リーバイスのカタログ “WE ARE 501”

20160227-IMG_1562

リーバイスのカタログ “WE ARE 501” が届いた。写真のモデルさんたちの存在感がすごくておもわず見入った。サイトにも同じ写真が載っているが、印刷されたカタログの方が迫力ある。

《リーバイスの “WE ARE 501” ページ》

『FRaU 3月号』の山口智子の記事に感動

20160218-IMG_1438

近所のおいしいパン屋さんでバケットを買った帰り、スーパーにイワシがあったので久しぶりに、白ワインでイワシを煮込むグラナダ風料理が食べたくなって買う。そのスーパーの2階に上がり、料理に使う500円の白ワインを購入。酒売り場の隣の雑誌コーナーで『FRaU 3月号』を探して、昨日ネットで知った山口智子さんのインタビュー記事を立ち読み。字が細かくてしんどい。ペラペラと他のページをめくったらファッションや料理ページがすごくおしゃれだったので、これは買うべしとなった。

帰ってから山口さんの記事「1万字スペシャルインタビュー 山口智子 大人になってからが人生は楽しい」を夢中で読んでしまった。テレビを持ってないので女優山口智子をぼくは全く知らない。でも、鳥肌が立つほど感動。どこに感動って、たくさん共感できること多すぎ。そのうえ、ぼくが今までカミさんの他には口にしていない(できなかった)ことを有名な山口さんが雑誌でサラリと言っている。その潔さに感動したんだ。

私はずっと特殊な育ち方をしているので、血の結びつきを全く信用していない。私はずっと、「親」というものになりたくないと思って育ちました。私は、「子供のいる人生」とは違う人生を歩みたいなと。

この言葉にもけっこう共感しつつ感動したけど、以下の言葉にはもっと感動。

自分の夢を考えないようにして育った反動なのか、自分の好きだと思えることを、仕事として選び取っている人への憧れがありました。

山口さんの生家は旅館業で、彼女は旅館の女将になることを期待されて育ったという。ぼくの生家は敗戦で資産を失った小規模だけど、没落した商家で、商売はしていないのに商家のプライドだけは高かった。決して夢を持つな!と言われたわけじゃない。夢を持たないように「家」がぼくを育てたわけ。そんな家制度の重圧の中で、母は長男のぼくへの愛は溢れるほど持っていたはずなのに、それを表現できないままだった。ぼくもまたずっと、母を愛することを知らずに成長したんだ。

そのせいか、ぼくは十代のわりと早い頃から「家庭(子供)を持たない」を決めていた。もう言われることはないけど、「子供はまだか」の合唱はすごかった。「はげんでいるんですけどね・・・」とごまかしていたけど、本音は口にしたことがない。いや、できない空気に負けていた。山口智子さんのインタビュー記事を読んだから、これからは聞かれたら本音を言えると思う。

故郷への喪失感に語っている部分もすごい。

定められた道から逃れるように、故郷から飛び出したわけです。だから今も、故郷というものへの喪失感は強いですね。自分の帰る場所がどこなのか定まらないまま、何かをずっと探し続けているような・・・。(中略)本当の魂の故郷はどこなのだろうかと・・・。

共感に涙がにじむよ・・・。

ベジタブルファーストを実践中!

yasai.001

雑誌『クロワッサン』のダイエット特集で「ベジタブルファースト」というのを知って実践している。食事のまず最初にボウル1杯のサラダを食べるという食事方法なんだ。前から、まずバナナを食べるのがいいというのを聞いていたけど、同じ考えだと思う。要は野菜に含まれる植物繊維をまず摂ることで、以後の食べ物からの余分な栄養吸収を防ぐのが目的らしい。あ、ぼくは十分に体重が落ちているのでダイエット目的じゃない。糖尿病が心配で糖質制限をやってる。

せっかくのベジタブルサラダなんだから、これも楽しもうとできるだけいろんな種類を混ぜている。上の写真は最近のある日のサラダの材料で、左からルッコラ、ケール、サニーレタス、ピーマン、ラディッシュ、紫キャベツ、フェンネル。特にサラダにするために買ったのは、ケールとサニーレタス、それと紫キャベツかな。他のものはピクルスやマリネに使った残りだったりする。この日は冷蔵庫に在庫がなかったけどスイスチャードも好き。ビーツの葉っぱを入れることもある。淀屋橋の野菜市に行けばまだ食べたことのない色々な葉物野菜が売ってる。これからも楽しみ。

サラダといえば昔はキャベツだったけど、最近はキャベツでドイツ調理の “ザワークラウト” を欠かさずに作って、たくさん食べているのでキャベツを野菜サラダに入れることはない。なお、写真には遊びで英語名を入れた。名前が日本語と英語で随分と違うことが分かってちょっとびっくり。ピーマンが Green pepper だって知らなかった。

糖質制限をやってる

20160120-IMG_0827

  • 2005年6月 1日2食をはじめる
  • 2010年8月 菜食をはじめる(2015年9月まで)
  • 2015年10月 糖質制限に切り替える

という具合に我が家は5年周期で食生活が変わっている。周期は意図したものでなく、上記のように書き出したら5年周期になっているのでその偶然に驚いた。切り替えと言っても、それまでのスタイルを継承している。菜食の時も、今の糖質制限でも1日2食は続いている。糖質制限になって肉や魚を食べるようになったけど、菜食で覚えた野菜料理のレシピはいかされている。

