ダダリズムを聞いて釜ヶ崎へ

ホテルが並ぶ環状線新今宮駅南側、通称釜ヶ崎
ホテルが並ぶ環状線新今宮駅南側、通称釜ヶ崎

2015/03/21、ンチチビルのダダリズムを聞いた。小さな空間に大勢のオーディエンス。一番前の椅子に座った。目の前に2台のドラムセット。音が渦を巻いて体に沁みこんできた。

ダダリズムの音が心の何かのスイッチを入れたらしい。歩きたかった。ンチチビルを出るとすぐJRの高架にぶつかり、そのガード下をくぐり抜けると釜ヶ崎だった。路上で男たちが寝てて、路上で黒猫たちが遊んでいる。一泊1400円の安ホテルの看板の明かりで、街路樹の白いモクレンの花が闇夜に浮かび上がる。孤独な街の白いモクレンは場違いな花嫁衣装のようで淋しすぎた。

街に漂う小便の匂いを嗅いで、強く昔を思った。40年以上も昔の20代前半、オレはこの街にいた。日雇いをやっていたので早朝に寄せ場に通った。路上に並ぶ飯屋で朝食を食い、人夫を集めるマイクロバスがぎっしりと並んだ、喧騒の中でその日の働き口を得た。夕方、街に帰り、飲み屋で、コップに注がれる焼酎を飲んだ。軒を連ねる飲み屋から笑い声や罵声と共に「ここは天国釜ヶ崎」の演歌が流れていた。今、あの喧騒はない。変わらないのは小便の匂いだ。

三角公園を目指したが、見つからない。迷ってしまったらしい。強い酒が飲みたかった。でも、のれんをくぐるのを気後れしている。今じゃオレはこの街の余所者だ。三角公園を探して歩き続けた。やっと見つけた夜の公園に佇んで、この街に引っ越してきた最初の日、公園の地べたに並べられた日用品の品々の中から電気炊飯器を買ったあの日を思い出した。会社勤めに嫌気がさして吹き溜まりに流れ込むようにしてこの街にやってきた。あの日、街の喧騒に救われていたが、今の釜ヶ崎は淋しいだけの街だった。

(Facebook より転載)

ンチチビルのダダリズム(2015/3/21)

20150321-IMG_8068

ダダリズムの演奏を聞きにンチチビルへ向かった。地下鉄大国町駅で下車。南海本線の高架を目指して歩いた。高架の向こうに見えるのは通天閣。

20150321-IMG_8070

南海本線の高架に沿って少し歩いてンチチビルを見つけた。

20150321-IMG_8072

これがンチチビル。ダダリズムの演奏は階段を上がった3階で行われている。

20150321

《ダダリズムサイト》

維新派の野外公演の屋台村へ行った

IMG_6054aIMG_6055a IMG_6058aIMG_6062aIMG_6064a IMG_6065a

維新派の野外公演が中之島GATEサウスピアで行われていると知った。1970年代にはよく維新派の芝居を見に行っていた。屋台があったりで演劇だけでなく、その場の異次元的空間を楽しんでいた。そんなノスタルジーにひたりたくて、わりと近くの中之島GATEサウスピアへ自転車で行ってきた。

西風の強い本町界隈を買物に走る

起床すると「大阪府の風予測」サイトを見るのが日課になっているけど、7日は強い西風で、ガレキ焼却を始めた1日以来最悪の風だった。しかし、この数日は外に出ていないので、野菜やパンなど食料品の買い置きが無くなった。前日と前々日は微風だったし、西風じゃなかったし、そういう時に買い物をしておくべきだった。悔やんでもしょうがない。今後の反省にして、今日はN95をしてさっさと済ませてしまおうと、午後、強い西風の吹く本町界隈を自転車で走り回った。

帽子の上にさらにパーカーのフード、そしてN95タイプのマスクで防護。四ツ橋筋や御堂筋を横断しながらビジネス街を走ったが、完全に浮いてたな。約2名のビジネスマン男子が一瞥をくれてニヤリと笑ってた。「放射”脳”」と思われたかな? いやいやぼくは好意的笑顔と受け取った。

行きつけのお店へ入るなり店主が口元を両手でおおって「おっ、早速やってますね」ときた。「今日は西風が強いからね」と答えた。この人とはガレキの話しをしたことがないのに、理解者がいてホッとする。

1時間ほど、道ゆく人々を注意深く観察しつつ移動したが、N95らしきタイプは一人だけ。風邪用マスクはいつもと同じ。2重にしているか注意したけど、そんな人はいなかった。ぼくの予想ではもう少し警戒心の強い人がいるはずと思ってたけど、予想ははずれた。いつも通りの本町界隈。下校途中の小学生たちの屈託の無い笑い声がビル街に響いていた。いつもと変わらない。何も変わらない。だから見慣れた街が不思議な光景だった。

舞洲工場でガレキの本格焼却が始まった

今日から、大阪此花区の舞洲工場で東日本大震災により生じた廃棄物の本格焼却が始まった。最大の防御は部屋から出ないことということで、今日はパン屋と八百屋でまとめ買いをしてきた。あとは風向きをチェックしながら生活のリズムを作っていくことかな。

<a href=”http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000163892.html”>大阪市市民の方へ 東日本大震災により生じた廃棄物の広域処理関連情報</a>

<a href=”http://soramame.taiki.go.jp/DataMap.php?BlockID=06″>大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)ホームページ</a>
<a href=”http://weather.yahoo.co.jp/weather/wind/27/”>大阪府の風予測</a>
<a href=”http://www.mbs.jp/weather/”>天気予報 MBSWeather</a>

大阪市のガレキ試験焼却が終わって

11月29日、30日と大阪市は予告通りに岩手県から運んだガレキ焼却を行った。ガレキには放射性物質やアスベストを始めとする様々な有害物質が含まれているため健康被害が懸念された。

焼却の日に向けてぼくは放射能被曝に関する本を10冊ぐらい読んだ。さらにネットでも情報を追うなど大変な時間を使った。被曝から目を背けることができなくて、情報を追う日々だった。仕事に支障がでるほど放射能に夢中になった。被曝をするかもしれないことが心配だったが、市民の健康が犠牲になる可能性がありながら焼却を実行する理由を知りたかった。

そして迎えたその日は部屋に閉じこもって窓を開けず、換気扇も必要最小限の使用に留めた。30日の夕方や夜には外出、1日は雨に降られた。もちろん粉じん用マスクも購入し、外出時に装着したばかりでなく部屋でも数時間装着した。これらの対策を経験したうえで分かったのだが、放射性物質から身を守ることはほとんど不可能だ。1日の午後は焼却以来最初の雨だった。雨には避けるという知識があったにも関わらず、迂闊にも降っているのに気づかずに歩いていた。リュックの折りたたみ傘をさしたが、スーパーに入る際、濡れた傘をどうしようとか考えたらキリがない。

ということで、2月から始まる本焼却に対しての防御は絶望的に難しいと骨身にしみた。難しいからと自暴自棄に陥り、対策を放棄してしまうことが怖い。完璧な対策はできなくてもできることはしようと思う。

ただ対策のモチベーションがぼくの場合、放射能への恐怖とそれを操る為政者への憎悪と怒りこそが支えだった。このことは反省しなければならないと思った。恐怖や憎悪、そして怒りを抱え込んで残りの人生を過ごしたくない。だからといって放射能を無視するなんてことにはできない。そんな選択肢は考えられない。試験焼却が終わって、今後の放射能被曝へのスタンスを考える時だと思う。