レンタルサーバーのサービスコース変更作業の記録

レンタルサーバーのサービスコースの変更を行った。4年前に一度やって、今回が2度目。その作業の大変さを記憶しているので、なかなかふんぎりがつかないでいた。月額費用が安くなる。ディスク容量が増える。この2点が変更の理由ですが、費用の軽減が最大の理由。ディスク容量は、ホームページの運用だけだと使い切れないほどの容量だが、ファイルの保管をこのサーバーで行っている。これをやり出すと、いくらでも容量が欲しくなる。ということで容量の増加も魅力だった。

サーバー会社のサイトでコース変更を申し込むと必要書類が宅配便で届いた。ここには新しいサーバーの各種情報が記されている。この情報に従って、メールを送受信できたり、ホームページの引越し作業ができるようになる。つまり、作業は全て自分で行わなければならない。初めてサーバーを借りるのと同じ作業が必要になる。コース変更の利点は、月額費用の無駄が生じないことかな。つまり、契約終了月の月初めにコース変更を申し込み、その月内に引越し作業を終了すると、新サーバーの費用は新しい月から掛かることになるので、月額費用をダブって支払うことがない。

まず、作業はホームページの引越しから行った。最新のデータをFTPサーバーにアップするだけだが、旧サーバーは何年も使っているので不用なデーターがたくさん残っている。不必要だと分かっていても、確認しなければ怖い。この作業に結構時間が取られて。不用なファイルは日常的に消去しておくべきだと反省。

次はメールフォームのCGIプログラム。この作業でずいぶんと古いプログラムが混じっているのが判明。これも新しいものをダウンロードして、設定項目を確認してからアップ。さらに、サーバー会社のCGIを使用しているメールフォームは HTMLファイルまでいじることになり、作業は非常に煩雑だ。

それから、メールアカウントの設定。前と同じ設定にするとはいえ用途別に何件も作っているので、ここでもまた不用のものを整理する必要になった。本当に不用かどうか確かめるのに手間取る。ここでも不用になった時点で削除しておくべきと反省。とにかくネットの管理は、不用のものは残さないでシンプルをこころがける。これにつきると今回の作業で痛感した。そうしないと無駄な作業時間ばかりが多くなる。

後、旧サーバーに残っているのは保管用のファイルだが、これはダウンロードしただけ。新サーバーへのアップロードは可能だが、月末が迫っているので正式稼働をしてからすこしづつアップすることにする。

メールの送受信のチェックも完了したところで、いよいよ最後の仕上げのネームサーバー情報の変更。サーバー会社にドメインの管理をお願いしていると不用の作業だが、ドメインは別会社で管理しているので変更作業が必要になる。変更自体はドメインを管理している会社のサイトで簡単にできるが、サーバー会社に依頼した。これはコース変更依頼で最初に送られてきた必要書類の中に入っているものに必要事項を記入してFAXで送るシステムです。月末も迫っているのでこの頃には少しあせってしまった。FAX送信の翌日から作業希望日を指定できるので、勿論翌日にしました。そして無事に変更が終了してホッとしました。

ネームサーバー情報の変更をなぜサーバー会社に依頼したかというと、ドメイン名の管理担当者の個人情報を何種類か記入しなければならない。基本的に自分の情報を記入するが、Technical Contact(技術連絡担当者)だけはレンタルサーバー会社の社員名になるということで、サーバー会社に依頼しなければならなかったわけです。

ネームサーバー情報の変更で新サーバーへの移行が完了ですが、ここで最後の難関がある。変更後、DNSキャッシュの影響で半日~1日程度、送られてくるメールが新旧どちらかのサーバーに参照されるので、この期間はどちらのサーバーもチェックしなければならない。

新サーバーの方は、メールのID設定を以前と同じものにしておけば、メールソフトの設定を変更することなく使える。しかし、旧サーバーの方はIPアドレスでアクセスせよというわけです。また、旧サーバーのホームページにアクセスするにもIPアドレスを使う。IPアドレスは旧サーバーが稼働している間に調べて書き留めておく必要がありました。調べ方はサーバー会社のサイトに載ってる。

