メール app の不具合が解決

アップルの “メール app” を使っているけど、メールが届いたり届かなかったり。また送信もできなかったりと困ったが解決した。iPhone と Mac の両方で起きた不具合だった。OSはどちらも最新バージョン。アップデートしてからの現象だったので、そのせいかとも疑ったが関係なさそう。

サーバーのマニュアルのメールソフトの設定の通りに修正後、正常に稼働してくれてホッとした。どうやら、最初の設定のときのいい加減さがずっと引き継がれていて不具合が出たのかもしれない。サーバーのマニュアルには、iOS デバイスと Mac それぞれの OS ごとのマニュアルがあって分かりやすかった。なぜ、今までそれを参照にして設定しなかったのか疑問が残るが、とにかく解決してよかった。今後は、不具合があればとにかくサーバーのマニュアルを参照することだ。

それと、アップルのメールサポートもあるのでよく読んでおく必要がありそう。
https://support.apple.com/ja-jp/mail

iPhone と Mac  のそれぞれの設定は以下の画面からのスタートとなる。

iPhoneの場合は[設定 > パスワードとアカウント]から必要なメールアドレスの設定となる。

Macだとメールappを立ち上げて[メール > 環境設定… > アカウント]から必要なメールアドレスの設定となる。

Adobe MAX 2018 レポートセミナー大阪

2018年10月24日は大阪の .Too で行われた “Adobe MAX 2018レポートセミナー” に行ってきた。この手のセミナーに参加するのはほんとうに久しぶり。たくさんの刺激を受けるので、やっぱり出歩かなきゃダメだ、と痛感した。セミナーの内容は、
1. Photoshop CC
2. Illustrator CC
3. Adobe Fonts
4. InDesign CC
5. Dimension CC
6. Adobe XD CC
7. Premiere Rush
8. Adobe Stock
9. Creative Cloud New Generation
のアップデートに伴う新機能紹介だった。強調していたのは Adobe の AI である “Adobe Sensei” に沿った機能アップだった。ぼくが一番使っている Dreamweaver CC は Sensei に対応していならしくて紹介はなかった。紹介しているソフトや機能でもぼくはほとんど使っていない。だから野次馬状態でセミナーを聞いてたわけ。でも、刺激的で行ってよかった。
9. Creative Cloud New Generation は、開発中のテクノロジーがいくつか紹介されていた。もっとも関心が高いのは「Adobe Photoshop CC iPad 版」が2019年リリースだった。
《amazon の Adobe Creative Cloud のページ》
Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ (2013-10-01)
売り上げランキング: 14

Adobe Creative Cloud アップデート

以下の Adobe Creative Cloud をアップデート

バージョン番号はアップデート後のバージョン

macOS Mojave にバージョンアップ

macOS Mojave にバージョンアップ

今夜は家事もたまってて(笑)、夜遊びに出かけることができなかった。で、思い切って macOS Mojave (10.14)にバージョンアップした (MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports))。ダークモードにしたかったんだ。そして、壁紙の写真がリアルタイムに変化して、夜明けを知らせてくれたよ。なかなかいいなぁ〜。

最新OSへのアップグレードは、雑誌『Mac Fan』の記事を読んでバックアップやメンテナンスを実行した上で行っている。参考にしたのは『Mac Fan 2017.11』に「macOS Highe Sierra 引越しマニュアル」。

《追記》
『Mac Fan 2018.11』に「macOS Mojave 引越しマニュアル」が載っている。

Adobe CC 契約で迷ってる

Adobe CCの契約を検討してる。迷ってるけど多分するやろな。CS5.5のユーザーだから、今月中に契約すると初年度は月3,000円でいけるから、最低1年間だけでも・・・。しかしその後、5.5に戻れるかったら無理っぽい。Photoshop CC のお試し版をインストールしたけど、何かむちゃいい感じ。新機能まで試せてないけど、普段使う機能の改善だけでもかなりいい。でも、そんなに仕事してへんしな、あ~悩むw

WordPress入門書

はじめての簡単 WordPress入門「決定版」 (BASIC MASTER SERIES)

WordPressを使うならこの本、絶対いい。WordPress解説本はたくさん出てるけど、HTMLとCSSを使って独自のサイトを構築するというのが案外多い。HTMLとCSSを知っていてもそうしたサイトを作るのはかなり根気が必要。
今のWordPessは内蔵されている機能だけを使ってもかなりのことができる。その分設定項目が多いので、試行錯誤で覚えるのは大変。だから、この本がとても役立つ。

