伝説のモンタレー・ポップ・フェスティバル’67 / Monterey Pop ’67

アメリカのポップ音楽史とも読める『ドラッグ・カルチャー』には1967年のモンタレー・ポップ・フェスティバルについては、当然、詳しく書いてある。読んでいると、無性に映像が見たくなる。ぼくはレーザー・ディスク版の『Monterey Pop ’67』を持っている。モンタレーの2年後のもっとも名高い69年のロック・フェスティバルの「ウッドストック」、そして同じ69年、ローリング・ストーンズのオルタモントの悲劇として知られる「オルタモント」も持っていたが処分して今はない。このモンタレー・ポップ・フェスティバルの映像が好きで、数年おきに見続けている。

パンクロックを聞いていた70年代から80年代に、このディスクをさかんに見ていた。そのときはまだ60年代の残り香のようなものがあったので、昔のフィルムという感じではなかったはずだ。今はずいぶんと遠い過去に触れている気分になる。

スコット・マッケンジーの〈花のサンフランシスコ〉、ママス&パパスの〈夢のカリフォルニア〉の歌に、行ったこともない土地への郷愁に誘われる。ジャファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョプリン、ザ・フー、ジミ・ヘンドリックス、そしてディスクの最後はラヴィ・シャンカールのながい長いシタール演奏だ。

ここにインド音楽が登場するのは、ヒッピーの時代だったからだ。彼らはフラワーチルドレンと呼ばれた。観客席のそんな美しいチルドレンたちが映像には大勢記録されている。アメリカに黒人大統領が登場したいま、なぜかフラワーチルドレンは歴史のはるかかなたの遠い存在に感じられてならない。

『ドラッグ・カルチャー』ではフラワーチルドレンの一人を下記のように表現している。

18歳のドーン・レイノルズは白く滑らかな肌とコバルトブルーの瞳を持ち、官能的な熟した体つきをしていた。ロサンゼルスの丘陵や渓谷のあちこちで開かれていたパーティ、人々は彼女をアシッド・エンジェルと呼んだ。刺繍のついた明るい色のベストから白い薄手の民族服調のシャツをふわっと出し,とび色の神を野の花で飾ったドーンは、モンタレー・インターナショナル・ポップ・フェスティバルの人ごみのなかを歩いていた。自分は大勢いるアシッド・エンジェルのひとりにすぎないと思っていたが、それでも紫色のヴェルヴェットのベルボトムで多くのヘッズだちを振り向かせていた。
(マーティン・トーゴフ著、宮家あゆみ訳『ドラッグ・カルチャー』p213)

ルー・リード / ロックンロール・ハート

ルー・リード:ロックンロール・ハート [DVD]ティモシー・グリーンフィールド・サンダース監督作品

ルー・リードを聞き始めるのは70年代の後半だった。ロンドン・パンクとニューヨーク・パンクを聞いていて、60年代のヴェルヴェット・アンダーグラウンドを知った。この映画でも、トーキング・ヘッズのデビッド・バーンとパティス・スミスがヴェルヴェットの影響を受けたと証言している。

ヴェルヴェットを聞くようになって、アンディ・ウォホールとの関係を知るようになり、急速にヴェルヴェットに親しみを覚えるようになった。60年代のぼくはロックは聞かず、モダン・ジャズ一辺倒だった。だからヴェルヴェットは知らなかったが、実験映画作家としてのウォホールに興味を抱いていた。その後、ウォホールのポップアートも好きになっていたので、ヴェルヴェットには特別な思いを抱いた。映画では、この当時の映像が見られのもムチャうれしかった。

そんなわけで、ルー・リードのレコードはけっこう持っていたが、あるときから聞かなくなって長い。しかし、最近はなぜかよく聞くようになった。だから、この『ロックンロール・ハート』もこの数ヶ月で3回見ている。ルーの一枚一枚のレコードの成り立ちが分かるので興味がつきない。と言っても全てのアルバムが網羅されているわけではない。ぼくもマニアと言えるレベルでないし、ルーの全てを聞いているわけでもなので、この映画ぐらいでちょうどいい。1989年の『New York』、92年の『Song for Dorella』までが取り上げられている。