IPアドレスとは「xxxx.xxxx.xxxx.xxxx」という数字。
例えばホームページのURLの場合、
http://www.xxx.com/ (xxx.com がドメインとした場合)
http://xxxx.xxxx.xxxx.xxxx/ となる。

メールソフトにこの設定をするのは非常におっくうなことです。そこで、サーバー会社が用意しているブラウザメールを使いましたが、これだとほんとに簡単にチェックができた。
ホームページも新サーバーのファイルが照合されていることが確認ができて作業は完了。新サーバーのファイルであることは新サーバーへのファイルには変更を施していたのではっきりと確認できたわけです。

ジョセフ・メン著『ナップスター狂騒曲』

ナップスター狂騒曲面白いんだけど長く掛かりすぎたんで、もう読むのを止める。他に読みたい本がたまってる。500ページの大作。半分以上読んだからいいだろう。映画『ソーシャル・ネットワーク』にナップスターのショーン・パーカーが出てくる。それでジョセフ・メン著『ナップスター狂騒曲』を読みたくなった。映画のショーンは本の中のショーンとそっくりだった。

本書のおもしろいところは、若いプログラマーたちとシリコンバレーの投資家たちの生態だ。すごい世界だ。映画『ソーシャル・ネットワーク』を見て分かるけど、ムチャクチャなスピード感。圧倒された。
ぼくはナップスターを利用したことがない。友人の事務所へ遊びに行くと、彼はナップスターかその手のサービスにはまってて、専用のパソコンまで用意していた。その頃、ぼくは何件かの株式会社のサイト作りに関わっていたので、何かあればヤバいと思い手を出せなかった。

放置していたメールアドレスにスパムメールがいっぱい!

ネット初期の頃に取得したASAHIネットのメールアドレスを放置していた。ほとんど見ないけど、昔このアドレスで登録したところがあって、全く見ないわけにいかないのでたまに開いていた。以前からスパムメールが多かったが、最近その数が半端でなくて(1万を超えてる)、それを読み込むための時間がすごくかかる。

最初、メールソフトにスパムであることを学習してもらおうと、律儀にそれを行っていた。それもすごい時間がかかった。すぐにそれは無駄だと分かった。削除したはずのメールが再び入ってくるからだ。メールソフトでは削除されるように設定しているはずなのにだ。

朝日ネットのメールサービスページ(http://asahi-net.jp/service/option/mail/)によると、メールボックス容量と受信数が無制限で、メールの保存期間が180日とある。これだと180日間は消えないのだと理解した。

それで、このメールアドレスで登録している法人を、メインで使っているアドレスに変更した。その上で、これまでのメールアドレスを中止にして、新たなアドレスを設定。さらには念のため、朝日ネットのパスワードを変更した。軽い気持ちで変更したが、プロバイダのパスワードでもあるので、ネット接続の設定変更までをするはめになってしまった。この時点でほとんど泣きたくなった(笑)。

新たなアドレスでメールソフトを設定するが、1万を超えるメールは同じだった。メールボックスが同じだからだろう。有料で新たなメールボックスを設定できるので、それだと解決するだろうが、そこまでしたくない。

メールソフトではポート番号とかSSLを使用などのオプションがある。これを設定してメインのメールアドレスでは劇的にスパムメールが無くなった。もちろん試した。しかし、この設定をするとサーバーにアクセスできなくて断念した。

メールソフトの設定ページ(http://asahi-net.jp/support/guide/mail/0301.html)に各ソフト別に詳細な設定方法が載っている。問題のメールアドレスの場合、受信用、送信用メールサーバーの記述が上記の方法と実際とは違うので、つながらないのはそのせいかもしれない。とにかく昔に取得したので変更があったのかもしれない。一応調べる必要があるかもしれない。

こうして一段落して分かったことがある。メールボックスにたまっている大量のメールを削除できるのだ。WEBメール(ASAHIネットサイトの上部にある青いWEBメールボタンをクリック)を開き、受信簿をクリックで削除できる。WEBメール メールの削除ページ(http://asahi-net.jp/support/guide/mail/0005.html)の方法がある。

