2016/10/07 “CHAAAS!!” at Club Stomp

chaaas!!-01“CHAAAS!!” 2016.10.7.FRI at Club Stomp で遊んだ。仕事のこと考えたら遊んでる暇なんてないので早めに帰るつもりが、おもしろくて、やっぱりいい時間までいてしまった。stompってほとんど行くタイミングがなくて、珍しく1ヶ月ほど前に行ったとき、帰りしなにスタッフからこのパーティを勧められた。
DJs / MASANORI IKEDA、AKIHIRO、TETSUO、AATY。その時、このメンツを見て行きたいと思った。決して大きなパーティじゃないけど、そこに行けば何かがあるかもと感じさせるものが匂っていた。この週末は行きたいパーティがたくさんだけど、とにかく”CHAAAS!!”に決めた。
“CHAAAS!!”は思っている以上によかった。ムチャ盛り上がるとか、そういった派手さはないが、DJとフロアに一貫して、パーティ”CHAAAS!!”のグルーブが流れ続けて、それはとても心地よかった。真夜中を過ぎて入れ替わり立ち代わり集まって来るパーティピープルたちも遊び慣れた大阪のコアな連中ばかりで、それらクラバーとクラブと音楽が醸し出す空気感はなかなか味わうことのできないものだった。
こうしたとてもいい雰囲気の中で、ぼく自身が気持ち良く遊べてうれしかったわけだけど、これには10年近い遊び歴が必要だったかも、と思った。ぼくはやっぱり、こういう場所では年齢が浮いてるので、フロアでは浮きたくない。どういうことかと言うと、ぼくの歳で心地よく遊ぶには、フロアではあまり目立ってもよくないし、逆に存在感が希薄なのもよくない。この塩梅ってなかなか難しい。10年近い遊び歴があってできるのかもと思った。

2016/05/14 CHIMPO & JONNY DUB at circus

13177052_10209274908210858_1370016451511762137_n

2016/05/14 真夜中、”CHIMPO & JONNY DUB at circus” で遊んだ。夜のクラブ遊びは10年近くになるけど、この夜のパーティはちょっとしたカルチャーショックだった。

CHIMPOを紹介するサイトで、彼の音源はドラムンベース、グライム、ダブステップ、トラップ、ガラージ、ダンスホールにヒップホップとあった。これらの音楽にぼくは正直ほとんど無知だが、マシンガンのように繰り出されるその音源がぼくの魂を撃ち抜いていた。

5月になってからのまだ短いあいだに、DJ FUNK (Chicago)、DANNY KRIVIT (NYC)、Joris Voorn (Netherlands) そして今回の CHIMPO と JONNY DUB (Manchester)と無節操に聞きまくった(笑)。もう一人名村で聞いたMaya Jane Coles (London)も忘れられない。それぞれすべてのフロアが沸騰していたが、それぞれのオーディエンスが全く違った。で、同じCircusなのにフロアーは全く違って別のハコのようだった。

シカゴ・ゲットーハウスのDJ FUNKはつていけずに早々に逃げ出した。そのDJ FUNKとマンチェスター組は似てるといえば似てるのに逃げずにいたのは、DJ FUNKで免疫ができていたのかもしれない。だから、ぼくがマンチェスター組にカルチャーショックを受けたと言うのは、単に音楽性だけじゃない。フロアのダンサーたちを含めての違いだった。

まず、フロアは外国人オーディエンスがほとんどだった。90%ぐらいだったかもしれない。こんなのは初めてだった。そしてかれらの激しい踊りにぼくはビビった。ブロンクスのブレークダンスにせよシカゴのジュークの踊りにせよ、そこには規則性が読み取れる。しかし、CHIMPO と JONNY DUBで踊るダンサーたちは全く勝手気ままに激しく踊っている。個性的なんて上品な言葉は似合わない。そう、とてもアナーキーなんだ。無政府主義的だ。ぼくがショックを受けたのはここんところなんだ。彼ら、彼女たちのダンスを見ていると、音楽を聞くということの再発見があったわけさ。

もう一つぼくが涙が出そうなほど感動したのは、およそ、25年前に出会ったサイバーパンクの近未来小説『ニューロマンサー』(ウィリアム・グブスン)のバーのシーンが目の前で彷彿とさせてくれたことなんだ。それを読んだときはぼく自身ディスコを体験していたが、クラブは知らなかった。だから小説のシーンの情景をリアルに想像することはできなかった。それが、この夜のフロアで目の前で展開しているのがまさに小説のシーンだと妄想できて涙が出そうだった(笑)。リアルが近未来SF小説に近づいている・・・、いや、すでに今は近未来なのだろう。

