dddギャラリーの「ヘルベチカ展」第2回ギャラリートーク

タイポグラフィの読み方 (新デザインガイド)欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)大阪西区南堀江の dddギャラリーでは「Helvetica forever : Story of a Typeface ヘルベチカ展」が開催中だが、今日18日は「ヘルベチカ展」第2回ギャラリートークがある。非常に興味があるが、翌日納品の仕事がてんてこまいでトークには行けそうにない。

講師のお二人の著書を読んでいるのでお話を聞きたかった。『タイポグラフィの読み方』(美術出版社)の小泉均さんと『欧文書体―その背景と使い方』(美術出版社)の小林章さんだ。両著とも、タイポグラフィを知る上で大きな助けになった。

そもそもタイポグラフィって、意味もよく分からないままに使っていた。お二人の本を読むと非常に奥深い言葉であることが分かる。ぼくはグラフィックデザインの専門教育を受けないままに、写植オペレーターや版下の仕事に長いこと携わった。30年前のことだが、当時は日本語で書かれたタイポグラフィの本は全くといっていいほどなかった。

写植機と書体のメーカーの「写研」が日本語組版の本を出していたのが貴重だった。でも、それはぼくが本当に欲しいときにはまだなかったし、なにより欧文書体についての知識は得られなかった。

スペーシングやカーニングはとにかく実際の印刷物を日常的に大量に見ることで、見る目を養った。日本語は新聞や雑誌の広告で勉強した。欧文は、見ていくうちに日本人の組んだものと、ヨーロッパやアメリカの印刷物では違うことに気づいた。それからは、読めないが輸入雑誌を徹底的に眺めて、欧文組版の目を養った。

文字を眺めているうちに使用される書体は代表的なものに限られることも分かってきて、書体の見分けもつくようになっていった。小林章さんの『欧文書体―その背景と使い方』を読んでいると、当時、こんな本があったらどんなに嬉しかっただろうと思い、ついつい昔のことを思い出した。

Helvetica forever : Story of a Typeface ヘルベチカ展

大阪西区南堀江のdddギャラリーの「ヘルベチカ展」を見てきた。ヘルベチカは最も広く使われている活字書体。今はフォントというが・・・。20世紀半ばにスイスのハース社が Neue Haas Grotesk(ノイエハースグロテスク)という名の活字書体が原型。現在のものはハース社から権利を引きついだライノタイプ社が改良を加えて Neue Helvetica シリーズとして出ている。

そのヘルベチカ書体を使用したデザインのポスターと商品が主な展示。普段見ることのできないヨーロッパの欧文書体見本書籍もあった。ぼくはどちらかというと、ヘルベチカより、Univers(ユニバース)の方が好き。ヘルベチカって、整いすぎていて、個性が希薄だ。だから、これだけたくさん使用されているのだと思う。しかし、日本語と自然に混じり合うのはユニバースの方だよナ。

興味をひかれなかったヘルベチカ展だが、会場の端っこに鉛筆による手書きの原画が数点あった。ガラスケースの中に数点置かれているので、かなり近づいて見ることができる。これはすごい。A4ぐらいの用紙に一文字づつ、e、2、S、M、G などだ。
鉛筆によるラインの美しいことといったらない。思わず、生つばを飲み込む美しさだ。直線が交差する部分ははみ出しているが、曲線は見事なまでに自然につながっている。消し跡も残っている。現場の緊迫感が伝わってくる。

ベテランの職人たちが直線定規と雲形定規で描いたものだという説明があった。これがどんなに美しくても決してアート的な美ではない。人の手になるものだけど、限りなく”自然” なんだ。ある意味、別な意味ですごい美だを感じることができる。

原画は写植機用のものだという。ぼくが1970年代に使ったのがライノタイプ社の写植機だと思う。活字は幅5~6センチの長い帯状になっている。それを左右のハンドルをまわすことで任意のアルファベットを一文字づつ露光する。そんなマシンだった。大掛かりなディスプレイなどをシルクスクリーンで行っている会社のデザイン室に勤務していた時だった。