これも少しやってみてあきらめた。さすがに1万数千もたまっているとやり通すのは無理だな。半年たてば消える。さらに、新たなメールが増えるかもしれない。この様子を確認してから、新たなメールアドレスも中止にしてここではメールを使わないのがベストな選択かもしれない。

“iPhone使用中!?” を立ち上げた

1383024643

iPhone 5 を待ってたんだけど、もう待ちきれなくなって、4を買おうと思う。正確には今持ってるケータイ SoftBank 920SC からの機種変更なんだけど。これはもう3年以上使っている。これを買って3ヶ月ぐらいして iPhone 3G の発表があったんだ。でも、その頃は iPhone にあんまり魅力を感じていなかった。しかし、920SC から機種変換するときはiPhoneと決めてたけどね。

2年経った頃に iPhone 4 が出たけど、すぐには機種変更しなかった。そのうちに4の評判があまり良くなかったので、新機種が出てからでいいやと思うようになった。

やっぱり、東日本大震災の影響かもしれない。スマートフォンを使いこなせるようになっていた方がいいと思うようになった。そしたら、5にこだわることはないという気分になったわけ。それでいろいろ調べているうちに、iPhoneブログを立ち上げようって思った。

で、速攻で「iPhone使用中!?」ってタイトルのブログを作った。
http://iphone.sgy5.com/
これは WordPressのデフォルトのデザイン。ぼくは全く触っていない。ま、シンプルでいい感じ。WordPressは勉強したいので、おいおいデザインに手を加えていくつもり。

「Adobe CS5で作る電子雑誌とデジタルカタログ」セミナーに行ってきた

29日のTooデザイナーズソリューションセミナー「Adobe CS5で作る電子雑誌とデジタルカタログ ~ Digital Publishing Platform, Flash Catalyst, Packager for iPhone ~」を聞いてきた。

iPhoneやiPadで見る電子雑誌がどのように作られるのか知りたかった。このセミナーは「Digital Publishing Suite」というアドビ社の新しいコンテンツ作成ツールの紹介がメインだった。このSuiteは来年発売(2011年第2四半期予定)のものだが、アメリカではベータ版を使用して、「WIRED」の電子雑誌版がiTunesで販売されている(WIRED Magazine for iPad on the iTunes App Store)。

その「Digital Publishing Suite」だが、これは、電子雑誌の制作サービス、配信サービス、E-コマースサービス、解析サービスを行うものらしい。アメリカでの予定されている月間使用料が紹介されていたが、雑誌社などが購入するものなのだろう。

セミナーでは、InDesign CS5 で誌面の制作を行い、Interactive Overlay Creatorを使ってインタラクティブ要素を誌面に追加。InDesignのファイルをDigital Content Bundlerを使用してiPodにアップロードできるイシューファイルを作成、という手順を紹介。

Digital Publishing Suite を使うには、InDesign CS5 でデザインすることは必須なのだが、Interactive Overlay CreatorやDigital Content BundlerがSuiteだけ含まれるものなのか、InDesignに含まれるのかなど不明だった。InDesignに含まれるような話もしていたようだが、よく分からなかった。

InDesign CS5 を持っていても、Digital Publishing Suite がなければ、iPad用アプリが制作できないというのであれば、フリーランスレベルでは無縁の話だろう。Digital Publishing Suite がなくても電子ブックの制作できて、後は自分でアップル社に申請するというのなら、展望がありそう。来年の第2四半期までに、たくさんの情報が流れてくるに違いない。

セミナーの案内には、Adobe CS5 で作る電子雑誌とか書いてあるけど、90分の時間で InDesign CS5とDigital Publishing Suiteの紹介が精一杯で、ほかのCS5はPhotoshopとIllustratorの少し触れただけだった。