去年あたりからご飯やパン、パスタを減らしたほうがいいだろうと思い始めた。でも、菜食をやっててそれらを減らすのは難しい。肉や魚を食べて炭水化物を減らそうとなった。でも、肉をどのぐらい食べていいか分からないまま、徐々に炭水化物を減らしていった。

雑誌『クロワッサン』ダイエット特集で肉は100gまでとあって、それなら経済的にも糖質制限が可能だと思い、積極的に実行することにした。さらに、夏井睦著『炭水化物が人類を滅ぼす』を読んで、本気でご飯、パン、パスタを減らし、お菓子や料理に使う砂糖をやめる決意を固めた。

クロワッサン 2016年 1月25日号 No.917 [雑誌] 炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)

元旦最初の食事がトマトマカロニスープ (;_;)

トマトマカロニスープ

あけましておめでとうございます。
これ、元旦最初の食事です。31日にクラブのはしごで飲みすぎちゃって、体調最悪。午後に起床して、なんとかこのトマトマカロニスープを作って食べました。トマトスープは冷凍庫の作り置き、火にかけてマカロニを入れ、柔らかくなったらできあがりの簡単料理。左は赤カブの甘酢漬け。
元旦といっても特別な事や食事をしないのは例年通りですが、最初からきちんと食事ができないのはムチャ情けない。
今夜は楽しみにしていたパーティもいけないし(泣)、健康のためにも酒の飲み方を変えようと誓ったのでした。
みなさま、今年もどうぞよろしくお願いします。

・・・と、Facebook に書いた。

BONOXの温度計を買う

IMG_6716aゴミ箱を探しに入った雑貨店で、BONOXの温度計を買った。税込みで802円。2日間使っているが、とても見やすい。

これまでは、最高、最低温度が分かる水銀色だった。便利だけど、ちょっと見にくいので、寒い起床時に見る程度だった。このBONOXは見やすいので、頻繁に見てはガスストーブの温度を調整している。衝動買いだけど買ってよかった。

TRANS-LANKHE(トランランケ)
http://www.translankhe.com

 

あの子と呼んでいたゴキブリが死んだ

昼ご飯を作ってたらカミさんがそばに来て「ゴキブリが死んでるよ」と言う。
「あの子やろか?」とオレ。
「あの子に間違いないよ」
「オレ、食事作ってるから始末してよ」
「隅っこの見えないとこで死んでくれたらいいのに・・・」と愚痴るカミさんについて行くと、オレのデスクの下で死んでる。

あの子が現れたのは2週間ほど前。ゴキブリホイホイにかからない賢いヤツで、居間をテリトリーにしていた。二人で食事をしてたりDVDを見てるとチョコまかと歩き回る姿がよく視界に入る。ゴキブリを始末するのはぼくの分担。殺虫剤は置いてないので、折り畳んだ紙の一撃でつぶしてしまう。しかし、そいつはその一撃からも上手に逃げて生き延びた。ある日、カミさんの後をチョコチョコとついて行くのを見て、ぼくはあれを殺すのはやめようとカミさんに提案した。それから二人でそのゴキブリを「あの子」と呼ぶようになった。

あの子と呼ぶようになって今日で1週間ぐらいかな。ほんとになぜ目の届かない隅っこで死ななかったんだろう。たいていのゴキブリはそうだろう。まるでこの世におさらばしたことをぼくらに知らせるみたいに死んでいた。

うつぼ公園でジョギング再開

1376263185 13762631871376263190 13762631941376263199 1376263205

うつぼ公園でジョギングを再開さた。昨日は2kmをヨタヨタと走っては歩きだったけど、今日は2kmをスローながらも走り通した。16分半、1km当りのアベレージは8:12。
ジョギングは去年の6月にやめている。そのときは5kmを1kmあたり7分台前半を目標にやっていた。ある日、白目の毛細血管が切れて白目が真っ赤になってしまった。ジョギングが原因かどうかわからないけど、血圧が上がったせいだと思ってジョギングを中止したんだ。今回の目標は3km。1kmを8分台のゆっくりペースを守ろうと思う。

ジョギングは、寒い冬場は中止して春になると再開というのをも10年以上も続けているのでやっぱり走りたくなる。それに、最近はクラブに行っても身体が重い。で、ジョギングを再開したわけ。やっぱりフロアでは長時間踊り通したいw

写真はうつぼ公園の周回路。約1.6km。ジョギング用のコースではなく、公園内の散策路。市民ランナーが何人もすごい早いペースで走っている。

グリーンピースは糖尿病予防食

大豆と野菜の豆乳入りスープ
大豆と野菜の豆乳入りスープ
カレースープ
カレースープ

 

ここ2日間、残りスープを温める際に冷凍のグリーンピースを入れている。もともと好きだし、入れると色どりもよくなるのだが、グリーンピースは糖尿病予防食だと週刊誌で読んだので積極的に食べるようにした。

グリーンピースに含まれるビタミンB1が糖の代謝を促す効果が高いそうで、糖尿病予防食にはマストな食品と週刊現代6/29号のグラビアに載っていた。ネットでも確認しようと検索したら、NHKの番組「ためしてガッテン」で糖尿病予防にグリーンピースを進めていたことが分かった。

もう何年も前のことだが、眼科でもっとビタミンB1を取るように言われたことがある。豚肉をたくさん食べるようにと、その頃はまだベジタリアンをやってなかったので積極的に豚肉を食べた。「栄養素別食品一覧 ビタミンB1」のページを見ると、グリーンピースの含有量の多いのが分かる。