この本はHTMLとCSSを知らなくても理解できるように書いているそうだけど、実際に記事を書いて修正したりという場面で、HTMLの知識は必要になる。文字を装飾しようとしたらCSSの知識があったら簡単。やっぱり、それらの知識はあった方がいい。

Mac と iPhone の Day One を Dropbox を使って同期

1399420689

Mac と iPhone の Day One の同期だがムチャ快適だ。Day One は日記形式のソフトだが、ぼくは Facebook や Twitter さらにはブログの記事などをまず Day One で書いている。テキストエディタとして使用しつつ、自動的に記録が残る。

しかし、Day One を Mac と iPhone で同期するのに手間取ってしまった。同期には Dropbox が必要だが、今年の始めに興味本位でインストールした際に間違ったらしい。Mac と iPhone で別々のアカウントを設定したらしい。らしいというのはその時の事を覚えていないからだ。

今回も、同期できないのでいろいろ試している中で、別アカウントだということが分かった。そしてた、アカウントを変更したらよいと思ったが、それはぼくの知識でできなかった。そもそもできないものかもしれない。

それではと、両方のDropboxを削除してしまい。あらたにアカウントを取得しようと企てたが、メールアドレスがすでに使用されているとしてはねられた。どうやら、以前に二つのメールアドレスで試行錯誤したとみえる。しかたないので、あらたなメールアドレスを作って、完全に一からインストール、アカウント取得を行った。

試行錯誤やメールアドレスを作る作業も含めて大変な時間を要した。でも、One Day のテキストがサクサクと同期されるのを見ると、焦った試行錯誤の時間は忘れてしまった。

でも、一つ問題があった。 Dropbox を削除しても過去のデータは残っている。でもこのデータがあるうちは One Day の同期がぼくの知識ではできない。えいやーと、捨てた。半年分のデータだったけど、すっきりと出直しだ。捨てると新たなフォルダが作られてみたいで、サクサクと同期できた。

EPSON のスキャナ”GT-S630″を買ってきた

昨日、EPSON のスキャナ”GT-S630″を買ってきた。8年と3ヶ月使ってた同じEPSONの”GT-9400UF”がいきなり壊れた。使用中で何の前触れもなく物理的に壊れたんで慌てた。長年酷使してきたんで金属疲労みたいなものだろう。暑い中、自転車で買いに走った。こういうことはほんとに疲れる。

“GT-S630″はフラットベットスキャナで反射原稿のみ。フィルムに対応していないので、フタの上部がフラット。全体の高さも低くて普段は上に物を置いておけるのがとてもよい。軽いのもいいけど、耐久性はどうだろう。安いので贅沢はいえない。付属のスキャナソフトは8年前に買ったものと基本的に同じ。もっと進歩しててほしいよな。

《公式サイト》
GT-S630 | スキャナー | カラリオ | 製品情報 | エプソン

レンタルサーバーのサービスコース変更作業の記録

レンタルサーバーのサービスコースの変更を行った。4年前に一度やって、今回が2度目。その作業の大変さを記憶しているので、なかなかふんぎりがつかないでいた。月額費用が安くなる。ディスク容量が増える。この2点が変更の理由ですが、費用の軽減が最大の理由。ディスク容量は、ホームページの運用だけだと使い切れないほどの容量だが、ファイルの保管をこのサーバーで行っている。これをやり出すと、いくらでも容量が欲しくなる。ということで容量の増加も魅力だった。

サーバー会社のサイトでコース変更を申し込むと必要書類が宅配便で届いた。ここには新しいサーバーの各種情報が記されている。この情報に従って、メールを送受信できたり、ホームページの引越し作業ができるようになる。つまり、作業は全て自分で行わなければならない。初めてサーバーを借りるのと同じ作業が必要になる。コース変更の利点は、月額費用の無駄が生じないことかな。つまり、契約終了月の月初めにコース変更を申し込み、その月内に引越し作業を終了すると、新サーバーの費用は新しい月から掛かることになるので、月額費用をダブって支払うことがない。

まず、作業はホームページの引越しから行った。最新のデータをFTPサーバーにアップするだけだが、旧サーバーは何年も使っているので不用なデーターがたくさん残っている。不必要だと分かっていても、確認しなければ怖い。この作業に結構時間が取られて。不用なファイルは日常的に消去しておくべきだと反省。