デザインのデザイン Special Edition / 原研哉 著

デザインのデザイン Special Editionシンプルなデザイン、構成のサイト制作の依頼を受けて、資料を探しているうちに著者の本に出会った。著者の本としては、本書が3冊目になる。本書からは今までになく「日本の美」を意識させられた。

本書に寄稿している前田ジョン氏は、
「日本的な「簡素さ」の文化を徹底して透察したその先、仏教の語る無の懐に、途方もなく深甚で、複雑で、意味深長な何かがある。」
と書いている。ぼくは本書が禅であり、利休の茶であり、芭蕉の俳句であるように思えた。このように言いきるほどに、禅や茶、俳句に造詣があるわけではないのでで少し恥ずかしいが、本書から受けた印象だ。また、全ページを読破しているわけでもはないので著者が語る言葉よりも、装丁や紙、レイアウトなどから受ける印象でもある。

この本を眺めていると、過剰な装飾をそぎ落としただけでは、シンプルなデザインとは言えないことが分かった。日本の美意識をもっと、もっと持たなければならないと思った。これが難しい。

本書は2003年に出版された『デザインのデザイン』を一度解体して大幅は加筆を行ったと、著者が「はじめに」で書いている。本書が出版されるに至る経緯はその「はじめに」に詳しく書かれている。最初は英語版の『DESIGNING DESIGN』のタイトルでスイスの出版社から出て、それが翻訳されたものが本書『デザインのデザイン Special Edition』だ。『デザインのデザイン』の大幅加筆だけに留まらず、全く別な書籍として生まれ変わった印象を受ける。

著者 原研哉
発行 岩波書店、2007年10月

《このブログの関連記事》
原研哉のデザイン (IDEA ARCHIVE) / アイデア編集部編を眺めて
デザインのデザイン / 原研哉著を読む

Design Elements 実例でわかるデザインの法則

Design Elements 実例でわかるデザインの法則ティモシー・サマラ 著(エムディエヌコーポレーション、2008年3月発行)

美しい図版が数多く収録されているので、見ているだけでも飽きない。でも、図版とともにレイアウトされている本文を少しづつ読んでるけど、これがいい。小さな活字でページごとにあるので、かなりのボリュームになると思う。グラフィックデザイナーとしてのポリシーを固めてくれる解説なんだ。時間があれば繰り返し読むべき本なんだろうけど、時間のある時に開いたページをちょっとづつでも読むようにしたい。

アイデア―オルタナティヴデザイン・エックス〈2000〉

アイデア―オルタナティヴデザイン・エックス〈2000〉今日は北堀江のカフェでクライアントとミーティングを行った。新しく作るサイトのために、クライアントのサイトに対する意図を聞き出すのが主な目的だった。禅や茶の湯の文化を根底にもつ日本の現代アートという視点に新鮮な感動を覚えた。水墨画家から茶人、西洋の古典画家から現代作家・・・様々な名前が飛び交った。仕事の話が済んで、ビールを飲みたくて、場所を堀江のさらに奥のカフェに変えた。

今度は様々なミュージシャンの名前が飛び交い、しまいにボアダムスで盛上がった。カフェのスタッフがボアダムスの名前が聞こえたんで、と言ってフライヤーを持ってきた。そのカフェで実施される現代美術のオークションのフライヤーで、ボアダムスの山塚アイの名前が先頭に踊っている。はは、と笑ってしまった。

カフェから帰って、『アイデア―オルタナティヴデザイン・エックス〈2000〉』を引っ張り出して眺めた。いつ見ても楽しい。30名余りの現代美術のアーティストやグラフィックデザイナーの作品を収録したものだ。山塚アイの作品も載っている。その中のひとつにぼくの持っている「HANATARASH」のCDジャケットがある。

