冬のバラ園の小さなピンクの花

うつぼ公園バラ園

うつぼ公園バラ園うつぼ公園バラ園うつぼ公園バラ園

うつぼ公園バラ園

冬のうつぼ公園。バラがすっかりとせん定されて殺風景なバラ園で、ピンクの小さい花が咲いていた。他に咲いている花がないので、遠くからも目立っていた。近寄って見たら潅木に小さなピンクの花がぎっしりと咲いていた。花の名前の標識もなかった。何という花だろう?

Sammy Pooh!! のバケットを買っている

20160123-IMG_0856

この数年は、自分のところで焼いている街の小さなパン屋さんがずいぶんと多い。大阪中央区南船場4丁目の Sammy Pooh!! もその一つだけど、近いのでよく買いに行く。この写真のパケットをよく買う。数年前はカンパーニュとかライ麦パンとかいろいろ種類があったけど、最近はバケットのほかは田舎パンをたまに見るだけ。

20160123-IMG_085520160123-IMG_0858

ドイツ料理 ”ガストハウス44” のDJパーティ “E-KANTINE”

E-KANTINE

日曜日、晩御飯を早めにすませて同じ西区の ”ガストハウス44” へぶらりとでかけた。本町のオフィス街から少しはずれて狭い道の暗い場所だった。初めての店だけど前まできたら音がもれていて、すぐに会場のレストランだと分かった。重いドアから中へ入ると、パーティが真っ盛り。すぐに温もりが伝わってくる居酒屋風なお店だった。外国には行ったことがないのでドイツの居酒屋を知らないが、たぶんこんな風だろう。

このパーティは数年前から知っていた。近いし、行きたいとおもいつつタイミングが合わなかった。お店もパーティも温もりがいっぱいで楽しかった。爆音じゃないけど話もできるぐらいの音量で、気持ち良い質のいい音が鳴ってた。酒のグラス片手に軽くステップを踏み続けた。始めは知らない客が多かったけど時間がまわって気づくと、周りはいつものテクノパーティで出会う連中ばかりだった。

2016/01/31 E-KANTINE

《関連サイト》

  • イベント紹介サイト
    E-KANTINE
  • イベント紹介のFacebookページ
    E-KANTINE
  • ドイツレストラン ”ガストハウス44” のオフィシャルサイト
    Gasthaus 44

グラムロックシーンの映画『ベルベット・ゴールドマイン』

70年代のグラムロックシーンを描いた映画『ベルベット・ゴールドマイン』がとても面白かった。amazonプライムビデオで鑑賞。70年、ぼくはフリージャズに没頭していた。パンクロックを聞くのは70年代の後半になってからだから、グラムロックの頃のロックシーンは全く知らない。ジャズを聞いていると、ロックは商業主義に堕落していると思い込み全く聞かなかった。ロックもジャズも聞いていればよかったのに、と今なら思うけど・・・。

美しい男たちが美しく化粧して、美しい衣装に身をつつんで、ときに愛し合う、というビジュアル的にも引き込まれる映画だが、それだけじゃない。グラムロックに身を焦がす悲しみに共感!

《『ベルベット・ゴールドマイン』鑑賞で役立つサイト》

  • 浮気なシネ漫歩 第74回:「ベルベット・ゴールドマイン」
    この映画は構成が複雑なので、グラムシーンを全く知らないぼくにはストーリーを追うのが難しかった。見た後で『浮気なシネ漫歩』サイトのこのページを読んで映画の内容がより理解できた。これを読んだ上てもう一度みたらもっと映画がもっとおもしろいと思う。

ベジタブルファーストを実践中!

yasai.001

雑誌『クロワッサン』のダイエット特集で「ベジタブルファースト」というのを知って実践している。食事のまず最初にボウル1杯のサラダを食べるという食事方法なんだ。前から、まずバナナを食べるのがいいというのを聞いていたけど、同じ考えだと思う。要は野菜に含まれる植物繊維をまず摂ることで、以後の食べ物からの余分な栄養吸収を防ぐのが目的らしい。あ、ぼくは十分に体重が落ちているのでダイエット目的じゃない。糖尿病が心配で糖質制限をやってる。

せっかくのベジタブルサラダなんだから、これも楽しもうとできるだけいろんな種類を混ぜている。上の写真は最近のある日のサラダの材料で、左からルッコラ、ケール、サニーレタス、ピーマン、ラディッシュ、紫キャベツ、フェンネル。特にサラダにするために買ったのは、ケールとサニーレタス、それと紫キャベツかな。他のものはピクルスやマリネに使った残りだったりする。この日は冷蔵庫に在庫がなかったけどスイスチャードも好き。ビーツの葉っぱを入れることもある。淀屋橋の野菜市に行けばまだ食べたことのない色々な葉物野菜が売ってる。これからも楽しみ。