2週間前に行ったクラブイベントで山塚アイのDJでルー・リードがかかった。思わずテンションが上がった。聞き慣れたメロディだったけど、そのときの曲名が思い出せなかったのでいまだにわからない。たぶん、ヴェルヴェットの2枚目のアルバム「Sweet Jane」か、『White Light/White Heat』の収録曲じゃないかと思っている。

この『White Light/White Heat』を録音するにあたって、ルーは映画の中で、すごい証言をしている。
「オーネット・コールマンやアルバート・アイラーを聞いて、ギターをサックスのように使えないか考えていた」って。
これはすごいよ。ロックミュージシャンがフリー・ジャズを聞いていたなんて想像もできなかった。コールマンとアイラーは50年代末から60年代始めにフリー・ジャズの初期のアルバムをリリースしたジャズメンだ。ぼくは60年代に入って、この二人のアルバムを聞いて強烈な印象を抱いているので、ルー・リードがますます好きになった。

Yoshitake Expe Space Guitar Exhibition 2008 の九日目

081111-1 081111-2

Expeさんの細野ビルにおけるイベントの最終日は灰野敬二さんとのディオ。実は、もう10日も前の11日のライブだ。あまりの感動にすぐに感想を書けないうちに、忙しくなった。明日(21日)の今頃は、Expeさんの鰻谷SANSUIでのイベントを聞いているはず。その前に九日目の感想を書いておきたくなった。ライブの感動は間を置かずに書くべきだ。10日前の熱気を思い出すのは難しい。

灰野敬二を知ったのは、「自由の意思~アンダーグラウンド・ミュージシャンたち~ 五海裕治写真集」という2003年発行の写真集だった。それは29人のミュージシャンの写真とインタビューからなっている。そこに灰野敬二さんが載っている。すごみのある写真で、著者は「灰野敬二は世界の最も優れた音楽家のひとりであろう」と書いてある。

その灰野さんの演奏を目の前で聞くことができた。正確にはYoshitake Expeさんとのディオによるフリー・インプロヴィゼイションで、二人の作りだすめくるめくサウンドの世界に没入した。これがライブだと思った。究極のライブ演奏だ。

灰野さんのノイズなサウンドにExpeさんのファンクなギターがからむ。そのとき、Expeさん独特のあのセクシーな指使いがすごいスピードで持続する。まるで永遠に続いているかのような二人のセッションだった。

演奏後、ライブ会場のみで販売するという灰野さんのDVDを買い、サインをしていただいた。ライブの感動を持ち帰ることは難しい。こうして書いているキーボードの傍らにそのときのDVDがある。サインの文字を見るとき、記憶に刻まれた灰野さんとの短い言葉のやりとりがよみがえる。

SESSION 2 の Jazz Groove “CPB”

081119-1 081119-2 081119-3

仕事がムチャ重なってる上に腰痛だったりで、ここんとこ、しんどい日々だった。19日は一つの仕事の納品日。打合せをかねてクライアント先まで地下鉄に乗って届けてきて、帰ってきたら午後7時。晩ご飯を食べて、心斎橋鰻谷のクラブ、SANSUIへ行った。2ヵ月前のSESSIONの2回目。この日の収穫は、Jazz Groove “CPB” のライブ演奏だった。彼らの即興演奏に酔った。

最近は、ライブをよく聞いている。FunkサウンドのYOSHITAKE EXPEを7日間聞いた。それは彼が毎日違うアヴァンギャルドなゲストミュージシャンとフリー・インプロヴィゼイションを繰り広げたライブだった。ハードバップ・ジャズの広瀬未来クインテットも聞いた。そしてこの夜のCPBのクラブジャズ・グルーブ。

ぼくはここんとこクラブジャズを敬遠していた。しかし、ライブはジャンルじゃないって分かったような気がする。ライブは即興演奏につきると思う。スタンダードでいいムードに浸るのを否定するつもりはない。しかし、それって生活にゆとりのある人たちのライフスタイルで、ぼくとは無縁の世界のような気がしてきた。

毎日が労働に追われ、時間もお金も限られているぼくがライブに求めるのは、娯楽とか教養から遠く離れたところにある音楽だと思う。それはミュージシャンとオーディエンスが魂を共有する瞬間だ。フリー・インプロヴィゼイションこそがその瞬間を作り出せるんだと思う。