30人の中ではもう一人、気になるアーディスがいる。雑誌「Raygun」のアートディレクションを担当していた David Carson だ。この人の著書も持っている。『The End of Print』というとても刺激的なタイトルの作品集だ。奥付を見たら1995年に出版されている。ぼくは1987年に初めてのコンピュータMacPlusを買い、1995年というとMacによるDTPの仕事が軌道に乗った頃だ。同時にぼくはWebの勉強を始めたのがこの年のことだった。まるで「The End of Print」の言葉に背中を押されるようにWebのスタートを切った。Webはまさにオルタナティヴな世界だった。

アイデア―オルタナティヴデザイン・エックス〈2000〉
編者 アイデア編集部
発行 誠文堂新光社、2000年9月

原研哉のデザイン (IDEA ARCHIVE) / アイデア編集部編を眺めて

原研哉のデザイン (IDEA ARCHIVE)先日は原研哉さんの著作『デザインのデザイン』を読み、今日は本書を眺めたが、『デザインのデザイン』で得た感慨はなかった。本書で見られるデザインは、静謐というか中庸というか、何か高みへ突き抜けたような世界で、ぼくの生きる現場とは無縁のような気がした。デザインに驚きとか感動がない。たとえば、アヴァンギャルドとかアンダーグラウンドとかカウンターカルチャーとか・・・に無縁の世界で、ちょっと肩すかしをくらったように眺めていた。

でも、これって実はすごいことなんだと思う。こうした世界観をカタチにするのは簡単でないことは『デザインのデザイン』を読むとよく分かる。究極の大人のグラフィックデザインだと思う。

しかし、ご自身の著作の『デザインのデザイン』と本書の装丁は同じ装丁でも他と違うような気がした。両方ともご自身の手になる装丁だが、並大抵でない緊張感がみなぎって、ほとんどアートの世界に突入しているようにも思える。同じ装丁でも、他の人の諸作はここまでの緊張感はない。似ているようでも、あくまでも仕事の世界だと思う。ぼくはこの2冊の装丁がとても好きだ。

原研哉のデザイン (IDEA ARCHIVE)
編者 アイデア編集部
発行 誠文堂新光社、2007年4月

《このブログの関連記事》
デザインのデザイン Special Edition / 原研哉 著
デザインのデザイン / 原研哉著を読む

デザインのデザイン / 原研哉著を読む

デザインのデザイン著者の本は初めてだが、ずいぶんと勉強になった。19世紀半ば、産業革命のイギリスから機械生産が活気づく。職人の手になるそれまでの洗練された「形」が機械によって浅薄に解釈され、ねじ曲げられ、量産される。それに異議を唱えたのが社会思想家のジョン・ラスキンや芸術運動家のウイリアム・モリスだった。産業のメカニズムの中に潜む鈍感さや不成熟に対する美的な感受性の反発が「デザイン」という思想、あるいは考え方の発端となった・・・と本書は始まる。

ラスキンやモリス以後、めくるめく新芸術運動を通過してバウハウスに至る。バウハウスを契機にモダニズムの枠組みの中で「デザイン」という概念が非常に純粋な形で成就する。以後の日本の、アメリカの、そしてヨーロッパのデザインの発達と考え方を解説し、ポストモダンの本質にも触れて、現代のコンピュータ・テクノロジーとデザインに言及する最初の章(デザインとは何か)は読んでいてクラクラするほどの疾走感でデザイン史を簡潔に説明している。

ぼくはデザインの専門教育を受けたことがないので、本書全体が刺激的だったが、特に上記の最初の章がおもしろかった。普段、ぼくの読むデザイン関係の書籍といえばビジュアルを主体にしたものがほとんどだった。それが本書を読むきっかけは、非常にシンプルなデザインのサイト制作を依頼されたことによる。カンプを見て、あまりのシンプルさにプレッシャーがかかった。

