真夏のうつぼ公園

先週は急ぎの仕事が重なって、このブログも書けないでいた。まだ、忙しいのが続いているけれど、2日の日曜はゆったりと過ごした。写真は昼下がりの大阪西区のうつぼ公園。この2日は早朝まで仕事をしてたが、5時過ぎに猛烈な雨が降った。その水たまりが残っている。真夏の風景だったけど、水たまりがあるのはやっぱり梅雨の風景か。

1311236525 1311236527 1311236530 1311236534

《追記》
3日昼のニュースで「関西地方の梅雨は明けたもよう」と言っていた。

うつぼ公園のバラ / ハマナス

1256840412 12568404141256840417 12568404211256840426 1256840432

遙か 遙か彼方にゃオホーツク
紅い真っ紅なハマナスが
海を見てます 泣いてます
その名も網走番外地
(「網走番外地」原詞:伊藤一、替え歌:タカオ・カンベ)

もう何十年もむかしのことだけど、網走でハマナスを見た。正確には網走と斜里の間の海岸、たぶん小清水の原生花園だったと思うがはっきりしない。カミさんと二人で、ほかに誰もいない海辺をオホーツクを見ながら歩いた。
その頃は大阪の深夜映画館でヤクザ映画をよく見ていたので、もちろん高倉健の『網走番外地』を意識してハマナスを見ていた。

写真のハマナスは大阪西区うつぼ公園のバラ園。バラの原種を集めた一角に咲いている。忙しくなる前に撮った写真だから14日頃か。夕方。

Rosa rugosa、ロサ・ルゴサ(ハマナス)
日本~東北アジア 原種

うつぼ公園のバラ / サクライバラ

1337152472 1337152474 1337152477 1337152481 1337152486 1337152492

今日も仕事に専念だったが、歩かないことには体調が悪くなるんで、午後のうつぼ公園へ。このブログも時間をかけて書けないんで、連日公園ネタでごまかす・・・。でも、ローズガーデンのバラが原種を先頭に咲き始めているので、できるだけ記録しておきたい。今日の大阪の最高気温は28度だったとか。直射日光にあたっているとかなり暑い。公園は家族連れやグループでいっぱい。

うつぼ公園のバラ / デンティ・ベス

1230128454 1230128456 1230128459 1230128463 1230128468 1230128474

8月6日午前、晴天の写真。
Dainty Bess デンティ・ベス
イギリス アーシャー 1925
ハイブリッドティー系

連日35度前後と大変に暑い。暑い中、公園の職員さんたちのお世話のかいあって、あっちこっちでバラが咲いている。このデンティ・ベスは6月13日に記事をアップしているが、その時の新芽が咲いている。水滴が残っているが、前日夕方の雷雨のせいだろう。

うつぼ公園のガーデンキャット(16)

1250586481 1250586483

夜のうつぼ公園21時頃(27日)。それほど暑くはないが、少し蒸し暑い。エサを持ってくる人を待っているようだ。このネコのファンはけっこういるみたい。昼間だと、ベンチの上で若い女性の相手をしているのをよく見かける。ぼくにはこうして写真を撮っていても無関心だ。こっちも遠慮してフラッシュを切って、ちゃちゃと撮って立ち去った。しかし、このネコはブログによく登場している。2005年9月18日が最初。そういえば歳をくったように見える。

うつぼ公園のガーデンキャット(15)

1284251602 1284251604

5月29日の夕方の写真。このネコは今までに3回撮っている。
2005年9月1日
2006年8月23日
2006年11月13日
この日は1年半ぶりの写真になる。ずいぶんと太っているようだ。最初の2005年9月はまだ公園内居住者に飼われていた。大人になりかけているから、誕生したのはたぶん2005年の始めに違いない。その年の春頃にさかんに目にしている。しなやかな身体をした子ネコで、たぶん兄弟のネコたちだと思うけど、一緒に遊んでいた。そのなかでもこのクロネコが目立っていた。青いシートを広げた屋根にピョンと飛び乗る様は見事だった。

夏には飼い主が木陰で昼寝をしている周りで、3匹で遊んでいるのも数回見かけたが、可愛いったらなかった。2006年の始め、寒いときに公園内居住者の強制撤去があった。直後から公園の改修のために立ち入りができなくなった。見かけたのは2006年の8月だった。このとき、置いていかれたことを知った。その8月と11月の写真はほとんど同じ場所だ。

2008年5月の写真は、2006年の場所から離れた、元の飼われていた小屋の近くだ。数ヶ月前からこの辺りでよく見かけるようになった。特に夜など、特定のファンが相手をしている。肥満に見えるのは冬の毛がまだ抜けていないせいもあるだろうが、餌に不自由していないからに違いない。でも、一度人に飼われて可愛がられたネコはどことなく寂しげだ。

うつぼ公園のバラ / パット・オースチン

1243084887 1243084889 1243084892 1243084896

今日(29日)は雨が上がった。夕方、うつぼ公園で少しだけジョギング。横から差し込む太陽の光で、アプリコット色のバラが輝いていた。イギリスのパット・オースチンだが、ここのところの雨と風で花びらが散乱している。最近は夜中のウォーキングが続いていたので、明るいバラ園は久しぶり。多くのバラが咲ききっていた。

夕方、快晴の写真。
Pat Austin パット・オースチン
イギリス オースチン 1997
シュラブ系(イングリッシュローズ)

うつぼ公園のガーデンキャット(14)

1244734125 1244734127

夜中のうつぼ公園で健康ウォーキング。一匹のネコが用事ありげにちょっと急ぎ足で、並走している。横目で見ながら歩いていたが「不思議の国のアリス」のウサギみたいでおもしろい。ケータイのカメラをセットして先回りして待ったら、しばし佇み、カメラにおさまるや、しゃがんだぼくの足に軽く触れて闇に消えて行った。