マンチェスターのCHIMPO と JONNY DUBのことをぼくがカミさんにギャーギャーとわめくから、翻訳ミステリーファンの彼女はぼくにこれを読め!と3冊の文庫本を差し出した。ニコラス・ブリンコのマンチェスターを舞台にした暗黒小説で、登場人物の紹介を見ると、マンチェスターの不良少年が主人公らしくて、クラブ経営者やDJ、VJが主要人物らしい。これは絶対にヤバい小説に違いない。これを読めば、CHIMPOがマンチェスターのクラブでファンに煽っている様子がより分かるかもしれない。大阪のCHIMPOはMCで、何を言ってるのか全くわからないが「オオサカ」、「マンチェスター」そして「ヤバい」を連呼していた。

2016/05/14 ”NOSTRESS”

13233094_10209273927426339_3611024346248926310_n

2016/05/14、パーティ”NOSTRESS”(http://designde.jp/2016/04/nostress-2/)で遊んだ。中之島の堂島川沿いの会場で行う午後から日暮れどきまでのパーティ。天気が良くて、堂島川を足元に見る2階の会場のガラスの壁面から溢れるような陽がそそいでいる。太陽が駆け足で西のビル街に隠れて夜になる風景を眺めながら踊った。写真の正面2階建の2階が会場。

会場はアパートからあみだ池筋を自転車で北上して短時間で行くことができる肥後橋の大阪屈指のビジネス街の近くだが、ぼくには全く縁のない界隈。夜のパーティでよく出会う青年から「こんなリッチなパーティにも来るんですね(笑)」と言われてしまった。そう、ぼくは真夜中の地下にあるフロアーになじんでいるけど、こんな明るくいリッチなパーティだって嫌いじゃない。まるで、ニューヨークが舞台のウディ・アレンの映画のシーンを彷彿とさせるようだった。昔、アレンの映画を見ながら、別世界のシーンと思っていたことが実現している。長生きはするものだ。

会場はおしゃれな人が大勢でファッションを眺めているだけでも楽しかった。ほとんどが見知らぬ人たちだけど、少なからずの夜の常連たちと踊った。何年も会ってなかったパーティピープルと話をしたりと、絶対に記憶に残しておきたいパーティだったよ。

パトリシア・ハイスミス著『キャロル』

13087212_10209191235279087_4645125318629810129_o

ムチャ天気いい午後、パトリシア・ハイスミスの小説『キャロル』を読み出したら、予想以上におもろくてワインを飲みながらの読書で、非常に自堕落な気分を楽しんだ。と言ってもそんな贅沢な時間を長時間とれる訳でもなく、小説はほんのさわりだけ。30代の上流家庭の美しい人妻と、19才の若い娘の恋愛小説。二人の出会いから惹かれ合うプロセスにドキドキしながら読んでいる。

本書が原作のトッド・ヘインズ監督の映画『キャロル』は一部の若い女性たちの熱い支持を得ているそうだ。その情報のせいで、読み始めたのだがなるほどと思う。この監督の映画『ベルベット・ゴールドマイン』は数ヶ月前に監督のことは何も知らずに、ただデヴィット・ボウイがモデルというだけで見たんだ。男同士の濃厚なベットシーンがあったりと非常に魅力的な映画で、今後何度も見ることになりそう。

3日前に『キャロル』を撮った監督ということで『エデンより彼方に』を見た。50年代のアメリカ地方都市の上流家庭を舞台にした悲恋もので、かなり辛い映画だった。白人の黒人に対する差別がエキセントリックにならずに描かれていているところに、かえって差別のすごさが表現されている。内容が濃厚すぎて2度3度と見る気持ちになれない映画だ。

2日前には勢いで、ボブ・ディランをモデルにした『アイム・ノット・ゼア』も見た。ディラン役は何人もの俳優が演じるという非常に複雑な構成で1度見ただけではよく分からない映画だった。女優ケイト・ブランシェットのボブ・ディランがとても魅力的。こちらは何度か見るつもり。

というわけでぼくの中で、トッド・ヘインズ監督は一気に注目監督に急上昇中というわけ。映画は上映中らしいが、頻尿 (;_;) のせいでもう20年間近く映画館に行っていないのでDVD待ちだよ。ちなみに映画館で最後に見たのは宮崎駿監督の『もののけ姫』なんだ。

