ダダリズムを聞いて釜ヶ崎へ

ホテルが並ぶ環状線新今宮駅南側、通称釜ヶ崎
ホテルが並ぶ環状線新今宮駅南側、通称釜ヶ崎

2015/03/21、ンチチビルのダダリズムを聞いた。小さな空間に大勢のオーディエンス。一番前の椅子に座った。目の前に2台のドラムセット。音が渦を巻いて体に沁みこんできた。

ダダリズムの音が心の何かのスイッチを入れたらしい。歩きたかった。ンチチビルを出るとすぐJRの高架にぶつかり、そのガード下をくぐり抜けると釜ヶ崎だった。路上で男たちが寝てて、路上で黒猫たちが遊んでいる。一泊1400円の安ホテルの看板の明かりで、街路樹の白いモクレンの花が闇夜に浮かび上がる。孤独な街の白いモクレンは場違いな花嫁衣装のようで淋しすぎた。

街に漂う小便の匂いを嗅いで、強く昔を思った。40年以上も昔の20代前半、オレはこの街にいた。日雇いをやっていたので早朝に寄せ場に通った。路上に並ぶ飯屋で朝食を食い、人夫を集めるマイクロバスがぎっしりと並んだ、喧騒の中でその日の働き口を得た。夕方、街に帰り、飲み屋で、コップに注がれる焼酎を飲んだ。軒を連ねる飲み屋から笑い声や罵声と共に「ここは天国釜ヶ崎」の演歌が流れていた。今、あの喧騒はない。変わらないのは小便の匂いだ。

三角公園を目指したが、見つからない。迷ってしまったらしい。強い酒が飲みたかった。でも、のれんをくぐるのを気後れしている。今じゃオレはこの街の余所者だ。三角公園を探して歩き続けた。やっと見つけた夜の公園に佇んで、この街に引っ越してきた最初の日、公園の地べたに並べられた日用品の品々の中から電気炊飯器を買ったあの日を思い出した。会社勤めに嫌気がさして吹き溜まりに流れ込むようにしてこの街にやってきた。あの日、街の喧騒に救われていたが、今の釜ヶ崎は淋しいだけの街だった。

(Facebook より転載)

ンチチビルのダダリズム(2015/3/21)

20150321-IMG_8068

ダダリズムの演奏を聞きにンチチビルへ向かった。地下鉄大国町駅で下車。南海本線の高架を目指して歩いた。高架の向こうに見えるのは通天閣。

20150321-IMG_8070

南海本線の高架に沿って少し歩いてンチチビルを見つけた。

20150321-IMG_8072

これがンチチビル。ダダリズムの演奏は階段を上がった3階で行われている。

20150321

《ダダリズムサイト》

細野ビルヂングの66展XI オープニングイベント

1443540869 1443540871 1443540874 1443540878 1443540883 1443540889

大阪西区新町4丁目の細野ビルヂングの11回目の「66展」が始まった。初日の6日はオープニングイベントが行われた。この日にここで年に一度会う人がたくさんいる。今年も会いましたね、と挨拶して、終わると、また来年と別れる。

写真は、
挨拶をする細野さん
小澄源太さんのライブペインティング
Mohikan Family’s のライブ
デミのライブ
King Columbia のライブ
“素敵なあなた”のフィナーレ、dance 樋口洋子さん、song ふじたゆかりさん

X’MAS MAGICAL TENT で野菜をたくさん買った

1413366482

23日、大阪西区新町北公園の「X’MAS MAGICAL TENT(http://pontax.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/12/12001800_xmas_m.html)」で「やむさい(http://www.yamsai.net/)」の野菜を買った。最近はダイコンやカブ、ニンジンの葉付きのものが売ってると嬉しくて買ってしまう。もちろん葉も食べる。写真のダイコンも写す前日にうどんすきに入れたのであんまり残ってない。今夜はホウレン草をゴマ和えで食べたけど、ムチャ美味かった。

左のブロッコリは買う時に皮をむいてくれたのを生で食べさせてくれたんだ。もりろん美味かった。ゴボウの茎も食べられると言っていた。

大阪市のガレキ処理説明会(13日)

IMG_6272

大阪市のガレキ処理説明会(13日)に行った昨夜はずっと起きていた。すごく疲れているのに眠る気になれなかった。逮捕者が出たが、警察の恣意的判断で誰でも逮捕できることがはっきりした。

