メール app の不具合が解決

アップルの “メール app” を使っているけど、メールが届いたり届かなかったり。また送信もできなかったりと困ったが解決した。iPhone と Mac の両方で起きた不具合だった。OSはどちらも最新バージョン。アップデートしてからの現象だったので、そのせいかとも疑ったが関係なさそう。

サーバーのマニュアルのメールソフトの設定の通りに修正後、正常に稼働してくれてホッとした。どうやら、最初の設定のときのいい加減さがずっと引き継がれていて不具合が出たのかもしれない。サーバーのマニュアルには、iOS デバイスと Mac それぞれの OS ごとのマニュアルがあって分かりやすかった。なぜ、今までそれを参照にして設定しなかったのか疑問が残るが、とにかく解決してよかった。今後は、不具合があればとにかくサーバーのマニュアルを参照することだ。

それと、アップルのメールサポートもあるのでよく読んでおく必要がありそう。
https://support.apple.com/ja-jp/mail

iPhone と Mac  のそれぞれの設定は以下の画面からのスタートとなる。

iPhoneの場合は[設定 > パスワードとアカウント]から必要なメールアドレスの設定となる。

Macだとメールappを立ち上げて[メール > 環境設定… > アカウント]から必要なメールアドレスの設定となる。

安冨 歩著『生きる技法』

女性装する安冨歩さんにぼくは強く関心を持ち、同時にリスペクトしている。ぼくが彼と同じ50代なら女性装に挑戦してたかもしれないが、今の歳ではその元気がない。せいぜい、髪を伸ばすだけだ(笑)。安冨歩著『生きる技法』を買った。

ペラペラとめくっただけだが、すごい内容だと思う。「自立とは他者への依存からの脱却である」と思われているが、「依存する相手が増えるとき、人はより自立する」と本書に書いてある。頭を柔らかくして読まなければ理解できないようだ。

本書の「第1章 自立について」で痛烈に母親を批判している。まず、ここに激しく共感した。ぼくは母が他界してから母への批判を口にするようになった。母は息子を愛していると盲目的に信じていたので、母への批判をしてはいけないと感じていた。母が死んでから母のことをよく考えるようになり、ぼくは母に愛されていなかったと分かった。

「愛情のフリをして、自分に都合の良い像の押し付けをする、という陰湿なハラスメントでした」と安冨さんは母親のことを書いている。ぼくの母はそれほど強い女性ではなかったのでハラスメントを感じることはなかったけど、自分に都合の良い像の押し付けをする、という点では同じだった。何かにつけ「世間体」を重視する母の姿勢にぼくは苦しみ続けていた。

小学生の途中から中学1年までぼくは意に反して級長に選ばれていた。それはすごいプレッシャーだったんだけど、母はぼくの苦痛を知ることがないまま、母の愛は絶頂に達していた。その延長にある母の描くぼくの未来は、大学に進み、大きな会社に入り、結婚をして子供のいる家庭を作ることだった。それが母の信じる世間体を満足させる像であり、それをぼくに押し付けたわけだが、決して愛情からではないことをぼくはうすうす気づいていた。

というような漠然と感じていたことを、ぼくに文章化を迫るパワーを本書は秘めているんだと思う。

《amazonのページ》

生きる技法

生きる技法

posted with amazlet at 18.11.15
安冨 歩
青灯社
売り上げランキング: 17,161

Mac Fan 2018/12

■特集

  • 特集1:macOS Mojave 完全ガイド
    Mojaveは2018年9月25日リリース。ぼくは28日にバージョンアップ。この特集を熟読したいけどまだ読めない。Mojaveの解説などは読んでないけど何となく使えている。
  • 特集1連動特別企画:macOS Mojave システム環境設定攻略ガイド
    このページはざっと眺めて、後々は辞書として使用。
  • 特集2:iPhone XR 実力診断
    XRは、iPhone XS / XS Max に比べて低価格なので、ぼくが現在使用中の iPhone 7 の2年しばりの終わる来年は iPhone XR に買い換えると思う。その時に熟読するはず。
  • 特集3:教育版MinecraftとiPadで学ぼう!
    全く知らなかったゲームソフト Minecraft(マインクラフト、通称”マイクラ”)。これはちょっと注目したい。買うかも・・・。

Mac Fan BASIC

  • 「MojaveでWindows」の基本・実践・応用
    macOSモハベでウィンドウズを動かすノウハウ

付録

  • 大画面をフル活用! iPhone XS / XR で効くアプリ
    主に iPhone XS / XR で便利に使えるアプリを紹介する小冊子。

《amazon のページ》

Mac Fan 2018年12月号 [雑誌]