製品紹介は、電子パブリッシングソフトウェア | Adobe Digital Publishing Suiteで。

さらに詳しい情報は、
ADOBE DIGIPUB MAGAZINEサイトの中の、
デジタルパブリッシング関連情報が詳しい。
中でも、ここの「Adobe Digital Publishing Suiteに関するドキュメント」の「Adobe Digital Publishing ユーザーガイド」(PDF:4.6MB) に詳しい情報がある。

今回のセミナーの内容もここからのものだった。

“iPhone / iPad アプリセミナー”に行ってきた

1384398018

“iPhone / iPad アプリセミナー-基礎開発から開発依頼時のポイント等”のセミナー。iPhoneとiPadの特徴の説明から始まり、アプリ開発のごくアウトラインの説明だった。開発の具体的な説明などはなし。講師はアプリの開発会社の営業員で、アプリ開発、または外注にあたって知っておくべきことがメインだった。また、アップル社への登録手続きにも言及していた。開発費は案件により大きな開きがあること。だいたい200万円~300万円が中心とのこと。

アプリの開発スキルだが、有料の講習を受講してもごく簡単なものしか作れなさそう。本格的なものを開発するとなると、かなり難しそうだ。ぼくのようなあれもこれもといった立場では無理だと思った。

電子書籍に関する説明はごく簡単で余り分からなかった。iPadビュアーアプリ、iBooks(EPUB最適)、i文庫HDなど。最後にHTML5の可能性にも触れたが、すべてごく簡単でヒントを与えられたといったところ。

店員は70名で、1時間半。一日2回だが予約が超過していたとのこと。受講者の大半はクリエイターのようだった。

写真は、会場のビルの18階からの北側の眺め。

北島圭 著『暴走するネット社会』を読む

暴走するネット社会―ネットは人間に幸福をもたらしたか(花伝社、2009年4月発行)

本書を読んで、ぼくはネット社会についてほとんど知っていないんだと思った。確かに、必要な情報をネットから得ているし、mixiやTwitterもやってる。でも、それらはネット社会の明るい昼のような部分だ。闇の部分については、ほとんどというか全く知らない。そんなんで、本書を興味深く読んだ。ただ、本書はその闇のドキュメントを主題にしたものでなく、実態を簡単に紹介しているだけなのだが、ぼくにはそれで十分だった。

取材は当初、ネット依存症や闇サイトなどネットの暗部と目される部分の実態を把握し、その打開策を模索する目的でスタートした。ところが、取材を進めれば進めるほどその暗部は複雑な様相を露にする。取材者としての私はその複雑性を解明しようとさらに暗部にのめり込んだ。
けれども、無造作に横たわる小さなヒントが拾えるのみで、行けど暮らせど、これだという解答に出くわさない。永遠においでおいでを繰り返すネットの世界に私は慄然とした。
あるいは、ネットのこのような性向が、ある種の中毒性を醸し出しているのかもしれない。(p10)

「はじめに」で、筆者はこう書いている。ネットの複雑性ゆえに、暗部に対する打開策などできようがない。だから、本書は観察に徹しているようだ。結論や解決を求めないそのスタンスから、筆者の観察にすなおに耳を傾けるころができたのだと思う。

ネットの匿名性が諸悪の根源のように問題にされている。しかし、これも多面的に見る必要があるというわけだ。

精神科医の斉藤環氏は「日本人のある種の創造性は匿名性の確保から生まれている。そういう意味で、匿名性を確保したネットは非常に重要だ。ネットから匿名性を排除すれば衰弱するだろう」との認識を示している。
要するに匿名性はコミュニケーションを活性化させるカンフル剤としての役割も担っているのだ。ただ現在のネットのように、匿名性が乱用されると闇雲な世界が際限なく展開されることになる。(p20)