今回のは誰もが自由に入れる区民ホールへの建造物侵入だそうだ。10月5日の関電本社前の逮捕は「転び公妨」という手を使って公務執行妨害罪。昨年から続いているクラブ摘発はカビが生えてそうな戦後間もなくの風営法だった。部屋にこもってテレビでも見てろ! ってことなんか。これってとてもヤバい社会じゃないのか。

上の写真はガレキ説明会の入口付近。当日夕方、会場が混乱状態なツイッターが流れた。それをユーストで確認しながら家を出て会場に向かったんだ。駅を降りて出会った知人に知ってる状況を説明しながら会場に歩いた。写真の入口付近はジャンベやコールで騒然としている。逮捕情報を知人たちが聞かせてくれる中を受付に向かった。

IMG_6284 IMG_6312 IMG_6357 IMG_6365

[写真左上]ガレキ説明会の会場に入ると、説明会のこれまでの経緯を熟知している数人が、この日の意味を説明している。大勢の職員が配置されているのは前回(10月7日)と同じだが、前方の人間の壁が今回はなかった。

[写真右上]始まると場内はすぐに騒然となり、誰にも聞こえない中を役人は淡々と説明に終始した。写真は配られた資料に女性たちがメッセージを書いて後方のテレビカメラの前にかざしている様子。

[写真左下]ガレキ説明会が終わった出口。前方からデモの人たちが中に入ろうと阻止する警官たちともみ合っている。後方から増援が来て押し返したが、出ようとする人は増える。混乱状態に陥ってはと心配して脱出口を探した。

[写真右下]ガレキ説明会場の外。説明会前の4人の逮捕者状況の説明後、モジモジさんが説明会を解説。この後、此花警察署へ逮捕の抗議に向かった。

御堂筋淀屋橋の物産展

昨日、市役所からの帰り自転車で御堂筋を走っていたら、白いテントを張った物産展が行われていた。沖縄のモズク、丹波のコイモと干し柿を買った。1ヶ月か2ヶ月前にもやっていた。そのときはモズクだけを買った。定期的にやっているのかもしれないと気になり、Google マップの写真表示でビルの名前を控えておこうと調べた。どうやら、三井住友海上大阪淀屋橋ビル(大阪市中央区北浜4-3-1)と淀屋橋odona の前のようだ。地図では二つのビルだが、実際に前に立つと一つの大きなビルとしか見えない。前面に大きな柱があるので間違いないだろう。

さらに調べると「☆ 淀屋橋Odonaの前にてパシャり♪」という facebook のページが出てきた。これには白いテントの写った写真が貼ってある。ここに間違いない。
http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=311376068942301&id=111767082236535

SHINGO西成の豪雨の釜ヶ崎三角公園ライブ

1359865894SHINGO西成の釜ヶ崎三角公園ライブに行ってきた。三角公園を目の前にしてどしゃ降りの雨。SHINGO西成が「ここは天国釜ヶ崎」を熱唱している。好きな唄や、いいタイミングだった。光る稲妻と雷鳴、そして豪雨。ステージ前のみんなずぶ濡れ。ぼくもたちまち下着から靴下まで、あっという間にずぶずぶや。ムチャいいライブやった。

でも、ライブの後の盆踊りが中止になって残念。今夜は釜ヶ崎で遊んでいくつもりやったけど、風邪をひきそうでまっすぐに地下鉄動物園前をめざして急いだ。21才になってすぐにぼくは北海道から大阪にやってきた。紹介されていたデザイン事務所では仕事ができず、下町の印刷工場へ行かされた。でも、大阪弁がよく分からず人間関係がうまく行かなくって、釜ヶ崎に逃げ込んだ。60年代のことだ。

まず、飛田遊郭の近くにアパートを借り、この三角公園の市で電気釜とか日曜雑貨を揃えたんだ。そして日雇い労務者を続けた。万博前で景気がよくて、そこは天国だった。誰に気兼ねをすることもなく、気楽な毎日だった。釜ヶ崎に居場所を見つけられなかったら、ぼくはどうなっていたか分からない。だから、釜ヶ崎は故郷みたいなものだ。

galaxy galleryのKC個展

13662318112012.02.10 galaxy gallery 行ったんだけど、pratas では『Into The Light』Mixed by YA△MA – RENOVATION NU Release Party!!!! 。ya△maちゃん回してるし、galleryじゃー、KC (live paint) × uvAntam a.k.a UBAR TMAR (サウンドインスタレーション) と、あそこはなんちゅーかぼく的にはすごい空間になってた。