Yoshitake Expe Space Guitar Exhibition 2008 の八日目

081110ちょっとブログを書けないでいたけど、Expe Exhibition七日目は欠席した。ゲストはチチ松村さんだった。早くから予約していたジャズのライブへ行っていた。しかし、これだけ連続してライブを聞くなんて今までに経験がない。ちょっとした中毒症状になっている。

八日目の細野ビルはPARAのライブ。但し、山本精一さんは入っていない。PARAは聞いたことはないが、「ミニマルミュージック的な反復を繰り返す、人力リミックスに挑戦する予定」とイベントのパンフレットにあり、楽しみにしていた。演奏は、それが実現しているのかどうか分からないが、とても気持ちの良いサウンドで、ひょっとしたら寝てしまっていたかもしれない。

しかし、バンドの演奏は次第に混沌の度合いを深めて、グルーブは最高潮に達する。音量はこのイベントでは大きい方で、反復するサウンドのとりこになっていた。

081110-02この夜は7時を回って会場へ入ったが、椅子が空いていない。実は、ぎっくり腰みたいなことになっていて余り長時間、床に座りたくない。で、2階のビデオインスタレーションの部屋で椅子に座っていた。数日前にもこの部屋に来ているが、よく分かっていなかった。

ここには少しがまんして、じっと座っていなければ良さが分からない。フクタセイゴさんのイラストをSIMPOさんが映像化したもの。EXPEさんのアンビエントミュージックなサウンドがほんとうに静かに流れている。気をつけなければ、聞こえないほどだ。そして映像も気を付けなければ気づかないほどの緩やかな動き。細野ビルヂングの古風な壁や、はり、天井と美しく調和している。う~ん、良かった。

Yoshitake Expe Space Guitar Exhibition 2008 の六日目

081107-2 081107-1

五日目のゲストは、ドラムの沼澤尚さんとエレクトリックミュージックのENTOKWAさんだった。六日目は、二日連続出演の沼澤さんとシンセサイザーの西竜太さん。もちろん、二日ともEXPEさんを加えてトリオ演奏だった。

沼澤さんを聞くのは初めてだが、聞き惚れてしまった。そのサウンドはジャズを聞くことが多かったぼくにはすごく新鮮だった。ビルの音量制限に配慮して、抑えたと思われる五日目の前半の緊迫したプレイがすごい。目の前で聞いていたが、瞬間瞬間に音楽が作られるのを見ているようだった。70年代に聞いていたジャズのフリーインプロビゼーションの感動を久しぶりに思い出した。
六日目は前日に比べるなら叩きまっくった感じ。トリオの演奏がまとまっていて充足感あった。

ぼくは、会場である細野ビルヂングの情報サイトを運営しているので、ビルで行われたイベントの記録を書き残したい目的意識を持って連日通っている。3日目のライブは仕事の打合せで聞けなかったが、昼間のEXPEさんも2回聞いて来た。目的はあるが義務で行っているわけではない。しかし、かなりの時間を使っている。仕事もたまってきてヤバイ(笑)。そう、EXPEさんサウンドの中毒症状になってる感じだ。連日聞き続けているので疲れてきたが、快感を求めて足をはこんでしまう。

このイベントもあと3日。日ごとに、EXPEさんはすごいことをやってるんだとの思いが強くなる。小松音響研究所の小松さんもすごい。音響システムのメンテナンスをやりながら、毎夜、レコードを聞かせている。

5日目にかけたドン・チェリーに感動したが、6日目のオーケストラによる現代音楽には驚いた。真空管アンプを通した音のクリアなことにまいった。昔、少しだけ現代音楽を聞いていたことがある、再生装置がよくなくて聞かなくなった。再生装置が良ければ、現代音楽は面白いって分かった。でもぼくには無縁か・・・(笑)。

Yoshitake Expe Space Guitar Exhibition 2008 の四日目

081106-01三日目は仕事の打合せで行けなかった。
さて、四日目(6日)のゲストはギタリスト、山本精一さん。前半は真空管アンプでCDを聞く時間。小松音響研究所の小松さん、山本さん、Yoshitakeさんの順番。山本さんが最後に聞かせてくれたCDにドスの効いた日本語の歌が入ってる。深沢七郎だって!