自殺サイトというものがある。ネットの暗部を象徴しる陰湿なサイトとして一般には認識されている。しかし、筆者は次のように書いている。

自殺系サイトには自殺を思いとどまらせる抑止効果もある。救いなき社会に絶望して死の淵で苦しんでいる者同士にしか理解できない濃密なコミュニケーションが、自殺仲間を募集する一方で展開されているのだ。
抑止効果を重視する自殺系サイトに詳しいノンフェクション作家の渋井哲也氏は「自殺系サイトがネット上から消滅すれば、お互いを慰め合う場がなくなる」と懸念する。
同サイトには自殺を願望しない者まで引きずり込む危険性があると指摘する識者をときどき見かける。しかしこれは杞憂で、自殺を志望しない者が同サイトに感化されて自殺を企てたと見られる事例はほとんどない。(中略)そもそも、自殺志願者はだれかを巻き込もうという発想がない。優等生タイプは他人を巻き込むことを極端に嫌がる。(p25)

次いで、ネットがいじめを加速させる、ひきこもりとネット、出会い系サイトの実態と章がつづき、出会い系サイトの結論として次のように書いてある。

飢えたように出会い系サイトに群がるのは、孤独から逃れる交流の場が現実社会にないからだろう。その背景に広がるのは共同体の荒廃だ。
かつて存在したはずの共同体(あるいは共同体意識)は、いまや風前の灯。自治体はおろか家族すら共同体として機能しなくなっている。
「弱肉強食」「格差社会」「ネットカフェ難民」「ワーキングプア」「ひきこもり」「クレーマー社会」「自己チュー」「モンスターペアレンツ」「切れる子」「反知性主義」「二分割思考」等々、現代日本を表すネガティブワードは山ほどあるが、これらは壊れた共同体の破片が放つ妖光のようでもある。
共同体の荒廃により人間関係が希薄化し、糸の切れた風船のように浮遊した人々が共同体を夢想し辿り着いた先が出会い系サイトだったのではないか。(p58)

以下、ファイル交換ソフトのウィニー・シェアの恐怖、有害情報へのアクセスもケタ違いに簡便化されたオープンでフラットな世界の功罪とつづき、ネット世界の凝縮形としての2ちゃんねるに対して肯定派・擁護派の声を聞いている。さらに、ブログという名の言論空間、そしてその炎上のメカニズムへと続く。

以下、ケータイ文化論、ネットのビジネス性、ネットの未来のためにと、興味ある章がつづく。

ネット社会の闇に対して、フィタリングやオープンIDといった顕名性への重視という流れがあるそうだ。筆者はどちらにも懐疑的だが、明確な打開策は最初に触れたように提示していない。ネットリテラシーの向上に期待はしているが、ぼくは、ビジネスの章で書いてある筆者の以下の見解にこころが動かされた。

私にはこんな思いもある。「ビジネスなど度外視して、好意をやり取りし合う場に徹したほうがネットは発展する」(p233)

村井純 著『インターネット新時代』を読んだ

インターネット新世代 (岩波新書)著者によると、グローバル空間とは、国という縦社会を一つの空間として結ぶ人類初めてのものだという。それはインターネットができてからなので、ほとんど21世紀になってからのことだという。

グローバル社会とかよく言われるけれど、もう一つイメージできなかったのは、そんな新しいことだからということになるのかな。本書を読むとグローバル社会のイメージがかなり鮮明になってくる。

テレビのデジタル化とか携帯電話、クラウドコンピューティングなど、具体的なものの機能と意味の説明が多く、また分かりやすいので、現代のテクノロジーの現状を知ることができる。あくまでも、それらはデジタル情報ということでグローバル空間の説明につながっているわけだ。

そして、本書は現代社会が直面する課題を解決して未来への夢を考えようとする前向きな内容なのだが、厳しい現実を突きつけられるという一面もあった。

情報機器の進化とともにグローバル社会は進化し続けることが本書で強く印象づけられた。つまり、どこまでもグローバル社会の進化と付き合って行かなければならないということ。それができないときはどうなるんだろう。それは考えたくないので、前だけを向いて走るしかないんかなというのが本書を読んでの印象だった。

本書の最後で1995年1月の阪神・淡路大震災に触れている。震災の直後、友人知人の安否を気遣う人々によって、安否情報がインターネットによって伝わったと書いている。当時、インターネットはごく一部で、ネットというとパソコン通信が一般的だった。