Mac Fan 2018年12月号 [雑誌]

posted with amazlet at 18.11.08
マイナビ出版 (2018-10-29)

ベイスボールキャップを買う

先月末、ベイスボウルキャップをまたまた衝動買い。難波の量販店ビッグカメラで電話機の受話器コードを買って急いで帰る途中、夕暮れ迫る南堀江をチャリで走ってたらキャップ屋の前を通った。路に面した小さなキャップ屋さん。数年前に初めて帽子を買ったのがこのお店「無」だった。キャップを買うのはそれから5個目だが、この南堀江の「無」で買うのは2度目。いつもここを通るのは偶然たまたま。場所を覚えていない。そろそろ場所を覚えておこうとネットで検索したら「shop無南堀江店」と分かった。

購入のベイスボウルキャップは配色も生地も秋冬モード。3,880円。

電話機の受話器コード購入

電話機の受話器用コード(321円)をビッグカメラで購入。2年8ヶ月使っている電話機(Pioneer TF-V53)

使っている電話機(Pioneer TF-V53)の音声がおかしいなった。留守録にははっきり入っているのに、相手の音声が聞き取れないし、こっちのも聞こえないらしい。雑音もひどい。前も同じ経験をしているので、これは受話器コードの劣化だとすぐに気づかなければならないのに、すぐには分からなかった。

また、新しいのを買うつもりで家電量販店に行ったら、Pioneerの同じ機種の在庫がなかった。他のメーカーでもいいのだが、子機の付かない電話機はほとんどなくて買うならPioneerの同じものとなる。仕方ないので帰ってamazonに注文するかと売り場をブラブラしてたら、受話器用コードがあったので購入。出費が少なく済んでラッキー。

《パイオニアの現在販売中の同型機 / amazonのページ》

阿木譲氏の死を知った夜

今日、阿木譲氏が亡くなっとツイートが駆け巡っている。急いで検索したら、写真のツイートが見つかった。どうやらこれが彼の絶筆かもしれない。いかにも阿木さんらしい気取った文章で、ぼくが彼と会った1970年代後半から何一つ変っていないと思い、ホッとした。当時、彼が発行する雑誌”ロックマガジン”や松岡正剛氏の季刊誌”遊”に連載する阿木さんの文章に心底熱狂していた頃を思い出させるに十分なセンテンスだ。あれから40年か・・・、「待っていてもなにもやってこないよ、・・・」、と語りかける彼の言葉で、ぼくは今夜フラフラとアメリカ村を飲み歩いた。5件のバーを飲み歩いて帰ってきても癒されず、こうして書いている。
アメリカ村の生みの親と言われる日限萬里子氏を紹介してくれたのも阿木さんだった。彼に日限さんのクラブ”パームス”に連れていかれた。そこで出会ったショートヘアで男装の麗人日限さんももういない。そのアメリカ村でぼくは今夜も遊んでいる。萬里子さん、アメリカ村も随分と変わったよ、と語りかけたい。ぼくにとってパンクロックは阿木さんなしで考えられないが、アメリカ村そのものも阿木さんなしで考えられない。だから今夜、ぼくはアメ村を飲み歩いた。それが供養のように飲み歩いた。

この5月には一人の親しいフロアフレンドの死にも遭遇した。彼女の死はぼくにとって、アメリカ村の街角で出会った”死”だった。さらに阿木さんの死は、アメリカ村の街角を曲がると、やっぱり”死”に出会う、という感じだ。

Adobe MAX 2018 レポートセミナー大阪

2018年10月24日は大阪の .Too で行われた “Adobe MAX 2018レポートセミナー” に行ってきた。この手のセミナーに参加するのはほんとうに久しぶり。たくさんの刺激を受けるので、やっぱり出歩かなきゃダメだ、と痛感した。セミナーの内容は、
1. Photoshop CC
2. Illustrator CC
3. Adobe Fonts
4. InDesign CC
5. Dimension CC
6. Adobe XD CC
7. Premiere Rush
8. Adobe Stock
9. Creative Cloud New Generation
のアップデートに伴う新機能紹介だった。強調していたのは Adobe の AI である “Adobe Sensei” に沿った機能アップだった。ぼくが一番使っている Dreamweaver CC は Sensei に対応していならしくて紹介はなかった。紹介しているソフトや機能でもぼくはほとんど使っていない。だから野次馬状態でセミナーを聞いてたわけ。でも、刺激的で行ってよかった。
9. Creative Cloud New Generation は、開発中のテクノロジーがいくつか紹介されていた。もっとも関心が高いのは「Adobe Photoshop CC iPad 版」が2019年リリースだった。
《amazon の Adobe Creative Cloud のページ》
Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ (2013-10-01)
売り上げランキング: 14