2016/05/01 circus presents ONE NATION at 名村

13131336_10209169763822314_686342009056242503_o

2016/05/01の “circus presents ONE NATION at 名村” に行った。その後のアフターパーティ “Somethinn at circus” にも行った。

ONE NATION では外国人ゲストの Karizma、DJ Funk、Maya Jane Coles を聞いた。3人とも全く知らないアーティスト、予備知識もないまま、とても刺激的。プレイ中、ぼくはほとんど踊っていたけど、疲れをひきづって動きが鈍い (;_;)

週末の金曜、土曜は行きたいパーティがあったのに、仕事が朝まで片付かなくて悶々としていた。やっかいな仕事が終わったので、1日は開放感もあって、数年ぶりに名村造船所跡の大箱 Studio Partita に行ったわけ。広いフロア、高い天井、そして大勢の女子パーティピープルたち。大箱はいいな〜 (^^;

この数ヶ月、ぼくはあえて海外や東京からやってくる有名ゲストが入るパーティを避けて、小箱のフレンドリーなパーティばかりを選んで行っていた。そういうとこは男子率が異様に高くて、それはそれでいい雰囲気の時もあるけど、女子たちは何処に行ってるのだろうと気になっていた。Studio Partita では大勢の女子が踊っているのを見て楽しかった。

3人のゲストたちはみんな音が濃い上に刺激的な変化がおもしろくて踊らずにいられない。DJ FUNK はアフターパーティのメインゲストでもあるので再び聞けるのを楽しみにして Somethinn にかけつけた。しかし、 DJ FUNK の15分くらいでフロアから逃げ出した。この日で15回目の Somethinn だけど、初期の頃は何度か通っていたので主宰する D.J.Fulltono がどんなシカゴの音を紹介するか知らないわけじゃない。

けど、DJ FUNK は想定を超えていた。ブース前では大勢の若いクラウドたちが熱狂している。歳のことは考えないぼくだけど、もうここには入っていけなと感じた。ノイズだろうと、ハードコアバンドだろうと、どんなに刺激的な音でも、ぼくは未知の音には貪欲に付き合ってきた。しかし、このシカゴのゲットーハウスには、追ていけなかった。

写真のフライヤーの横にあるのは『ランボーの手紙』、普段遠出をしないぼくにとって名村までの地下鉄はめったにない長距離移動(笑)。文庫本をジーパンの尻ポケットに突っ込んで出かけたさ。17才のランボーの手紙、これはこれで刺激的!

四方田犬彦著『ハイスクール1968』

13123114_10209168850319477_5809812582921975771_o

四方田犬彦著『歳月の鉛』(工作舎、2009年刊)がamazonから届いた。写真右隣の『ハイスクール1968』(新潮社、2004年刊)の続編。ハイスクールはおもろくて、おもろくて今2回目を熟読中! それで『歳月の鉛』も買ったんだ。どちらもamazonの中古本でけっこう安い。鉛の方はほんと久しぶりに買う工作舎の本。相変わらず気取った装丁、そのうえ本文のレイアウトもずいぶんとデザインしている。そのデザインが濃すぎてちょっと読みにくそう (^^;

しかし、四方田犬彦氏って今まで知らなかったけど、ムチャおもろい! ハイスクールは著者の高校時代を回想するエッセイ。1968年、氏の高校1年生の16才から70年までの3年間の回想。新宿のデモ、東大安田講堂、三島由紀夫などの時間を共有していたぼくは6才上なだけ。ここに登場する小説、映画、音楽などのほとんどをぼくもまたリアルタイムで読んで、見て、聞いている。

ジャズに関して言うなら、当時のフリージャズシーンのなかでアルバート・アイラーを聞くジャズファンはまれだっと書いている。これはぼくも大阪で実体験していたことだ。もちろんぼくはアイラーを聞いていた。四方田氏はアイラーに関して意気投合したのは、中上健次だけだっと書いてある。これでぼくは四方田犬彦は信用できると思った。

音楽を教養として聞くレベルではアイラーを聞けないと思う。特に若い頃は、音楽も映画も小説も人生を賭けるぐらいの意気込みで接しないと付き合えないよな。その点で四方田氏はすごい。ぼくは付き合い方が中途半端だっと氏の本を読みながら、つくづくと思わずにいられない (–;) いや、まだ遅くないと楽観的に言ってみる( ´ ω ` )