山本さんのソロが30分弱、それからYoshitakeさんとのディオが1時間ほどだったかな。山本さんの演奏は脳細胞が疲労で麻痺するような感じ。んー、難しい音楽だった。この会場では音量の規制があって、ダイナミックなプレイを控えたせいか、爆発できないパワーが凝縮されて、テンションがムチャ上がっているようだった。メロディーを徹底的に解体するようなパフォーマンス。こんなすごいギター演奏を目の前で聞いたら、フツーのギター演奏はしばらく聞けそうにない。

ライブは7時からだが、昼間は無料で解放されている。そこへ初めて行ってきた。無人のプレイヤーの会場に、エフェクターからのサウンドがループされている。心地よい。床の大きなクッションに腰をおろして、しばし番茶(300円)を飲んでなごむ。飲み終わって、クッションを枕に仰向けに寝て聞いていた。そのうち寝てるわけでもなく、起きてるわけでもない状態が・・・、そしてサウンドが変化している。プレイヤーが戻ってきたのがわかる。でも、身体がサウンドのマユに包まれたように動かない。これはすさまじい快感。

目を開けると、Yoshitakeさんが目の前というか斜め頭上でプレイしている。夕方に再び行った際、よく寝ているのでボリュームをあげるのを遠慮したと・・・(笑)。ミュージシャンに気を使わせて恐縮(汗)。

Yoshitake Expe Space Guitar Exhibition 2008 の二日目

081104-1 081104-2 081104-3 081104-4 081104-5 081104-6

4日のライブ。この夜は Yoshitake Expeさんのギターソロからスタート。3日のスピリチャルなプレイとは違い、アグレッシブな演奏。Expeさんのプレイに脳が感化されていく・・・。次いで、小松さんが真空管アンプでCDを聞かせる時間。それから、YA△MAさん、山塚アイさんのDJ。

YA△MAさんはパーカション主体の選曲。前日は会場の後ろで聞いていたが、この日は真空管アンプにつながるスピーカーの真ん前で聞く。まるで、打楽器奏者が目の前にいるようなサウンドに目眩が。アイさんはロックやゴスペルと取り混ぜたクラブでは聞かれない選局でなごむ。

床に座って、身体を揺すっていたので、股関節付近が痛い。立ってた方が楽だが、ここは床に座って聞く音楽会。

Yoshitake Expe Space Guitar Exhibition 2008 の一日目

100_0245 100_0249

Yoshitake Expe さんのサウンドの展覧会 Yoshitake Expe Space Guitar Exhibition 2008が始った。3日スタートで11日までの9日間。夜になると期間中毎晩、ゲストを迎えてのライブが行われる。3日はそのライブに行ってきた。

小松音響研究所の小松氏ご自身による、真空管アンプによる試聴から始まる。ポピュラー、クラシック、オペラ,現代音楽、フリージャズなどさまざまなジャンルのCDの試聴。真空管が暖まってきました、なんて解説が入る。音は確かにだんだん良くなるみたい。最後に配線を短く変更したときは確かに一段とよくなり、もう何も言えない。家の音は問題外だがクラブなんかの音とも質が違う。もっとも、このビルでは爆音を出せない。これが1時間と少し。

続いて、ヨシダダイキチさんのシタール・ソロ。これも1時間と少しのプレイだったが、真空管アンプを通したすばらしサウンド。スピリチャルなサウンドが次第に盛上がって古いビルの空間に渦をまいている。夢心地だった。

そして、シタールを伴奏にYoshitake Expeのギタープレイ。たくさんのエフェクターを通してサウンドが繰り返し、繰り返しうねっている。最後はギターを変えての演奏。ピュアなサウンドにもう、ナチュラルハイ。

お客さんは30~50人ぐらいでちょうど会場がほどよく埋まっている感じ。シタール演奏を聞きにきた人が多いみたいでした。ほとんどの男子が長髪だし、会場では自然食や無農薬野菜なんかも売ってるし、床に座って聞いているんで、昔のヒッピーを思い出す雰囲気でしたね。