イワシの蒸し炒め

イワシの蒸し炒め。ウロコを取り塩を振っただけのイワシを頭も落とさずに厚手のステンレスフライパンに並べて、日本酒を少し振ってフタをして加熱しただけ。レモン汁をかけ、さらにタバスコハラペーニョソースもかけて食べた。この調理法だと頭や骨は食べられないが内臓は食べることができる。この内臓がサンマのようにたっぷりと入ってないがとてもうまい。その内臓も含めて全体にあっさりしてて、とても美味。

イワシというと醤油での煮付けが普通。他に白ワインで煮付けるグラナダ風というのもよくやってる。さらに最近はトマトソースで煮込んだりとかやってる。しかし、この炒め蒸しが一番うまいかな。

ただ、これは鮮度が良くないとだめ。ところが最近はとても鮮度のいいイワシが売ってる。しかも安い。イワシの鮮度がいいのはウロコが残っている。腹が固いとか。最近は輸送が良くなってるせいか鮮度のいいのがスーパーで売ってる。高級スーパーと言われるビッグビーンズで淡路の由良産が1パック100円とか120円(写真は半分弱)。ライフだと静岡産とか三重産になる。170円ぐらいかな。

ぼくは魚をよく食べるけど、サバ、アジ、サンマ、イワシといった安価な青魚ばかり。高級魚を食べられるほど働いてないので、青魚以外を買うことはほとんどない。だから食べ方を工夫して飽きないようにしている。そうそう、今日のイワシはキリッと冷やした日本酒。白ワインでも良さげ。麦焼酎のレモンを効かせた炭酸割りにも合いそう。

《amazonのページ》

タバスコ ハラペーニョソース150ml
明治屋
売り上げランキング: 9,895

Adobe Creative Cloud アップデート

以下の Adobe Creative Cloud をアップデート

バージョン番号はアップデート後のバージョン

Mac Fan 2018/11

Mac Fan 2018/11

■特集

  • 特集1:NEW iPhone XS/XS Max/XR パーフェクト購入ガイド
    今は iPhone 7 を使用中で、来年春までの2年縛りまで使うつもり。その時に買い換えるとしたら新しいiPhoneになると思う。その時にはこの特集を熟読するはずだが今はまだ読んでいない。
  • 特集2:iOS 12 新機能ガイド
    2018年9月18日よりアップデート開始された iOS 12 だが、すぐにアップデートした。いろんなところが変わってるのに気づいているがけど、詳しくはまだ分かっていない。この記事は新機能のガイド。基本的な機能については付録の「iPhone 便利活用帳」が分かりやすい。
  • 特集3:macOS Mojave 引越しマニュアル
    macOS Mojave (10.14) のアップグレードが開始されたのは2018年9月25日で、28日にはアップグレードを実施した。この雑誌の発売前だったから、1年前の2017年11月号の「macOS High Sierra 引越しマニュアル」を参照しながらアップデートをした。アップデートの際には一応、バックアップを取るとかディスクユーティリティでメンテナンス、内蔵ストレージの見直しなどの手順を踏んでから実行している。うろ覚えでは見落とすのでこの引越しマニュアルは必読。
  • 特集4:Apple Watch Series 4 完全理解
    今のところ Apple Watch 購入の予定がないので全く読んでいない。でも、腕時計をしていないので、 Apple Watch を腕につけるのもいいかも、と思っている。購入の際は必読。

■Mac Fan BASIC

  • 「Wi-Fi」の基本・実践・応用
    Wi-Fi を常時使用しているのに、これについてはちょっと苦手。この記事を読んでおさらいをしておく必要を感じているけどまだ未読。

■付録

  • iPhone 便利活用帳
    「定番技から応用技まで網羅! 今日から使える必修テク130選」とサブタイトルにあるように、iPhoneの何から何まで網羅した解説書ではない。でも、ぼくのように iPhone を長年使っているけど、あまり得意ではないという人間には復習の意味でもこれを広い読みする意義はあるはず。説明が分かりやすくて、基本を押さえることができる手軽な小冊子。

《amazon のページ》

Mac Fan 2018年11月号 [雑誌]

Mac Fan 2018年11月号 [雑誌]

posted with amazlet at 18.10.16
マイナビ出版 (2018-09-29)