム購入

Blue Note Trip Jazzanova: Lookin' Back/Movin' OnBlue Note Trip シリーズは現在、5アルバムがリリースされている。『Blue Note Trip Jazzanova – LOOKIN’BACK/MOVIN’ON』は4枚目のアルバム。iTunes Store ではこの4作目と、5作目の 『Blue Note Trip, Vol. 5: Mashed』が購入できる。どちらも iTunes Plus でアルバム購入価格は1800円。

どちらを購入するか迷ったが、iTunes で試聴して4作目にした。50年代のハードバップファンなら、アーティスト名を見ただけで、4作目を選択するだろう。5作目の方はフィージョン系というか、メロディアスでムーディーな曲が多い。

この4作目には50年代、60年代のハードバップ・シーンから選曲されている。リー・モーガン(トランペット)、ケニー・ドーハム(トランペット)、ホレス・シルヴァー(ピアノ)など超有名ジャズメンからティナ・ブルックス(テナーサックス)のようなマニアックなファンに人気の高いミュージシャンまで入っている。ハードバップ・シーンであることには間違いないが、テンションが高く高速で疾走するような曲は入っていない。趣味のよいハードバップが並んでいるので、ジャズファンがバックグラウンドに流しておくには最適なアルバムだと思う。

たいていの曲はすでに聞いているが、1曲だけここに収められているすごい曲があるのを知って驚いた。チャーリー・ラウズ(テナー・サックス)の『Bossa Nova Bacchanal(Blue Note 4119)』から「Meci Bon Dieu」が入っていた。これがすごい。チャーリー・ラウズって、セロニアス・モンクのバンドのメンバーが長い。超個性派のモンクだったが、ラウズは個性派とはいえず、評価が低い。そなんことで、ぼくはこのアルバムの存在を知らずにいた。『Blue Note Trip Jazzanova – LOOKIN’BACK/MOVIN’ON』購入の最大の収穫だ。

もう1曲は思い出。エディ・ゲイル(トランペット)のアルバム『Black Rhythm Happening(Blue Note 4320)』からの「Song of Will」が入っている。エディ・ゲイルはハードバップとは異質な存在だ。ぼくはゲイルのファースト・アルバム『Ghetto Music(Blue Note 4294)』をリリース当時、無知なままジャケットが良くて買っていた。10名ばかりのメンバーが全員フードを被った秘密結社のような写真だ。当時はアメリカの黒人の公民権運動が先鋭化していた頃で、ジャケット写真のただならない雰囲気に威圧されるように買ったことを覚えている。あれから40年が経って、いまはこうして Jazzanova が選曲している。ちょっと感慨に浸ってしまう。

本アルバムの購入は先月、アップルストアから iTunes Music Card をもらうという幸運があったからなんだ。で、iTunes Store から初めてアルバムの購入となった。本アルバムは全25曲と多く、すんなりとダウンロードができなくてあせった。たぶん、わが家のマンションタイプの光ファイバーの混雑だと思う。翌日にはすんなりと残りの曲がダウンロードできた。でも、ダウンロードが未完了で iTunes を終了させて、継続できるのかなど、いらぬ心配をして時間を使ってしまった。なんでも、初めての経験は時間が取られる。