ぼくはそのパソコン通信を使った安否情報を提供するボランティアグループに参加していた。グループの活動を通じて、すぐにインターネットを知ることとなったが、その年に、本書の著者による『インターネット』が出版されている。その15年後のいま『インターネット新時代』を読んでいるわけで感慨深いものがある。

この15年、インターネットは常に進化していたけど、今から振り返るととてもゆっくりとした進化と感じてしまう。それはこの数年の進化のスピードが激し過ぎるせいだと思う。しかし、本書を読めば、進化の加速は増々激しくなる予感だ。

村井純 著(岩波書店[岩波新書1227]、2010年1月発行)

林信行 著『進化するグーグル』に感化された

進化するグーグル進化するグーグル (青春新書INTELLIGENCE)
(青春出版[青春新書]、2009年1月発行)

グーグルが提供するサービスの紹介書とも読めるが、グーグルの戦略を分かりやすく解説したところに主題があるのだろう。これにすっかり感化されてしまった。今まで、グーグルのサービスについては検索機能をメインにしているだけで、ほかのサービスを利用することに消極的だった。この本を読んでからは、それらに対して積極的になろうという気になった。

本書は、グーグルの歴史とサービス、そして未来戦略をやさしく解説したもの。グーグルの事業内容は非常に幅広いが、そのすべてのサービスはある一つのシンプルなルールに基づいているという。それは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」というグーグル社の創業以来変わることのないミッション・ステートメントだという。本書を読むと、この企業理念が事業としてどのように具体化しているのかが理解できる。

グーグルは1998年創業だが、2002年にグーグル社の検索サービスのAPI(Application Program Interface)の公開を発表している。これは検索サービスを使っているだけのぼくには何のことか全く分からないでいた。もっとも分かろうとしなかったわけだけど。

APIとは、グーグル社のサービスを他のプログラムから利用可能にする技術だそうだ。つまり、開発者が自社のソフトに検索機能を用意したい場合、自社開発しないでも、グーグル社のサービスの機能を利用できるようにするもの。利用する側は非常に助かることになる。グーグルは現在、カレンダーや地図サービスなど多くのサービスでAPIの公開を行っている。これがミッション・ステートメントと深く関わるというところを理解できるところが、本書のおもしろいところだと思う。

ぼくたちはメディアが取り上げるグーグルのサービスばかりに目を向けがちだが、グーグルが目指しているのは、人気サービスの開発ではないらしい。IT業界全体が利用する技術インフラ、あるいは情報社会インフラの構築であり提供だと書いてある。これはAPI公開で行き着くところを言っているのかな。

90年代のIT革命は、マイクロソフト社が提供するOSを技術基盤としていた。マイクロソフト製OSのAPIを利用してたくさんのアプリケーションが誕生し、ソフトウエア産業が盛り上がった。これと同様に、21世紀のIT革命は、グーグルがインターネット上に点在する人類の叡智を整理、集約、OS化し、世界中のIT企業がグーグルの提供する技術基盤の上でサービスを構築していく。これこそがグーグルが本当に目指していることだろう。(p129)

こういったグーグルとは一体、何なのだろう。著者は個人的見解と断ったうえで、

グーグルは、21世紀に相応しい社会や仕事ぶり、暮らしぶりとは何かについて、考えるきっかけを与える巨大な実権プロジェクトではないかと思っている。(p35)

と言っている。

「Twitter」をやろうかと思った

Wiredvisionの今日の記事『つぶやきは新しい思考の単位か:Twitterの未来』を読んで、やってみようかという気になった。先日もアップルストア心斎橋の「CSS Nite in KANSAI」で司会の鷹野さんが、ツイッターが大変なことになってますね・・・。情報収集ツールをRSSからTwitterに変える人が増えているそうですよ、なんて言っていた。でもな~、なんかよく分からないし、と思っていたら、上記の記事にこんなことが書いてあった。

『Twitter』は人気があるようだがそのポイントがよくわからない、と思う人は心配に思わなくてもいい。誰もがそうであるからだ。

背中を押された感じだな。