サラダといえば昔はキャベツだったけど、最近はキャベツでドイツ調理の “ザワークラウト” を欠かさずに作って、たくさん食べているのでキャベツを野菜サラダに入れることはない。なお、写真には遊びで英語名を入れた。名前が日本語と英語で随分と違うことが分かってちょっとびっくり。ピーマンが Green pepper だって知らなかった。

この冬最低気温の西区四ツ橋

大阪西区四ツ橋

この冬最低気温の24日早朝、6:40。例によってクラブで朝まで踊って朝帰り。猛烈に寒い長堀通りを歩いて帰った。天気予報で降雪予想が出ていたので帰りは雪が積もっているかもしれないと、自転車じゃなくて歩いて家を出た。上の写真は四ツ橋の交差点で長堀通りを東に向いて撮った。下の2枚は、北方向(左写真)と南方向。

大阪西区四ツ橋大阪西区四ツ橋

上の写真は建て替えのために閉館した大丸心斎橋店本館の午前5時。御堂筋をはさんで行ったり来たりした。

閉館の大丸心斎橋店本館

ブランジェリー タカギのバケットとバタール

20160120-IMG_0825 20160120-IMG_0810

大阪西区江戸堀のブランジェリー タカギのバケットとバタール。どちらも260円(外税)。有名なパン屋さんらしいけど、知ったのは去年。このバケットとバタールもいいけど、ほんとうにうまいのはカンパーニュ、知っているパン屋さんのカンパーニュでは一番大きいと思う。

店舗は長い歴史を感じさせる古さがいい感じ。菓子パンも豊富。

糖質制限をやってる

20160120-IMG_0827

  • 2005年6月 1日2食をはじめる
  • 2010年8月 菜食をはじめる(2015年9月まで)
  • 2015年10月 糖質制限に切り替える

という具合に我が家は5年周期で食生活が変わっている。周期は意図したものでなく、上記のように書き出したら5年周期になっているのでその偶然に驚いた。切り替えと言っても、それまでのスタイルを継承している。菜食の時も、今の糖質制限でも1日2食は続いている。糖質制限になって肉や魚を食べるようになったけど、菜食で覚えた野菜料理のレシピはいかされている。

去年あたりからご飯やパン、パスタを減らしたほうがいいだろうと思い始めた。でも、菜食をやっててそれらを減らすのは難しい。肉や魚を食べて炭水化物を減らそうとなった。でも、肉をどのぐらい食べていいか分からないまま、徐々に炭水化物を減らしていった。

雑誌『クロワッサン』ダイエット特集で肉は100gまでとあって、それなら経済的にも糖質制限が可能だと思い、積極的に実行することにした。さらに、夏井睦著『炭水化物が人類を滅ぼす』を読んで、本気でご飯、パン、パスタを減らし、お菓子や料理に使う砂糖をやめる決意を固めた。

クロワッサン 2016年 1月25日号 No.917 [雑誌] 炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)

この冬一番寒い日のうつぼ公園

うつぼ公園

うつぼ公園 うつぼ公園 うつぼ公園 うつぼ公園 20160120-IMG_0801 うつぼ公園

今日はこの冬一番の寒さ。このところ寒い日が続けている。起き出して部屋の寒暖計を見るが、15度ぐらいだ。今日は12.5度だった。2時過ぎに野菜の買い物で淀屋橋まで歩いた。途中、うつぼ公園を通った。ちょっと前まで雲ひとつない快晴だったけど、たまたま大きな雲が上空を流れている。カラスが騒がしかった。

アン・リー監督『ブロークバック・マウンテン』(Brokeback Mountain)

ぼくはジョン・ウェインの出ている昔の西部劇が好きなんで、カウボーイの出てくる今の映画ってどんなかなーと軽い気持ちで見たんだ。そんな軽さを吹き飛ばすとんでもなく重い映画だった。1963年から20年間のアメリカ西部を舞台にマイノリティに厳しい現実を描いている。見た後に公開当時はとても評判になった映画らしいと分かったが、そんなことは何も知らないで見ていたからびっくりだった。大好きな映画、ウォン・カーウァイ監督の『ブエノスアイレス』と同じで、ムチャクチャにやるせない気持ちになった。今後何度から見るだろう。

あいつは俺の友達だった
あいつは道端で死んだ
いつも旅を続けていた
求めるものが得られずに
あいつは俺の友達だった
いつだって俺は金がなくて
いつも心が満たされなかった
でも あいつは俺の友達だった

と、映画の後のクレジットのバックに歌が流れた。身につまされる歌詞だったので一部を書き取った。主人公の青年は技術職カウボーイをやりがなら、生活に追われて仕事に人生のほとんどの時間を取られていた。そこんところがぼく自身とオーバーラップして身につまされた。
主演のヒース・レジャーとジェイク・ジレンホールが良かった。