次はメールフォームのCGIプログラム。この作業でずいぶんと古いプログラムが混じっているのが判明。これも新しいものをダウンロードして、設定項目を確認してからアップ。さらに、サーバー会社のCGIを使用しているメールフォームは HTMLファイルまでいじることになり、作業は非常に煩雑だ。

それから、メールアカウントの設定。前と同じ設定にするとはいえ用途別に何件も作っているので、ここでもまた不用のものを整理する必要になった。本当に不用かどうか確かめるのに手間取る。ここでも不用になった時点で削除しておくべきと反省。とにかくネットの管理は、不用のものは残さないでシンプルをこころがける。これにつきると今回の作業で痛感した。そうしないと無駄な作業時間ばかりが多くなる。

後、旧サーバーに残っているのは保管用のファイルだが、これはダウンロードしただけ。新サーバーへのアップロードは可能だが、月末が迫っているので正式稼働をしてからすこしづつアップすることにする。

メールの送受信のチェックも完了したところで、いよいよ最後の仕上げのネームサーバー情報の変更。サーバー会社にドメインの管理をお願いしていると不用の作業だが、ドメインは別会社で管理しているので変更作業が必要になる。変更自体はドメインを管理している会社のサイトで簡単にできるが、サーバー会社に依頼した。これはコース変更依頼で最初に送られてきた必要書類の中に入っているものに必要事項を記入してFAXで送るシステムです。月末も迫っているのでこの頃には少しあせってしまった。FAX送信の翌日から作業希望日を指定できるので、勿論翌日にしました。そして無事に変更が終了してホッとしました。

ネームサーバー情報の変更をなぜサーバー会社に依頼したかというと、ドメイン名の管理担当者の個人情報を何種類か記入しなければならない。基本的に自分の情報を記入するが、Technical Contact(技術連絡担当者)だけはレンタルサーバー会社の社員名になるということで、サーバー会社に依頼しなければならなかったわけです。

ネームサーバー情報の変更で新サーバーへの移行が完了ですが、ここで最後の難関がある。変更後、DNSキャッシュの影響で半日~1日程度、送られてくるメールが新旧どちらかのサーバーに参照されるので、この期間はどちらのサーバーもチェックしなければならない。

新サーバーの方は、メールのID設定を以前と同じものにしておけば、メールソフトの設定を変更することなく使える。しかし、旧サーバーの方はIPアドレスでアクセスせよというわけです。また、旧サーバーのホームページにアクセスするにもIPアドレスを使う。IPアドレスは旧サーバーが稼働している間に調べて書き留めておく必要がありました。調べ方はサーバー会社のサイトに載ってる。

IPアドレスとは「xxxx.xxxx.xxxx.xxxx」という数字。
例えばホームページのURLの場合、
http://www.xxx.com/ (xxx.com がドメインとした場合)
http://xxxx.xxxx.xxxx.xxxx/ となる。

メールソフトにこの設定をするのは非常におっくうなことです。そこで、サーバー会社が用意しているブラウザメールを使いましたが、これだとほんとに簡単にチェックができた。
ホームページも新サーバーのファイルが照合されていることが確認ができて作業は完了。新サーバーのファイルであることは新サーバーへのファイルには変更を施していたのではっきりと確認できたわけです。

iPad に “i文庫HD” 購入

桜が咲いてるし、なんか梶井基次郎の『桜の樹の下には』が読みたくなって “i文庫HD” を買った。”i文庫HD” はいつか買おうを思っていたアプリだったのでこの機会にということになった。800円だった。

『桜の樹の下には』は青空文庫に入っているが、アプリをダウンロードすると内蔵ファイルの中に入っていた。とにかくレイアウト、活字が読みやすくて驚いた。非常に読みやすい。

PDFファイルは “GoodReader” で読んでいたがこれからは “i文庫HD” と使い分けることになるのかな。 “GoodReader” はマーカーで印を付ける感覚でいろいろと書き込めたりする。しかし、縦書きの書籍は考慮されてなくて本を開く方向が横組に対応しているだけ。でも、慣れると別にそれほど不便と思わなくなった。

そうすると “i文庫HD” は青空文庫を読むためだけということになる。それで買うのを躊躇していたわけ。でもその用途だけでも持っている価値はあると思った。読みやすいし、青空文庫の点数がすごく多いから。

“i文庫HD” は iPad 専用。iPhone用には “i文庫S”(350円)があるが、こちらを買う予定はいまのところない。
サイト”NagisaWorks.”(http://nagisaworks.com/)で詳しい情報が得られる。