《追記》

ハイスクールを読んでいて上記の文章の間違いを見つけた。中上健次と意気投合したのは、ファラオ・サンダースと組んだ後期のコルトレーンのことだった。これだって、ま、アイラーと同じことが言えると思う。アイラーに関してはもっとすごいことが書いてあった。アイラーに出会った衝撃はセリーヌの『夜の果の旅』を読んだのに匹敵すると。
ぼくは『夜の果の旅』を70年代初期に読んだが挫折。阿部薫が読んでいると本人から聞いたからだった。その後、数年ごとに思い出したように読むがいつも挫折。ついに40年以上経った去年、やっと読了した。アイラー同様に人生を賭けるぐらいの意気込みでなければ読めない小説だった。中上健次の小説だって代表作を何度も挫折していまだに読了していない (;_;)

三ッ寺筋沿いの三軒のバーが会場のパーティ “大安COSMO”

12805676_870972056357631_2765496743272159420_n

12976840_10208988545891979_173389775432058918_o

昨夜はディープな三ッ寺筋沿いの三軒のバーが会場のパーティ “大安COSMO”(https://www.facebook.com/events/201756646849777/)で遊んだ。どちらかというとストイックに踊り続けるクラブパーティに行くことが多いけど、 “大安COSMO” のようなお祭り的なのも大好きだ。こうした大きなパーティには大勢が集まり、それだけたくさんの笑顔に出会える。そこがいいんだよな。知らない人とも目が会えば自然と笑顔になれる場所がディープな三ッ寺筋沿いに出現していた。

ぼくはクラブパーティで遊ぶようになって8年くらいだけど、通い続けるのは笑顔に出会えるというのが大きな理由かもしれない。60年代、70年代はフリージャズやパンクロックの現場で遊んでた。そこは親の仇を探しに来たかのような、目が三角になった客ばかりだった。ぼくもその一人だったが、今から思うと音楽を聞くのに、なぜあんなに殺気立っていたんだろう。疑問だ。だから、始めてクラブパーティの現場に足を踏み入れたとき、そのフレンドリーな雰囲気にひどく戸惑ったものだ。でも、知らない人にも向けられる笑顔に出会ってすぐに慣れたさ。

昨夜は三つのバーを行き来しながら三ッ寺筋を何度も行ったり来たりした。そこは特別な “路上” だったよな。

UC EAST 個展「Mube」

12828291_10208668314566396_7323185241914991637_o

昨夜は、unionとcaliflowerで遊んでいた。今日は、UC EAST 個展「Mube」へ行ってきた。会場の20年前に操業を終えた工場は西成区松田町にある。その場所へ強い磁力で引き寄せられるように向かった。50年前近く、ぼくはその松田町の安アパートに住んでいたことがある。用がなければ行く場所じゃない。事実、50年近く松田町に用があることはなく、行くことはなかった。今日は個展という用があって行った。思っていた以上にぼくの感情はたかぶった。途中、会場を抜け出して、思い出をたどるように雨の松田町を歩いた。写真は西成区と阿倍野区の境にある急峻な階段の上から撮った風景。上の段差の阿倍野区から下の西成区を見下ろす独特の風景が大阪市内にあることを知る人は地元民以外はほとんどいないだろう。

この急峻な階段の記憶はあったが、住んでいたアパートは見つからなかった。個展でのライブペイントは体の冷えが激しくて途中で出て、隣町の飛田を歩いて抜けて御堂筋線の動物園前駅から帰った。雨の飛田はピンク色の明かりがまぶしい異様に華やだ街だった。飛田を出るといきなり極貧地帯に入る。ジャズ喫茶マントヒヒがあったのは飛田を抜けて右へ行くとすぐのところだった。反対の左へ行くと、やはり住んだことのある山王町の安アパートがあった。

歩きながら、ぼくはヒッチハイクの路上に立ち続けているようだ、と感じた。いつまで立ち続けるんだろう。長い長いロードムービーの途中みたいだ。ロードムービーを見ていると、押しつぶされるような悲しみに襲われることがある。ぼくは、自作自演のロードムービーをやっているのかもしれない。若いアーティストの活動を追いかけて、ぼくのロードムービーは続いている。

リーバイスのカタログ “WE ARE 501”

20160227-IMG_1562

リーバイスのカタログ “WE ARE 501” が届いた。写真のモデルさんたちの存在感がすごくておもわず見入った。サイトにも同じ写真が載っているが、印刷されたカタログの方が迫力ある。

《リーバイスの “WE ARE 501” ページ》