KC個展は5日のオープニングと10日の2回行って作品をじっくり見られた。ライブペインティングを見られたのもほんと良かった。11日のライブは行けなくて残念だった。

去年の KC個展 ”Bon Voyage” 2days closing pARTy!!! で初めて見て、今回が2度目。またの機会があれば絶対に見たい。

ilili presents『 F.A.M ! 』@細野ビルヂング

1296649053 12966490551296649058 12966490621296649067 12966490731307649098 1307649100 1307649103 1307649107

12日午後、クライアントと何度も電話で打合せ。それも夕方には済んでホッとする。晩ご飯もそこそこに近所の新町4丁目、細野ビルヂングに出かける。『 F.A.M ! 』というタイトルのよ~分からんイベントが行われている。しかし、ま~、驚いたよ。

「ファッション × 歴史的建造物 × 音楽 × 映像 × ダンス
WEBセレクトショップilili(イリリ)が提案する新しいファッションショー!」
フライヤーに書いてある。これが全てを語っていると、見終わって思う。

ファッションショーというよりも、クラブイベントに近いかも。実際、クラブで出会う人たちが何人も来ていた。しかし、この細野ビルヂングは歴史的建造物で、傷みもあって音量は制限されている。そんな条件でよく頑張ったと思う。そして、細野ビルヂングをよくここまで生かした思う。長年、ここでのイベントを見てきたが、このビルを生かした最高のイベントに一つになるに違いない。

斬新なファッション、ノイジーなサウンド、めくるめく映像、コンテンポラリーダンス。そこに、三味線、和太鼓、横笛のユニットが共存して異空間が創出されていた。
この空気を伝える写真はもっとある。主宰者サイドの写真も提供される手はずになっている。細野ビルヂングイベント情報サイトにはムチャクチャにたくさんの写真を載せたい気分だ。

ブランド:Morklo、アリヒルア、HE?XION!
出演:パフォーマンス/東野祥子(Baby-Q Dance Company)
音楽: WATER FAI、カジワラトシオ、
蓮風(三味線,和太鼓/村下正幸,友岡宣仁),山本修司(篠 笛), NATIHO TOYOTA
モデル:RIKA、YUU、KANAKO
DJ:BING a.k.a Kajiwara Toshio
映像:MRT-Qno1 , HiraLion (BetaLand)
美術:humAn/flower
(以上クレジットは、公式サイトより転載)

Yoshitake Expe Space Guitar Exhibition 2008 の九日目

081111-1 081111-2

Expeさんの細野ビルにおけるイベントの最終日は灰野敬二さんとのディオ。実は、もう10日も前の11日のライブだ。あまりの感動にすぐに感想を書けないうちに、忙しくなった。明日(21日)の今頃は、Expeさんの鰻谷SANSUIでのイベントを聞いているはず。その前に九日目の感想を書いておきたくなった。ライブの感動は間を置かずに書くべきだ。10日前の熱気を思い出すのは難しい。

灰野敬二を知ったのは、「自由の意思~アンダーグラウンド・ミュージシャンたち~ 五海裕治写真集」という2003年発行の写真集だった。それは29人のミュージシャンの写真とインタビューからなっている。そこに灰野敬二さんが載っている。すごみのある写真で、著者は「灰野敬二は世界の最も優れた音楽家のひとりであろう」と書いてある。

その灰野さんの演奏を目の前で聞くことができた。正確にはYoshitake Expeさんとのディオによるフリー・インプロヴィゼイションで、二人の作りだすめくるめくサウンドの世界に没入した。これがライブだと思った。究極のライブ演奏だ。

灰野さんのノイズなサウンドにExpeさんのファンクなギターがからむ。そのとき、Expeさん独特のあのセクシーな指使いがすごいスピードで持続する。まるで永遠に続いているかのような二人のセッションだった。

演奏後、ライブ会場のみで販売するという灰野さんのDVDを買い、サインをしていただいた。ライブの感動を持ち帰ることは難しい。こうして書いているキーボードの傍らにそのときのDVDがある。サインの文字を見るとき、記憶に刻まれた灰野さんとの短い言葉のやりとりがよみがえる。