カンプ通りに作るのはシンプルなだけにコード的に苦労がない。しかし、そのままに作っては手抜きとシンプルの区別がつかないじゃないか・・・というプレッシャーに襲われた。シンプルなデザインを求めて歩くうちに本書のシンプルな装丁に出会った。その装丁に惹かれるように本書を読んだわけ。シンプルなレイアウトの背後にある思想性を求めているわけだが、一朝一夕に手にできるものでないことは分かっている。でも、何もしないというわけにもいかない。

本書からはデザインにおける高潔さとか、品位ということが理解できたのではないかと思う。理解できたからと言って、すぐに身につくものではないことも分かる。でも、読んで良かった。具体的な事柄では以下の記述に納得。

これまでのグラフィックデザイナーと言えば、ポスターをつくったりマークをデザインしたりする職能だと考えられてきた。しかしながら、元来、デザイナーはそのような単機能の職能ではない。今日、メディアの多様化や情報の量や速度の増加によって、デザイナーが仕事をする場であるコミュニケーションの環境が大きく変化してきている。それにともなってデザイナーの守備範囲は必然的に拡大し、そういう状況に応じて、コミュニケーションとは何か、情報とは何か、さらにはデザイナーという職能とは何かという基本的な土壌を肥やしておく必要が生じている。そうしないと、デザインが社会の中で担うものの内実が希薄になる。(p202)

ここのところは先日読んだWeb関連の本『変革期のウェブ――5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから』とピタリと重なるところだ。

デザインのデザイン
著者 原 研哉
発行 岩波書店、2003年10月

《このブログの関連記事》
デザインのデザイン Special Edition / 原研哉 著
原研哉のデザイン (IDEA ARCHIVE) / アイデア編集部編を眺めて

ブルーノート アルバム・カヴァー・アート

1263359004

1950年代から1960年代のモダンジャズ、特にハードバップは、ブルーノート、プレスティジ、そしてリバーサイドの各レーベルから大量にリリースされた。その中でも、ブルーノートは特別な存在だった。ぼくは60年代の始め、十代の終わりからモダンジャズを聞き始めた。それまでは、アメリカのポップスをラジオで聞いて、たまに45回転のドーナツ盤を買っていた。それが、モダンジャズとなるとLPレコードの世界で、ドーナツ盤よりはるかに大きなアルバムジャケットは大人の世界だった。

1283358965

そしてブルーノートだが、当時は日本盤が出ていなかったように思う。日本盤より高い輸入盤だったが、ブルーノートのジャケットデザインは他社にない気品とモダンな感覚に満ちていて、特別な存在だった。しかし、当時はジャズ・ミュージシャンの名前を覚えるのが一生懸命でデザイナー、リード・マイルスの名前を知るのはずっと後になってからだった。

ブルーノートのジャケット・デザインは確かにマイルスだが、その根底にはオーナー、アルフレッド・ライオンの美意識が反映しているという。ライオンはドイツ人がだ、渡米以前の1920年代はバウハウスに傾倒するベルリンの美術青年だったという。うん、なるほどと思う。

1283358967

アルフレッド・ライオンの美意識、フランシス・ウルフの写真、そしてリード・マイルスのグラフィック・デザインがブルーノート独特のデザインを作りだしているんだと思う。写真とタイポグラフィーの組合せの感覚はいつまで見ていても飽きない。特にタイポグラフィーにおける、タイプフェイスの選定、レタースペーシングとカーニングは絶妙だ。アルバムタイトルを眺めていると、カッターナイフを手にカーニングの調整を行っているマイルスのタイポグラフィーに対する執着振りが感じられる。

しかし、これらは本書の原寸大のデザインを見ていて感じること。ぼくはLPジャケットを手放して何十年もたつ、今はCDジャケットばかりだが、これではタイポグラフィーのこだわりを知ることはできないと思った。本書には、かなりの数のジャケットが原寸で紹介されている。