Soulbleed with Newman Taylor Baker@Royal Horse

7月6日、ツアー最終日、梅田のロイヤルホース。メンバーは
ニューマン・テイラー・ベイカー[Drums&Perc.]
行本清喜、Tp&etc.
古谷光広、Sax
白山貴史、G
谷中秀治、B

ニューヨークの現役のジャズミュージシャンってほとんど無知なんで、ベイカーさんも知らない。マッコイ・タイナー、ジョー・ヘンダーソン、ルー・ドナルドソンなど数多くのトップ・ミュージシャンと仕事をしてきた、と紹介されていた。こんなドラムは初めて聞いた。弱音での演奏時間が長いので、音の強弱の幅がムチャ広い。打楽器なのにメロディが聞こえる。フロント陣へのサポートがしっかりしているなど素人目にも分かる。聞いてほんとに良かった。

この日のライブに出かけたのはトランぺッターの行本清喜さんを聞くためだった。2年程前、大阪にドン・チェリーの弟子のジャズマンがいることを知り、いつか聞きたいと思っていた。いつか聞けるだろうと思っていただけで、積極的にライブ情報をあさっていたわけでないが、ひょうんなことから機会が巡ってきた。ドン・チェリーはフリー・ジャズのミュージシャンではほとんど最初にファンになった思い入れのあるアーティストだった。

最初のファンキーな曲「Watermelon Man」ですぐにモダン・ジャズに没入した。このメンバーはすごいと思った。続いて「My Favorite Things」。コルトレーンの演奏でイヤというほど聞いている曲だが好き。行本さんは南米の楽器だという縦笛をプレイ。古谷さんのテナーとのアンサンブルがむちゃくちゃにいい。コルトレーンのようにフリーな「My Favorite Things」じゃないが、フツーのそれでもない。妖しい「My Favorite Things」だった。

次いで、1stの最後はカリブの民謡だとMCがあったので、お客さんサービスだと思ったらまちがい。テーマが終わると、けっこうフリーなプレイで嬉しくなった。

2ndはなんたって、3曲目のオーネット・コールマンの「Lonely Woman」(だと思う)に興奮しまくり。なので、1曲目がどんなだった全く思い出せない。2曲目はドラムをフィーチャーして踊れる楽しいナンバー。その後にたっぷりと間合いをおいて、問題の「Lonely Woman」だった。ロイヤルホースだし、まさかこんなフリー・ジャズを聞けるとは思っていなかったので涙が出るほど感激した。

長いことフリー・ジャズを聞いていない。おそらく30年振りか。70年代、リアルタイムに聞いていたフリー・ジャズと比べるなら洗練された演奏だと思った。そして緻密と濃厚。00年代にフリー・ジャズをプレイする意味をこの演奏で感じた。けっして懐古的なプレイじゃないってこと。それにしても長い長いプレイだった。うれしくてたまらなかった。

アンコールは「聖者の行進」。行本さんが歌っている。mixiの日記では連日のツアーのせいでトランペットから音が出なくなった。それでマイクを握ったと書いていた。でも、いい声だった。ほんとはルイ・アームストロングの弟子になりたかったんじゃないかと思った・・・もちろん冗談だが。

《追記》
mixiで行本さんがぼくのコメントに答えてくれた一部を転載します。コールマンの「Lonly Woman」の演奏のことです。

ベース
ドラム
トランペット
サックス
ギター
がそれぞれのパルスを感じながら

調性もテンポも
各自の感性で演奏される
「ハーモラディック」という
オーネットが確立した奏法です

続けて、(演奏中の)テンションは高いですよ、と書いている。
オーネット・コールマンの59年録音の『ジャズ来るべきもの』の1曲目が「Lonly Woman」。ぼくは10代の終わり頃にこれをジャズ喫茶でリクエストして聞いて、あまりのテンションの高さにびっくりした。その後、ジャクソン・ボロックの絵で有名な『Free Jazz』はLPを買って長いこと大事にしていたが、ぼくはコルトレーンとかアイラーのスピリチャルなフリー・ジャズに傾倒していくなかで、コールマンは聞かなくなって行った。今回、ほとんど40年振りにコールマンの「Lonly Woman」を聞き感慨にふけっている。(2008.7.11)