ブルーノート アルバム・カヴァー・アート
編者 グラハム・マーシュ他
訳者 行方 均
発行 美術出版社、1991年12月

現在の版は表紙が違っているようだが、内容は同じだろう。

《このブログの関連記事》
ブルーノート アルバム・カヴァー・アート VOL.2

ブルーノート アルバム・カヴァー・アート

12106492141950年代から1960年代のモダンジャズ、特にハードバップは、ブルーノート、プレスティジ、そしてリバーサイドの各レーベルから大量にリリースされた。その中でも、ブルーノートは特別な存在だった。ぼくは60年代の始め、十代の終わりからモダンジャズを聞き始めた。それまでは、アメリカのポップスをラジオで聞いて、たまに45回転のドーナツ盤を買っていた。それが、モダンジャズとなるとLPレコードの世界で、ドーナツ盤よりはるかに大きなアルバムジャケットは大人の世界だった。

1248648900

そしてブルーノートだが、当時は日本盤が出ていなかったように思う。日本盤より高い輸入盤だったが、ブルーノートのジャケットデザインは他社にない気品とモダンな感覚に満ちていて、特別な存在だった。しかし、当時はジャズ・ミュージシャンの名前を覚えるのが一生懸命でデザイナー、リード・マイルスの名前を知るのはずっと後になってからだった。

ブルーノートのジャケット・デザインは確かにマイルスだが、その根底にはオーナー、アルフレッド・ライオンの美意識が反映しているという。ライオンはドイツ人がだ、渡米以前の1920年代はバウハウスに傾倒するベルリンの美術青年だったという。うん、なるほどと思う。

1248648902

アルフレッド・ライオンの美意識、フランシス・ウルフの写真、そしてリード・マイルスのグラフィック・デザインがブルーノート独特のデザインを作りだしているんだと思う。写真とタイポグラフィーの組合せの感覚はいつまで見ていても飽きない。特にタイポグラフィーにおける、タイプフェイスの選定、レタースペーシングとカーニングは絶妙だ。アルバムタイトルを眺めていると、カッターナイフを手にカーニングの調整を行っているマイルスのタイポグラフィーに対する執着振りが感じられる。

しかし、これらは本書の原寸大のデザインを見ていて感じること。ぼくはLPジャケットを手放して何十年もたつ、今はCDジャケットばかりだが、これではタイポグラフィーのこだわりを知ることはできないと思った。本書には、かなりの数のジャケットが原寸で紹介されている。

ブルーノート アルバム・カヴァー・アート
編者 グラハム・マーシュ他
訳者 行方 均
発行 美術出版社、1991年12月

現在の版は表紙が違っているようだが、内容は同じだろう。

《このブログの関連記事》
ブルーノート アルバム・カヴァー・アート VOL.2

×バツBATZ / 大量の「×」の図柄

251点の「バツ」の図柄が1ページに1点づつ収録されている。大きな図柄に簡単な説明文という構成。図柄は、ピクトグラム、紋章、国旗や軍旗、機器の支柱などのX状の部分、そして絵画に表現されているX状の表現など。かけ算の記号からマルセル・デュシャンの「大ガラス」のX状に交差するポールまで、それら大量の図版を眺めているとクラクラしてしまう。

図版のほかに松岡正剛氏をはじめバツについての6編の論考がある。そのなかで高木隆司氏のものに目が止まった。×印から私たちは誤りや否定などネガティブなものを思い浮かべるが、欧米では必ずしもそうではないという。×印は自分の意志の表現というポジティブな意味で使っているという。

20年程前に初めてのコンピュータMacPlusを使い始めたころ、何かの一覧から選択させる場合に、四角をクリックすると四角内に×印が表示されるのにはいつまでたっても抵抗があった。経験的にそこが選択されることを理解したが、なぜそこが×印なのかなじめなかった。意思の表現ということで、今になってやっと納得した。単なる記号として、×印をデザインの中に使いがちだが、本書を読み、眺めていると×印に対する認識が一変する。

×バツBATZ
著者 松岡正剛、小野瀬順一、高木隆司、海野弘、山折哲雄、白川静
発行 牛若丸、2007年12月